秋の味覚狩り:しいたけ狩り(1)のイメージ画像

秋の味覚狩り:しいたけ狩りに挑戦

藤野園芸ランド「日向山園」」でのしいたけ狩りの画像25v2

藤野園芸ランド「日向山園」」でのしいたけ狩り

山盛園」さんで、「栗拾い」「さつまい堀り」を楽しんだ後、今度はさんでを楽しんだ。 「きのこ狩り」は、秋の味覚なのだが、「しいたけ狩り」は通年できるので秋の味覚とはいえないかもしれないが、「きのこ」がおいしい秋は、「しいたけ」もおいしい。 また、私が調べる限り神奈川県で「しいたけ狩り」ができる主な場所は、「藤野園芸ランドのと小田原にあるの二箇所だと思う。 しいたけ狩りは、一年中できるようでだが、季節によってしいたけ以外のきのこも狩れるらしい。今回は9月だったので「しいたけ」だけだったが、10月になれば「なめこ」もあるらしい。 100g単位で販売で持ち帰る。ここで収穫した「しいたけ」は、スーパーで売っている「生しいたけ」より風味、香りも良くとてもおいしい。やはり、「しいたけは、穫りたテ後が一番おししいと言うことが「しいたけ狩り」をして体験したことだった。 「しいたけ狩り」の場所で「しいたけ」をバーベキューで単に焼いてもだけでもおいしい。収穫したものの本来の味が食べれることこそが、秋の味覚狩りの楽しさのではないだろうか?

しいたけ狩り
看板のない山道を行く不安?の画像33
やっと着いた「日向山園」の画像34
農家の方がしいたけの植木を説明の画像35
今回は、残念ながら「しいたけ」のみ の画像36
「しいたけ」がいっぱい!!の画像37
どんこのような若い「しいたけ」 の画像38
「しいたけ」が切れているぞ!!の画像39
採ったぜ!!「しいたけ」の画像40
奥にもあるぞ!!の画像41
「しいたけ」が集まってきたの画像42
本当においしそう「しいたけ」の画像43
最後は、収穫した「しいたけ」を計量の画像44
しいたけ

は、食用のきのこで生物学的には菌類と子のう菌類の一部の仲間。しいたけに含まれるレンチオニンとグアニル酸は、血液をサラサラにする効果が期待され、ビタミンD2をたくさん含む食材。 しいたけは、日本、中国、韓国などで食用に栽培されている。自然界では、主にクヌギやシイ、コナラ、ミズナラ、クリなどの広葉樹の枯れ木に発生する。短い円柱形の柄の先に、傘を開き枯れ木の側面に出ることが多い。 生の「しいたけ」を食べると、しいたけ皮膚炎と呼ばれる炎症を発生することがあるので、アレルギー体質のこどもなどは注意が必要。

2022紅葉情報


2022年紅葉情報(じゃらん)PR

2022 関東紅葉名所28選 PR

秋の国内旅行(るるぶ)PR