冬キャンプへのポイントを考える

氷点下の夜でウォータータンクの水が凍ったの画像2901

氷点下の夜でウォータータンクの水が凍った(2016/12/11 スプラッシュガーデン秩父にて)

2016年12月10日、晩秋のキャンプを楽しむつもりだったが、強い寒気団が入ってきたとのことで夜には真冬並みの寒さになり氷点下なった。気温計で計っていないので正確な気温はわからないが、天気予報から-3°前後の夜になった模様だ。「氷点下」とは、純水が凍る温度で、1気圧のとき摂氏0℃。気象情報では、気温0度よりも低い気温時に使用される。天気予報では「マイナス3度」といった表現よりも氷点下3度と表現する方が多く0°は氷点下とは言わないとのこと。 つまり今回の夜は、水が凍る夜になったとのことだ。今回は、埼玉県秩父にあるスプラッシュガーデン秩父でのキャンプなので都内からも近いキャンプ場。秩父は、都心から近いながらも寒さが厳しくなるエリアで有名。場所にもよるのだが、12月や3月のキャンプは、氷点下の夜を過ごすキャンプになることも多い。今回は、冬キャンプをするための準備にも参考となるような事が多かったので、氷点下の夜が明けた朝の状態を紹介し、冬キャンプへのポイントを考えてみたいと思う。本ホームページでもキャンプの寒さ対策は、「ファミリーキャンプ(10):春キャンプの寒さ対策(1)」「ファミリーキャンプ(11):春キャンプの寒さ対策(2)」で紹介しているので参考にしてほしい。「スプラッシュガーデン秩父」の紹介は、Shizengateキャンプ場ガイド「スプラッシュガーデン秩父」で紹介している。

氷点下の夜の寝床は?

今回は、ファミリーではなく仲間同士のキャンプだった。私たちは今回、氷点下の夜がどんなもんだがを余り考えずに氷点下の夜を過ごした。なぜならば、私以外は暖房機があるバンガローを利用したからだ。私は、マイナス18°対応シュラフの二重がさねの氷点下対応を試してみたかったので、ひとりでワンタッチテントの中で過ごした。その結果・・・

暖気は上に上がる、冷気は床(下)から来る

バンガローの中の画像2902ブランケットの利用の画像2903

今回、バンガロー内に暖房(エアコン)があるのでバンガローで寝る人は、余り氷点下の夜の寒さを気にしなかった。ところが、ほぼ全員が寒さで熟睡できなかったらしい。一人はマイナス17℃対応のシュラフで、他の二人はオールシーズン用のシュラフ。床には、備え付けのマットを引いて寝たのだが、夜は寒かったとのこと。暖房機が上に設置されていることが原因だろう。暖気は上に上がる。暖房機がないよりもバンガロー内は暖かいと思うが、バンガローで寝ている人のところまでは十分な暖気が行かなかったのだろう。また、冷気は床から上がってくる。バンガローで寝た人は、上に上がってしまった暖気と床からの冷気で想像以上に氷点下の夜は寒かったとのこと。冬にバンガローを利用する場合も、「暖気は上に上がり冷気は床(下)から来る」を頭に入れて氷点下の夜に準備したい。電子カーペットや床上でのストーブなどの方が、上にある暖房機よりも暖かい。寒冷時のバンガロー宿泊は、暖房機の位置がポイントになる。

シュラフの保温強化、重ね着とテントの結露対策

マイナス仕様の耐寒用シュラフの画像1414 テント内の結露の画像2904

秋キャンプでは、適応温度がマイナス仕様の耐寒用シュラフをおすすめしているが、氷点下の夜を過ごすにはさらにひと工夫が必要だ。私は、-18度対応のシュラフを二重に重ね、その上でシュラフの足先の隙間に毛布を入れてシュラフ内に隙間がないようにした。さらに、上下の保温インナーに厚手のトレーナーを2枚重ねて着た。マミー型シュラフの顔の周りをしっかり閉めて息ができる程度のみに空け外気が入り込むのを最小限に抑えるようにした。結果的には、寒さをまったく感じないで寝れた。氷点下での寝袋のポイントは、①寝袋のマイナス適応温度を高める。②シュラフ内の隙間をなくし保温に努める。③外から外気が入ってこないようシュラフをしっかり閉める。がポイントだと思う。また、氷点下のテント内は、外気とテント内の温度の差によって結露がテント内にできる。テント生地には、絶対に触れないような寝方にすることも大事だ。結露で濡れたシュラフで、寝るのは避けたい。

