首都圏から行ける海辺でキャンプができる貴重なキャンプ場

※本文の音声ガイドは、バーをクリック。

多田良北浜海岸キャンプ場(ただらきたばまきゃんぷじょう)は、千葉県の館山・南房総に位置する多々良北浜海岸にあり海辺でキャンプができ、最高のロケーションを楽しむことができます。夏休み期間中は、多くの家族連れや若者で賑わいます。民間の一般社団法人(南房総市観光協会)が運営しているためリーズナブルにキャンプができます。また、房総半島の中では本ホームページで紹介している「根本マリンキャンプ場」とともに海辺前でキャンプができる貴重なキャンプ場です。目の前が海水浴場になっているため、キャンプをしながら海水浴、釣りなどの海のアクティビティを満喫することができます。キャンプ場の隣には、「日の出ボート」「富士屋釣りボート」と釣りのボート屋さんがありボート釣りを楽しむこともできます。海岸は、遠浅で波も穏やかなのでファミリー向きの海岸になっています。さらに、景観豊かな大房岬を見渡せ、天候が良ければ遠くに富士山を見ることができます。キャンプ場は、約100張程度のテントが張れる広大な敷地面積(約999坪)がありますが、営業期間が4月下旬~5月上旬の大型連休と7月~8月と短くしかも予約できない完全なフリーサイトです。夏休み期間の祝祭日は、サイト確保が非常に難しいキャンプ場でもあります。以前は海岸側に、二組のテントサイトを縦列に張れましたが、今は1組の車とテント&タープのみが縦に配置できるように場内舗道が仕切られています。海岸側のサイトを確保したい人は、混雑しない平日に入るか混雑時を外した時期に行くことをおすすめします。混雑時の海側サイトの確保は、運との戦いです。また、海辺のキャンプは砂でジャリジャリするイメージがありますが、多田良北浜海岸キャンプ場は海岸から少し高くなっていて草と砂で覆われた地面で通常のペグも利用することができます。さらに浜風が吹きますので、比較的心地よく過ごすことができます。しかし、海辺ですので太陽を遮るものはなくタープは必須になります。また、風が強い日は強風対策も必須になります。 水シャワーやトイレ、炊事場、ゴミ捨て場と必要最低限の設備も整っています。キャンプ場の近くには、コンビニやホームセンターなどがあり買い出しに便利です。個人的には、首都圏から行ける目の前で海を見ながらキャンプができるキャンプ場としては、伊豆半島にある「宇久須キャンプ場」とこの「多田良北浜海岸キャンプ場」が二大おすすめキャンプ場になります。

大房岬を見渡せる海が目の前の多田良北浜海岸キャンプ場(2019/08/03)の画像01

大房岬を見渡せる海が目の前の多田良北浜海岸キャンプ場(2019/08/03)

海側サイトの全景の画像05

海側サイトの全景

キャンプ場の全景の画像06

キャンプ場の全景

私たちが選んだ海側のサイトの画像02

私たちが選んだ海側のサイト

テントから海が丸見えの画像03

テントから海が丸見え

キャンプ場概要

多田良北浜海岸キャンプ場

HP 富浦町多田良北浜海岸キャンプ場(一般社団法人南房総市観光協会)
個人評価 ★★★★★
環境 海辺(海岸)
景観 ★★★★★
施設 ★★★
区画 ★★★
サイト数

■サイト数:約100張程度
■利用料金(1人1泊 小学生以上:500円)
■テント1張:500円
■タープ1張:500円
■駐車料:500円(バイクも同等)

営業時期 4月下旬~5月上旬の大型連休と7月~8月
コテージ・ログキャビン なし
サイト床土 草と砂で覆われた土
買出の店 あり(コンビニ、ホームセンター、etc)
シャワー・お風呂 水シャワーあり。(無料)
電源サイト なし
売店 なし
レンタル品 なし
入退場時間 受付時間: 午前8時から午後5時まで
(受付時間外の入場は、翌日受付)
直火 不可
車の出入り フリー
ゴミ ゴミ捨て場あり
ペット

