*Shizengateホームページでの「スノーレーサー」表記は、すべてSTIGA社のスノーレーサーです。

究極のソリ遊び、スノーレーサーとは?

スノーレーサーの画像14

スノーレーサーとは、何だろう?あまり聞きなれた言葉ではない方も多いかと思う。私は、このスノーレーサーは究極のソリ遊びの道具だと思う。 スノーレーサーは、1972年にスウェーデン・トラノスで誕生しスティーガ社が製造し北欧の冬には欠かせなウインターギア。軽量ボディー構造のフレームには滑り止めやブレーキなどの安全対策も施され、持ち運びに便利な自動巻上げ式引き綱が標準装備されいます。驚きの操作感で乗って滑って大人も子供の大満足!!冬を楽しむファミリーや仲間達になくてはならないスノーギアです2001年から日本に輸入され一部のスキー場でレンタルが開始された。国内では、すでに1万台以上販売されているらしい。キッズゲレンデ内でのソリ遊びに飽きた人、もっとソリを楽しみたい人、ソリを自由にコントロールして滑って見たい人には、このスノーレーサーが最大の遊び道具に成ること間違いなし。さぁ、この冬は子どもと思いっきりソリ遊びを楽しんでみてはどうだろうか?究極のソリに魅力させられたら、自分のスノーレーサーを持って出かけてみよう!!

どこで体験できるのか?スノーレーサー

国内でスノーレーサーが楽しめるスキー場が増えてきた。スノーレーサーがレンタルできたり滑走できたりするスキー場は、日本のSTIGA輸入代理店である株式会社エス・エイ・アイの「STIGAスノーレーサー可能スキー場リスト」を見て欲しい。スノーレーサーは、子供用の本格的ソリに思われがちだが、このスノーレーサーは、非常に早いスピードで滑走できる。もはや子供用ではなく大人も十分楽しめるソリなのだ。逆にスノーレーサーは個人的に、ゲレンデを滑ってはじめてスノーレーサーの楽しみがわかると思う。残念ながら日本では、スノーレーサーがレンタルされている場所のほとんどが、ソリ専用ゲレンデもしくはキッズパーク内での滑走で距離が短く子供用のソリとしてレンタルされている。逆に、ゲレンデをスノーレーサーで滑れるとわかるが、子どもには危ないギアになってしまったり、ゲレンデで滑っている他のスキーヤーやボダーに迷惑をかける存在になってしまう可能性もある。ゲレンデで子どもが利用するには、練習と慣れが必要で大人の管理が必要なソリなのではないだろうか?しかしながら、スノーレーサー本来の楽しみ方は、ゲレンデ滑走。日本では、ゲレンデ滑走を許可しているスキー場は、まだ少ない。子どもとスノーレーサーをゲレンデで滑走したときの快感は、子どもにも大人にも忘れられないものになるだろう! 首都圏から行ける範囲で、レンタルできて一部のゲレンデで滑走できるのは、爺ガ岳スキー場(長野県)、栂池高原スキー場(長野県)、北志賀高井富士スキー場(長野県)、舞子高原スキー場(新潟県)とのこと。スノーレーサーのレンタルはないが、滑走を許可しているスキー場もある。滑走を許可している「ファミリースノーパークばんだい×2」に、600mのソリ王国があるとは聞いてはいるが、スノーレーサーがレンタルされているかは未確認。日々、スキー場の条件も変化していくので行かれるスキー場に事前に確認して欲しい。

スノーレーサーの画像03 スノーレーサーの画像04 スノーレーサーの画像05

アイコン1の画像爺ガ岳スキー場
アイコン1の画像栂池高原スキー場
アイコン1の画像北志賀高井富士スキー場
アイコン1の画像舞子スノーリゾート

爺ガ岳スキー場(スノーレーサーが、一部のゲレンデで滑走可能)

