天候に恵まれ、最高のコンディションでシュノーケリング

まるで南国のような海中の光景を見せる真鶴半島 三っ石海岸の画像01

まるで南国のような海中の光景を見せる真鶴半島 三ッ石海岸(2015/10/12 大潮 晴れ)

10月の連休、真鶴半島 三ッ石海岸でシュノーケリングを楽しんだ。今回は、天候と10月ならではの透明度が高い海のコンディションに恵まれ、首都圏とは思えない海の世界を見せてくれた。10月中旬の海水温度はそれほど冷たくないのだが、長い時間シュノーケリングをやれば当然体が冷える。私たちは、5mmのウェツトスーツを着ているので海の冷たさをすぐには感じないのだが、それでも30分以上、海の中に居ると体が冷えてくる。10月のシュノーケリングは、5mmのウェツトスーツをおすすめしたい。3mmでも大丈夫なのだが30分以上のシュノーケリングでは体が急に冷えてくる。今回、磯遊びや釣りを楽しんでいる人は多かったのだがシュノーケリングを楽しんでいる人は、私たち以外にはいなかった。子ども用の5mmウェツトスーツは、手に入りにくく数が少ないのでダイビングショップもしくはインターネットショッピングで手に入れたい。おすすめのキッズ用5mmウェツトスーツは、AQA キッズ スキンフルスーツ3 KW-4507だ。少し高いかもしれないが、子どもと10月のシュノーケリングを楽しむにはベストなウェットスーツだ。また、真鶴半島三ッ石海岸は、Shizengateのホームグランド。本ホームページでは、他のページでも、真鶴半島三ッ石海岸での海遊びを紹介している。8月の真鶴半島三っ石海岸でのシュノーケンリングを紹介している「シュノーケリング(7):真鶴半島 三っ石海岸」、真鶴半島三っ石海岸での磯遊びのようすは、「磯遊び(13):真鶴半島 三ッ石海岸」、真鶴半島三っ石海岸全般の紹介は、磯遊び&シュノーケリングガイドの「真鶴半島 三ッ石海岸」と多くのページで紹介しているので参考として欲しい。

10月なので干潮時でも海面が高い画像像0202

10月なので干潮時でも海面が高い

>ウェットの上にラッシュガードを着るの画像203

ウェットの上にラッシュガードを着る

透明度が高い10月の海の画像04

透明度が高い10月の海

波が海をかき混ぜるの画像05

波が海をかき混ぜる

今回、シュノケーリングを楽しんだ場所

今回シュノケーリングを楽しんだ東側の岩礁域(2014/7/13日:大潮)の画像06

今回シュノケーリングを楽しんだ南西側エリア(2014/7/13日:大潮)

今回シュノケーリングを楽しんだ場所は、昨年の2014/7/13日と同じ場所で景勝三ッ石を見て左側(東側)の岩礁域。大潮の干潮時に、外海と沿岸の間に岩に囲まれた大きなエリアができる。この場所は、外海からの波が岩で遮られ、真鶴半島の豊富な生き物達が見られるポイント。今回も、サンゴイソギンチャクがやたらと目立った。また、死滅回遊魚のチョウチョウウオを見ることができた。今回は、真鶴で常連の魚と二つのはじめて観察できた生き物を見つけられた。

今回、はじめて観察した生き物

以下の画像は、クリックすると拡大画像が表示されます。

イボベッコウタマガイ(ニグラ)

岩の上に変な物体が?手にとって見てみたのだが少し固い。どうみてもウミウシなのだが?調べてみるとこれが、ウミウシの遠縁と言われる「巻き貝」の仲間の「イボベッコウタマガイ(ニグラ)」。和名では 「イボベッコウタマガイ」で、学名は「ニグラ」なので学名で呼ばれる事も多い。何回もこの真鶴半島 三ッ石海岸に来ているのだがはじめて見かけた生き物だ。何回来ても、このような見たことが無い生き物に出会える。海の生き物の豊富さを感じざる終えない。「イボベッコウタマガイ(ニグラ)」の貝殻は、体の中にあり完全に閉じ込められ露出することができない貝。しかし、どう見ても貝の仲間だとは思えない。外套膜が全体を覆っていて殻を見ることができないのだが、カタツムリの殻のような形をしているとのこと。

生き物の説明は、こちら
さまざまな魚たちが群れるの画像15

イボベッコウタマガイ(ニグラ)


さまざまな魚たちが群れるの画像15

ウミウシのような形、頭は右?