氷点下の夜が明けた朝は、驚きがいっぱい・・・

氷点下の夜が明けた朝、わかってはいるのだが氷点下のすごさを感じる多くの光景が目に入る。外に置いてある物のほとんどが凍っている。一夜で、ここまで凍るのかと思うほど氷点下のパワーはすごい。

あらゆる物が凍る

テーブル上の物の画像2905

テーブル上の物

朝起きて、テーブルの上を見たら霜が張っていてペットボトルの鳥龍茶はすでに凍っていてシャーベット状態。ステンレスコップの上部には霜が張りすぐに口にはつけられない状態。

ダッチオーブンのキムチ鍋が凍るの画像2906

ダッチオーブンのキムチ鍋が凍る

写真ではわかりにくいと思うが、昨夜食べたキムチ鍋の残りの汁がコチコチに凍った。ダッチオーブンなので氷点下影響がすぐに出たのだろうが、一夜で凍るとは?

ダッチオーブンのフタの裏の画像2907

ダッチオーブンのフタの裏

ダッチオーブンのフタの裏にもツブツブの氷ができていた。鍋の湯気がフタについて垂れるのが凍ったので丸い氷になるのだろう。つららの原理と同じ。

スキレット鍋のアヒージョも凍ったの画像2908

スキレット鍋のアヒージョも凍った

熱伝導が良いスキレット鍋なので、ダッチオーブンと同じなのだがたアヒージョのオリーブオイルも、ご覧の通リコチコチに固まっている。

ミニトマトとゆでたまごの画像2909

ミニトマトとゆでたまご

写真ではわからないのだが、ミニトマトとゆでたまごも水分があるので、石のようにコチコチに固まっている。

電気ランタンの画像2908

電気ランタン

電気ランタンにも霜が張っていた。電気ランタンは、水分がないので、夜の間にランタンについた露がそのまま凍って霜になっている。

ウォータタンクの水はすべて氷にの画像2911

ウォータタンクの水はすべて氷に

ウォータタンクの水はすべて氷になっていた。水道が凍りつくというのもわかる。冬場は、ウォータタンクを一晩置いておけば氷ができることも今回、はじめて知った。

野菜やペットボトルの中身も当然凍るの画像2912

野菜やペットボトルの中身も当然凍る

ペットボトルの中身も当然凍る。ニラの茎の部分もしっかり凍っている。氷点下の外に出しておけば野菜も簡単に凍ることがわかる。

ガス(缶)タイプバーナーは、寒冷には弱かった!

火力が弱いシングルバーナーの画像2813

火力が弱いシングルバーナー

火がつかないツーバーナーの画像2814

火がつかないツーバーナー

この写真を見て何が言いたいかわかるだろうか?上のシングルバーナーの写真は、朝起きた直後にコーヒーを飲みたくて火をつけたのだが写真の状態が最強の状態。普段の1/3程度の火力しかなかった。ガス缶は、ハイパワーガスのIP-250Tを利用してもこの程度。おそらくノーマルガスタイプの250Gを利用したら着火自体しなかったかもしれない。ユニフレームのガス式ツーバーナーは、通常のガス缶を利用していたので着火もしなかったガス式は、低温に弱いとは聞いていたが、ここまで利用できないとは。日が出てきてから数時間後には、両バーナーとも利用できるようになった。火力が弱いかもしくは着火しないのは、ガスの成分が原因。ガス式で利用されているブタンガスは沸点が0℃のため、気温が低いと気化しにくい。冬のキャンプなどでは、プロパンやイソブタンが使われている寒冷地仕様カートリッジを使うのがベスト。250Tには、250Gと違いプロパンガスが約25%ある。それでも通常よりも火力が弱かった。説明書にも、「外部気温が極端に低い寒冷地やカートリッジが冷えきった状態では気体にならず使用することはできません。」と記載。やはり氷点下ではガソリン式の方が強い

【冬キャンプへのポイント】

適応温度がマイナス仕様の耐寒用シュラフを用意する。

シュラフの保温性を高める工夫をし、外気が入るのを最低限に。

一夜にして水分が凍ることを頭に入れる。

テントの結露対策をする。

寒冷地は、ガス式バーナーよりもガソリン式バーナーが強い。

スポンサーリンク

ページの先頭へ