スノーレーサーの画像701

林間コースをスノーレーサーで滑れる爺ガ岳スキー場

爺ガ岳スキー場は、あまり有名ではないが白馬の大町にある。どちらかと言うと、ビキナーやファミリー向けのスキー場。有名ではないぶん比較的空いている。ビギナーやファミリーには、絶好のスキー場だ。ここで・・・なんと・・・スノーレーサーがレンタルできる。キッズゲレンデでスノーレーサーが滑走できるが、ここは一部のゲレンデでもスノーレーサーが利用できることで有名なスキー場なのだ。スノーレーサー本来の魅力を、十分感じることができる貴重なスキー場なのだ。第1、第2、第4リフトと三つのリフトにスノーレーサを載せることができ、いくつかの初心者用滑走コ-スを、スノーレーサで滑れる。特に、ラビットコースから入る林間コースは、スキーヤーしか体験できないコースをスノーレーサーで楽しめる。絶景の中を気持ちよく滑ることができる。ソリで滑っていると思えないすばらしい光景が続く。爺ガ岳スキー場では、大人用、子供用のスノーレーサーを2時間1000円でレンタルできる。ゲレンデで滑るにはリフトが必要なので当然、リフト券が必要になる。リフトで上り滑走コースをスノーレーサーで滑る快感は、体験した者でしか味わえない魅力がある。逆に、スノーレーサーで滑るのはスキーより怖いかもしれない。斜面のすぐ上をかなりのスピードで滑ることができる。服装もスキーヤーと同じ準備が必要だ。スキー用のゴーグル(めがね)、グローブ(手袋)、スキーウエア、スノーブーツは必須。スキーをやる服装と同じでなければ大変なことになる。スキーやボードを楽しんでいる人たちと同じコースを滑るので当然、周りのスキーヤー、ボーダーに細心の注意をはらい安全に滑って欲しい。爺ガ岳スキー場は、子どもと、冬の自然を満喫させてくれる遊び場だと思う。

蓼科東急スキー場(100mのスノーレーサー用コースがあるスキー場)

蓼科東急スキー場の画像01

スノーレーサー用コースが楽しめる、蓼科東急スキー場

蓼科東急スキー場は、諏訪インターから車で35分にあり東京からも行きやすいスキー場。キッズ率80%とファミリー向けのスキー場で、家族、初心者、子どもが安心して楽しめるこぢんまりしたスキー場だ。混雑もなくプライベート感覚でゆったり楽しめるとスキー場として人気がある。ここは、チュービングとスノーレーサーが楽しめるスキー場でもある。スノーレーサーは、100mのスノーレーサー用コースが設けられていてスノーレーサーを楽しむことができる。スノーレーサーを、まずは体験してみたいと言う人には向いているスキー場。チュービング・スノーレーサー券が設けられ1時間1500円、2時間2000円、4時間2500円の3種類がある。また、チュービング・スノーレーサー(4時間)+レンタルソリ(4時間)+1000円の食事券で3300円と言う「SUNSUNスノーパスポート」や大人と子どもが1組になった「親子SUNSUNスノーパスポート」6000円などお得なパスポートも販売されている。(スキーリフト券は別)。スノーレーサー専用コースは、スノーエスカレータもあるので子どもとスノーレーサーを体験する入門コースとして適切な場所だと思う。たかが100mでも、ブレーキかけないで滑るとかなりのスピードがでるので気をつけて欲しい。はじめは、ブレーキをかけながらゆっくりと慣れ徐々にスピードや操作になれていくのが良いと思う。 残念ながら、ゲレンデでのスノーレーサー体験はできない。スノーレーサーがどのようなものなのかを知る上ではいいのだが、スノーレーサーをただのソリとして感じてしまうこともあるかもしれない。ここでスノーレーサーに慣れる練習をし、ゲレンデでのスノーレーサーを体験しスノーレーサー本来の魅力を感じて欲しい。

スポンサーリンク

ページの先頭へ