サイト紹介

多田良北浜海岸キャンプ場のサイトは、全てがフリーサイトとなっていて、テント100張り程のサイトが確保できる広さがあります。キャンプ場内には、場内を一周するような感じで場内舗道があり、この舗道がある意味でサイト区画の目安になっています。今回は、サイトの位置を説明しやすいように本ホームページにて独自にサイト名を4つ設けました。海側サイトの、「海岸サイト」、キャンプ場の端に当たる「岡本川側サイト」、キャンプ場の中央に当たる「内側サイト」、そして防波堤側にある「堤防側サイト」と4つに分けてみました。サイトの広さ制限はありませんが、どのサイトもツールームテントが立てられ1台の車が駐車できる程度の広さを確保することができます。

多田良北浜海岸キャンプ場のサイトマップの画像

多田良北浜海岸キャンプ場のサイトマップ

※本サイトマップは、多田良北浜海岸キャンプ場の入口にあるサイト図を撮影し引用させていただいています。
サイト名称は、サイト説明を補完するものとして本ホームページ「Shizengate」が独自で利用しているもので公的な名称ではありません。引用日:2019/08/24

海岸サイト

海岸サイトは、キャンプ場の入口からキャンプの奥端までの海岸側のサイト。この海岸サイトは、サイトから海が見える絶景のサイトだけに人気が高く確保が難しい。このサイトからカヤックを降ろす人もいる。現在では、海岸はサイトは基本的に場内舗道から縦型にテント、タープ、車を配置するように推奨されていて、横並びに立てるのはサイトが混雑していない時にのみ許可されているようだ。人気エリアを、多くの人に利用してもらいたいとの思いからだと思う。海側サイトは、炊事場とトイレ棟の前にもいくつか確保できる場所がある。海側サイトは、窮屈に詰め込んでも30サイト程度と推測する。炊事場前には10サイト程度、キャンプ場エリアに20サイト程度が確保できると思う。海側サイトは、サイトからすぐに海岸に行けるのでとても便利なエリアだ。海側サイトが、多田良北浜海岸キャンプ場の顔でもある。

キャンプ場中央側の海側サイトの全景画像07

キャンプ場中央側の海側サイトの全景

炊事場前の海側サイトの全景画像08

炊事場前の海側サイトの全景

海側サイトの縦列配置の画像09

海側サイトの縦列配置①

海側サイトの縦列配置②の画像10

海側サイトの縦列配置②

海側サイトからの景観①の画像11

海側サイトからの景観①

海側サイトからの景観②の画像12

海側サイトからの景観②

海岸から見た海側サイト①の画像13

海岸から見た海側サイト①

海岸から見た海側サイト②の画像14

海岸から見た海側サイト②

タープテントから見た大房岬の画像15

タープテントから見た大房岬

タープテントから見た逢島、勝山方面の画像16

タープテントから見た逢島、勝山方面

岡本川側サイト

岡本川側サイトは、キャンプ場の端にある川で釣りなどが楽しめます。このサイトは、海岸サイトよりも景観が落ちますが川を目の前にし隣接する原岡海水浴場からの海などが見え海と川の両面の景観が楽しめます。キャンプ場の一番奥にあり炊事場やトイレ棟からは離れています。若干地面に草が多く生えている場所が多い場所ですが静かにキャンプを楽しむことができます。海岸サイトが満杯の場合は、この岡本川側サイトを選択するのが手かもしれません。

岡本川側サイトの画像17

岡本川側サイト

岡本川側サイトの景観の画像18

岡本川側サイトの景観

内側サイト

内側サイトは、キャンプ場の中央にあるフリーサイトエリアです。海岸サイト、岡本川側サイトがいっぱいになってから埋まりはじめます。多く人たちが参加するグループキャンプの人たちは、サイト面が大きく取れることもありこの内側サイトを好んで確保されているようです。混み具合によりますが、サイトから海が見えない場合が多いかと思います。

内側サイトの全景画像19

内側サイトの全景

内側サイトの画像20

内側サイト

内側サイトからの景観①の画像23

内側サイトからの景観①

内側サイトからの景観②の画像24

内側サイトからの景観②

堤防側サイト

堤防側サイトは、キャンプ場の内陸側にある防波堤の前のサイトです。目の前に、海岸サイトと内側サイトがありますので、海がほぼ見えないサイトになります。 縦配列ではなく車の横にテントが張れる横配列が可能なので、車の近くにテントやタープを立てたい人に便利です。防波堤が背後にありますので、若干影ができたり風の食い止めができるかもしれません。

堤防側サイト①の画像21

堤防側サイト①

堤防側サイト②の画像22

堤防側サイト②


スポンサーリンク

ページの先頭へ