磯遊びとバーベキューが同時に楽しめる荒崎海岸

あちらこちらにカラフルなサンシェードの全景01

あちらこちらにカラフルなサンシェード

6月1日(中潮):多くの人が磯遊び画像02

好天に恵まれ多くの人が磯遊びを楽しむ

2014年6月1日、真夏日のような好天に恵まれた三浦半島の荒崎海岸。 多くの人が子どもたちと磯遊びに来ていた。荒崎海岸は、バーベキューが許されている海岸で、多くのファミリーや団体が磯遊びとバーベキューを同時に楽しみにここ荒磯海岸にやって来る。6月初旬の日曜日なのだが、駐車場はすでに午前10時で満車状態。夏のシーズンには、朝8時のオープンと同時にすぐに満車となる程の人気エリアだ。荒崎海岸は、本ホームページの「磯遊び&シュノーケリングガイド」の「三浦半島 荒崎海岸」でも紹介しているので参考として欲しい。荒崎海岸で磯遊びとバーベキューを楽しむのならば、干潮時間の3時間前には到着し、その日の干潮後に合わせてバーベキューを楽しみたい。この日の干潮時間は、お昼過ぎの12:54だったので、私達家族は、9:30に海岸に入り磯遊びとシュノケーリングを楽しみ干潮後の13:00にバーベキューが食べられるようにした。駐車場から海岸入口までは、徒歩で約5分程度。海岸入口までは舗装されているが、入口からはバーベキュー用品を手で運ばなければならない。バーベキュー用品を運ぶ時間を30分程度見ておいた方がいい。夏は、干潮時間が午前中になるので、磯遊びを充分楽しんでからバーベューができる。ただし、駐車場がすぐに満車になってしまうので、海岸に来るのはどうしても朝10時前になる。

6月初旬、潮溜まりに多くの生き物たちが現れる荒崎海岸(2014/6/1日:中潮)の画像03

6月初旬、潮溜まりに多くの生き物たちが現れる荒崎海岸(2014/6/1日:中潮)

バーベキューができる場所は、海岸の陸側と崖側に限られ早いもの勝ちになる。大きなタープを張れる場所は、さらに少なく海に向かって左側の崖下のみで、すぐにいっぱいになってしまう。ほとんどの人が、最近よく見かけるようになってきた小型の日よけテント(サンシェードテント)を利用していた。サンシェードテントは、海岸では重宝的な存在だ。私達家族は、最近あまり見かけないビーチパラソルとパラソルが中央にさせる穴があるテーブルを利用した旧式スタイルを、海ではよく利用する。今回も、このビーチパラソルを利用していたのは、私達家族のみだった。(やはり時代遅れか?)サンシェードテントも持ってはいるのだが、ほとんど利用しない。私達家族は、キャンプでも利用している小型バーベキューコンロをテーブル上に置いて焼肉屋のように利用してバーベキューを楽しむ。4人程度の家族なら、この小型バーベキューコンロで充分で炭の量も少なくてすむ。広さが確保できないエリアでこのスタイルをやるためには、ビーチパラソル方式が便利。アウトドア的な雄大さには欠けるのだが、フィールドクッキングは、充分に楽しめる。海岸でのバーベキューは、自分にあったスタイルで楽しんで欲しい。

ビーチパラソルとテーブルの全景04

ビーチパラソルとテーブル

6月1日(中潮):多くの人が磯遊び画像02

小さなバーベキューコンロ

今回、残念な現場を見かけた。海岸で直火の焚き火をし砂をかけて火を消したようなのだが、炭が完全に消火していなかった。その上を、子どもが歩いてしまい足に焼けどをしてしまったらしい。海岸での直火は絶対にせず、使用した炭などは、完全に消化し絶対に海岸に残さないことを肝に銘じて欲しい。最低限のモラルだ。ありえない現場を見てしまい非常に残念。

6月初旬の磯

6月初旬、潮溜まりに多くの生き物たちが現れる荒崎海岸(2014/6/1日:中潮)の画像03

6月初旬、潮溜まりに多くの生き物たちが現れる荒崎海岸(2014/6/1日:中潮)

6月初旬の磯は、5月とは違いだんだん魚影も多くなりカニやヤドカリたちを多く見かけるようになる。5月に小さかったカニやヤドカリたちが成長し、あちらこちらで元気に歩きまわる姿が見られる。多くのハゼなどの稚魚が潮溜まり(タイドプール)で、元気に泳ぎまわる様子も見られる。生き物が豊富なシーズンではないのだが、「磯遊び」を充分に楽しめるのが6月の磯だ。梅雨前である6月の天気が良い大潮日は、暑くもなく寒くもなく「磯遊び」には適している時期だと思う。

今回、見かけたおもしろい生き物

ムラサキウニの放精

ウニから何やら白い煙のようなものがでてきた。これが、「ウニの放精」。雄ウニが精子を放しているようす。ウニは、体外受精をする生き物で卵と精子が海水中に放出され受精し繁殖する。人が食べる部分は、生殖巣(卵巣、精巣)。春~初夏が繁殖期なのだが、何らかの原因で観察ボックス内で、ウニが放精した貴重なシーンだ!

生き物の説明は、こちら
ムラサキウニが放精しているようすの画像07

ムラサキウニが放精しているようす

カニが、いっぱい!

磯場には、多くのカニが動き回っていた。カニは、岩場の底にすぐに隠れてしまうのだが、わが子は素手でカニをわしづかみにして取っていた。これらのカニは、磯でよく見かける「ヒライソガニ」。「ヒライソガニ」は、磯でよく見かける「イソガニ」に似ていて色も一匹ずつ違う。判別するにはカニの裏側(腹部分)を見なければならない。「ヒライソガニ」と「イソガニ」の見分け方は、腹の上部の口部分とあごあしの先の毛を見て判別する。「ヒライソガニ」は、口を閉じると下の写真①のすきま部分がほとんど見えない。「イソガニ」はすき間が見える。下の写真②部分のあごあしの先の毛が長いのが「ヒライソガニ」、短いのが「イソガニ」。また下の写真③部分にななめの切り込みがあるのが「ヒライソガニ」だ。

生き物の説明は、こちら
カニの採取の画像08 カニの採取の画像09

※画像をクリックすると拡大画像が表示されます。

口の①部分の画像10

口の①部分

②、③の部分の画像11

②、③の部分

ヒライソガニのメスの画像12

ヒライソガニのメス

6月初旬に見れた磯の生き物(画像をクリックすると拡大画像が表示されます。)

ムカデミノウミウシの画像13

ムカデミノウミウシ

見つけました海の宝石「ウミウシ」。このウミウシは、「ムカデミノウミウシ」。青色が多いのだが、今回は白色なので幼体。成長するに従って青くなるとのこと。触手には紫のラインが2本ある。

生き物の説明は、こちら
ナベカの画像14

ナベカ

荒崎海岸では、よく見かけるイソギンボ科の「ナベカ」。黄色と黒のしまもようが生える。地味な体色が多い磯で、この「ナベカ」を見つけると、磯遊びの楽しみも一層増す気がするのは私だけか?

生き物の説明は、こちら
ハゼの稚魚の画像15

ハゼの稚魚たち

イソハゼなのかヘビギンポなのかわからないが、磯の岩の上にはたくさんのハゼ系の稚魚がいた。これらの稚魚が泳ぎ回るタイドプールは、磯遊びのオアシスだ!

スポンサーリンク

ページの先頭へ