エビ? シャコ?

家に帰っていろいろ調べたが、エビなのかシャコなのか判断がつかなかった。よくよく調べればシャコの仲間の可能性が大。シャコとエビの違いは、シャコは、前脚が鉄拳のように驚くべき迅速さでパンチを放つ。エビには、付属肢にはさみがありシャコにはない。その代りに6~7個の棘がありエビにない。おそらく写真から判断してシャコの仲間だろう?

おそらくシャコの仲間の画像208

おそらくシャコの仲間

平らな体の画像209

平らな体

前脚をつぼめている?の画像210

前脚をつぼめている?

尾に棘があるような?の画像211

尾に棘があるような?

今回見かけた主な生き物

以下の画像は、クリックすると拡大画像が表示されます。

サンゴイソギンチャクの画像212

サンゴイソギンチャク

個人的には、真鶴半島三ッ石海岸と言えば、この「サンゴイソギンチャク」。真鶴半島南部は、サンゴイソギンチャクの北限と言われている。クマノミは発見できなかったが、多くのサンゴイソギンチャクが見られた。サンゴイソギンチャクを見ると、心がワクワク。

生き物の説明は、こちら
オオサンゴイソギンチャクの画像213

オオサンゴイソギンチャク

今回、このオオサンゴイソギンチャクがやけに目に付いた。近年の研究で、サンゴイソギンチャク・オオサンゴイソギンチャク・タマイタダキイソギンチャク・ウスカワイソギンチャクは、サンゴイソギンチャクにまとめられたとようだ。

生き物の説明は、こちら
マタナゴorウミタナゴの画像214

マタナゴ

目の前を横切った魚がいた。この魚は、「マタナゴ」だと思う。鰓蓋にある黒い斑点の数が1個しか見えなかった。(マタナゴは1個、ウミタナゴは2個)

生き物の説明は、こちら
チョウチョウウオを発見の画像215

チョウチョウウオを発見

死滅回遊魚のチョウチョウウオを発見。写真が後側しか撮れず判別がつかないが、おそらく関東近辺で普通に見られるチョウチョウウオの稚魚だと思う。チョウチョウウオを見るとダイビングを思い出す。

オハグロベラの画像221

オハグロベラ

通常のオハグロベラよりもやけに透き通った色をしていると思ったが、よく調べたらやはり「オハグロベラ」とのこと。雌で幼魚の可能性が高い。

生き物の説明は、こちら
イバナの中にボヤギの画像24

イソバナ

イソバナの中に「オオトゲトサカ」のようなソフトコーラルがあったことを写真を見てはじめて知った。潜ったときには、見つけられなかったのが非常に残念。

生き物の説明は、こちら

真鶴半島 三ッ石海岸の常連さん魚

以下の画像は、クリックすると拡大画像が表示されます。

オヤビッチャの画像216

オヤビッチャ

生き物の説明は、こちら
ニシキベラとソラスズメダイの画像217

ニシキベラとソラスズメダイ

ニシキベラの説明
ソラスズメダイの説明
クロメジナの幼魚の群れ画像217

クロメジナの幼魚の群れ

生き物の説明は、こちら
カゴカキダイの画像219

カゴカキダイ

生き物の説明は、こちら
イシダイの幼魚の画像217

イシダイの幼魚

生き物の説明は、こちら
海面下に居た小魚の群れ画像223

海面下に居た小魚の群れ

何の幼魚なのか?すでに成魚なのかわからず?

スポンサーリンク

ページの先頭へ