地味で目立たない「ペグ」は、とても重要なキャンプ用品

キャンプ83の画像

ペグは、テントのような派手さがなく大事さを忘れがちになるキャンプ用品。もし、「ペグ」がなければ、余裕のあるキャンプは楽しめない。「ペグ」は、キャンプで重要な位置をしめる必要不可欠なキャンプ用品なのだ!!「ペグ」は、注目されるテントやラントンのように華やかさはないが、多種多様の「ペグ」が販売されている。「ペグ」は、テントをはじめとする他のキャンプ用品と違い、キャンプ場のサイト環境や用途によって使い分けをする。この使い分けを習得することによって、よりキャンプを楽しむことができる。「ペグ」は、キャンプの縁の下の力もちであり、無くてはならないものなのだ。しかし、だれもが多種多様の多くの「ペグ」を用意することは難しい。そこでShizengateでは、比較的どのようなサイト環境でも使える万能的な「ペグ」は何かを考えてみた。正道ではないものの、独断と偏見で万能に近い「ペグ」を考えてみたい。

主なペグの種類

「ペグ」は、大きく、「金属製」「プラスチック製」がある。プラスチック製は、合成樹脂のABS製だが、金属製は、スチール、鍛造スチール、アルミ、チタンなどさまざまな金属のタイプがある。この中から万能的なペグを選ぶのは大変。事実上、万能ペグはないのだがあえて探していきたい。以下が私が現在持っているペグだ。

①プラペグ

プラペグの画像01

プラペグ

一般的で、最も使われているペグ。適度に耐久性があり、使いやすく、比較的オールマイティに使える。芝や柔らかな地面に適応する。反面、河原などの石混じりのサイトや硬いサイトには不向き。打ち込み過ぎると、抜けなくなり折れる。太いプラペグは、比較的硬い地面にも対応できる。キャンプで利用するプラペグは、太目のしっかりとしたものをおすすめする。

小川キャンパル プラペグ

②鍛造ペグ

鍛造ペグの画像

鍛造ペグ

強度があり貫通性に優れている。重量があるが、この重さが摩擦力を高めている。普通のお店では、20㎝~50㎝までの長さが販売されている。硬い地面に対応でき、最も応用範囲が広い。欠点としては、高価であることと、断面が丸形なため泥濘には弱い。鍛造ペグが使えないサイトは、よほど硬いかもしくは非常にやわらいサイトなので、一般的なキャンプ場としては適切でないと言っても過言ではないと思う。

スノーピークソリッドステーク30

③Vペグ

Vペグの画像03

Vペグ

Vペグの画像04

アルミVペグ

断面がV字になっているので、地面に、挿しやすく抜きやすい、使い勝手の良いペグ。しかし、硬い地面だとヘッドの部分が曲がりやすく、硬い地面には向いていない。Vペグは、芝生や柔らかい地面とやや硬い地面に対応する。材質がアルミやジュラルミン、チタンなど軽量なものが多いことも特徴だ。
Vペグは、さまざまな形がある。私は、写真の2種類を持っている。一つは、ヘッドが細い棒のようなVペグで、硬い地面だとすぐにヘッドが曲がってしまう。もう一つは、先のVペグよりも強くロープがかけやすい溝が2つある。これも硬い地面に打つと、ペグの先が固い地面に到達し地面の硬さに負け、ヘッド部分が曲がってしまう。Vペグは、やはり硬い地面には、不向きだ。

ロゴス Vペグ



ロゴス アルミVペグ

④ピンペグ

ピンペグの画像05

ピンペグ

ピンペグの画像06

ピンペグ

テントなどによく付属しているペグ。打ち込むときも抜くときも楽にでき、軽量なペグ。芝や柔らかい地面に利用できる。アルミ、ジュラルミン、スチールなど多くの材質が販売されている。柔らかい地面では、長さが無いと抜けやすく不向き。ピンペグの中には、下の写真のようなヘッドがO型になっている鍛造ペグのものも、ピンペグと呼ばれている。これらは、太く長さがあるものが多く、硬い地面でも抜けにくい強いペグ。しかし、ヘッドがO型になっているので用途が限られロープを結ばなければならないので汎用的には使われていない。

スノーピーク ジュラルミンペグ

モンベル アルミピンペグ

⑤アンカーペグ

アンカーペグの画像07

アンカーペグ

海岸の砂浜、雪上または石だらけの川原など、普通のペグが使えないサイト環境や場所で使うペグ。私は、今では珍しい十字型のアンカーペグを持っている。アンカーペグは、ロープをかけその上に重い石や砂など入れて固定する。砂地などでは、アンカーペグを埋め込んでアンカーとして利用する。重宝なのだが使い方が難しいペグの一つだ。アンカーペグは、抜けにくくするための手段を考えなければいけないので使いにくい。

モンベル メッシュアンカー

ペグの比較

ペグの種類 硬い
地面
やや硬い地面 柔らかい地面 砂浜・石川原 固定度 価格 評価点
①プラペグ Χ Χ
②鍛造ペグ Χ Χ 12
③Vペグ  Χ Χ
④ピンペグ Χ Χ Χ
⑤アンカーペグ Χ Χ Χ

ペグの評価を個人の独断と偏見で表にしてみた。◎3点、◯2点、△1点、Χ0点としてみた。結果的には、個人的順位の通りになった。アンカーペグは、他のペグよりも石ころのみの川原や海岸のような砂地に対応できるが、ほぼ例外的なケースだと考えた方が良く他の「ペグ」と比較してはいけない「ペグ」なのかもしれない。やはり万能ペグは、「鍛造ペグ」だ!!私のささいな経験からも、「鍛造ペグ」の20cm、30cm、40cmを必要数用意すれば、ほとんどのオートキャンプ場に対応ができる。私は、地面とテントの間に引くグランドマットに「ピンペグ」を利用し、テント、タープ等はすべて「鍛造ペグ」を利用している。 特にタープは、しっかりとポールを固定したいため30cm,40cmの「鍛造ペグ」を使っている。また、「鍛造ペグ」は、たとえ曲がったとしてハンマーで打てば元に戻るすぐれものペグでもある。また、「鍛造ペグ」も各社から販売されているが、やはり一番の「鍛造ペグ」は、スノーピークのソリッドステークス。とにかく丈夫で強度もあり一度利用したら他社を使えなくなる。

ハンマーの種類

ハンマーの種類 ペグの打ち方
ハンマーの画像01

ペグ打ちに、ハンマーは重要な道具となる。写真の①と②は、重みがある鍛造ハンマー。①と②の違いはハンマーヘッド部の左側にペグを抜く時に利用する形状が違う。①は、てこの原理を地用しやすい平ら形状となり、②は、ペグの丸い穴に入れられる丸い棒状の先になっている。どちらが良いかは、使用する機会が多いペグで判断すればいいと思う。ちなみに、私は②の利用が多い。逆にペグ抜きにはてこの原理を使う場合が多いからだ。①、②は、硬い地面にペグを打ち込むときに便利、逆に細いプラペグ、ピンペグなどに利用するとペグを壊すこともあるので注意。③は、ゴム製のハンマー。適度な重量とソフトなヘッドなので。プラベグなどが打ち込みやすいが、個人的には好きではない。ゴムのハンマーではペグを強く打ち込めない。好みなのだが、私はこのハンマーはほとんど利用していないは、テントやタープに付属しているスチールハンマー。ペグ抜きの形状も備えているが、軽くてハンマーの役にたたないは、形状がおもしろい鍛造ハンマー。このハンマーは、ヘッドの左側が平らな斧のようになっていて危険なので当初余り利用しなかった。ところが、このハンマーの使い道を最近やっと導き出した。このハンマーの底は、ペグ上部の穴にひっかけられる。鍛造ペグの固定強度を増すためにペグを土まで打ち込んだ場合のペグ抜きに、このハンマーの良さが発揮される。正道ではないのだが、私は鍛造ペグを可能な限り地面に打ち込んでしまう。固定強度は増すのだが、ペグ抜きが大変になる。このハンマーは、ペグ抜きとして利用する。使い方は下の写真を見て欲しい。個人的な結論は、鍛造ペグ+鍛造ハンマー+ペグ抜き道具の組み合わせがあればたいていのキャンプ場で対応できる。

ペグの打ち込み方

ペグの打ち込み方の画像08

ペグの打ち込み方の画像11

通常、ペグは地面に対して45度から60度の角度で打ち込み、3~4cmくらい残し、その後にロープなどをかけるのが基本。

ペグ抜きアイテム

ペグ抜きアイテムの画像13

ペグ抜きアイテムも、いろいろ販売されている。私は、写真のアイテムを購入したがしっかり打ち込んだペグを抜き時に、写真のように棒が変形してしまった。ペグ抜きを使われている人も多く、重宝なアイテムなのだが私に必要ない。

Shizengate流の邪道「ペグ打ち」と「ペグ抜き」

ペグの打ち込み方の画像12

ペグの打ち込み

Shizengate流は、かなり邪道。鍛造ペグを、鍛造ハンマーで地面に打ち込んでしまう。このやり方は、ペグが抜けなくなったり、ロープを切ってしまうこともあるのだが固定強度は最強となり、ペグに引っかかり転ぶこともない。ペグ抜きは、少しテクニックがいる。

ペグの抜き方の画像14

ペグの抜き方

Shizengate流のペグ抜きは、上記のハンマー写真にある⑤のハンマーを使う。少し危ないのだが、⑤のハンマーの底にあるペグ抜きかきを鍛造ペグの丸い穴に通す。そして⑤のハンマー上部の平らな部分を鍛造ハンマーで下からたたく。ペグは、思ったよりすんなり抜ける。

ペグの抜き方の画像15

ペグの固定強化

ペグをさらに固定強化したいときは、思い石などをペグの上においてしまう。これは、鍛造ペグの砂地や砂浜対応にも応用できる。なぜここまでやるのかという疑問みあるかと思うが、理由は簡単。タープポールにランタンハンガーでランタンをぶら下げることからShizengate流が生まれた。

スポンサーリンク

ページの先頭へ