朝日ヒスイ海岸オートキャンプ場のサイト紹介(2)

朝日ヒスイ海岸オートキャンプ場のサイトマップ(2)の画像04

朝日ヒスイ海岸オートキャンプ場のサイトマップ(2)

※サイトマップは、朝日ヒスイ海岸オートキャンプ場のパンフレットから引用し、サイトエリアを本ホームページ用に独自追記しています。引用日:2016/08/20

朝日ヒスイ海岸オートキャンプ場は、大きく「フリーサイト」「オートキャンプサイト」「ケビン」「バンガロー」の4つのエリアがある。15番~19番が、バンガローサイト、ケビンサイトは、オートサイトの14番前、キャンプ場のほぼ中央にある。フリーサイトは、正面玄関の左手にある多目的広場側の芝生広場か海岸側の松林になる。

フリーサイト:天然芝と松林が選べる

フリーサイトの画像40

フリーサイト

朝日ヒスイ海岸オートキャンプ場は、正面玄関を入り左側の奥に広がっている敷地がフリーサイトとなっている。炊事棟、トイレ棟が各1棟ずつあり、電源BOXも場所によりリクエストできる。フリーサイトは、天然芝が広がる芝生サイトと日影ができる松林サイトを選ぶことができ、季節によって好みの場所を確保できる。全体で、30~70区画程度はサイトが取れると思う。フリーサイトは、区画料がオートサイトよりも安いが車の乗り入れができない。よって、キャンプ用品等の荷物は、手前の駐車場から一輪車などで荷物をサイトまで運ばなければならない。芝生サイトは、日陰が一切無いのでタープは必需品。また、フリーサイトの入り口あたりに2台分のキャンピングカー専用サイトがあり大型のキャンピングカー用の電源をとることができる。このサイトは、キャラバンサイトと言われていてあまり公開されていないようだ。6m未満の普通免許トレーラーであれば、普通のオートサイトに入れられるのでそれ以上のキャンピングカー用なのではないかと思う。

天然芝のフリーサイト①の画像41

天然芝のフリーサイト①

天然芝のフリーサイト②の画像42

天然芝のフリーサイト②

松林のフリーサイト①の画像07

松林のフリーサイト①

松林のフリーサイト②の画像44

松林のフリーサイト②

海岸の遊歩道から松林フリーサイトを見るの画像45

海岸の遊歩道から松林フリーサイトを見る

駐車場から荷物を運ぶの画像46

駐車場から荷物を運ぶ

バンガローサイト:冷暖房完備のバンガロー

バンガローサイトの画像04

バンガローサイト

朝日ヒスイ海岸オートキャンプ場は、5棟のバンガローがある。このバンガローは、オートキャンプサイトの15番~19番のローケションにあり平成24年度に新設された。ウッドデッキ・2段ベッド、冷暖房、屋外テーブル・椅子、ウッドデッキ、寝具、専用駐車場(1台)からなり、夏のキャンプ時に重宝するバンガローだ。定員5人でバンガローのレンタル費用のみ(¥10,500)で利用でき設備から考えれば安価だ。

バンガローの全景の画像47

バンガローの全景

バンガローサイトの画像48

バンガローサイト

ケビンサイト:1度は泊まりたくなる豪華なケビン棟

ケビンサイトの画像04

ケビンサイト

朝日ヒスイ海岸オートキャンプ場には、1度は泊まりたくなる5棟の三角屋根のケビンがある。いずれもログハウス調の豪華な建物で、玄関の周りは凝った作りになっている。BBQ等は、芝生の前庭ですることができ、少しゴージャスなアウトドアライフを楽しむことができる。このケビンは、最大8人が収容できキッチン・バス・トイレ・テレビ・室内テーブル・屋外テーブル・椅子・ウッドデッキ・2段ベッド・ロフト・寝具・冷蔵庫・電磁調理器・ポット・炊飯器・電子レンジ・炊事道具そして冷暖房を完備している。ケビンは、自炊するホテルのようだ。前庭、専用駐車場(1台)と当然ケビンの周りにある。さらに5棟のうち1棟(A棟)は、バリアフリータイプ。さすが、朝日ヒスイ海岸オートキャンプ場の目玉施設と言われる事はある。定員8人でケビンのレンタル費が、¥15,750で利用できるのだからすごい。

ケビンの全景の画像49

ケビンの全景

ケビンの前庭も使えるの画像50

ケビンの前庭も使える

バリアフリータイプのA棟の画像51

バリアフリータイプのA棟

5棟のケビンがあるケビンサイトの画像52

5棟のケビンがあるケビンサイト

朝日ヒスイ海岸オートキャンプ場および周辺でのアクテイビティ

朝日ヒスイ海岸オートキャンプ場の周辺には、観光的な場所が少ないものの、キャンプ以外にも、海遊び、海水浴、ヒスイ探し、釣リ、日帰温泉など楽しめる場所が多くある。また、朝日ヒスイ海岸オートキャンプ場は、国道8号線の「たら汁街道」のど真中にある。朝日町のタラ汁は有名で、一度は食べてみたい一品だ。ここでは、キャンプ以外でのアクティビティの一部を紹介する。

ヒスイ探し

ヒスイ探しの画像53キャンプ場で誰もが、トライするだろうアクティビティがこの「ヒスイ探し」だと思う。ヒスイ海岸は、ヒスイの原石が拾えることでも有名海岸だけに多くの人がこの海岸にヒスイを求めてやってくる。ヒスイの原石は浜辺の石と混ざっているので、なかなか見つけられないのだが興味本位でトライしている人は多い。ヒスイの原石は、硬いので普通の小石よりも角張った形のものが多く表面は滑らかで重く感じるとのこと。そして、緑色のヒスイを思い浮かべるが海岸に落ちている原石は、白や灰色が多いとのこと。多くのホームページでヒスイの原石の探し方が紹介されているので、確実に拾いたい人は調べてみてはどうだろうか?「糸魚川のフォッサマグナミュージアム」では、拾った石がヒスイかどうかの鑑定を無料でしてくれるとのこと。

海水浴

海水浴の画像54

ヒスイ海岸での海水浴

夏であればキャンプ場の裏手にあるヒスイ海岸で海水浴やシュノケーリングが楽しめる。透明度は高くきれいな水質だ。しかし、ヒスイ海岸は遠浅ではなく海岸から数メートルで急に深くなってしまうのでテトラポットの内側で海水浴を楽しむことをおすすめする。

日本海の夕日

日本海の夕日の画像55

日本海の夕日

東西約4kmに連なるヒスイ海岸。夕暮れ時には、夕日に染まる美しい海岸線を見ることができる。サンセットビーチとしても人気が高いヒスイ海岸の夕日を楽しむのも朝日ヒスイ海岸オートキャンプ場のアクティビティだ。

投げ釣り

ヒスイ海岸での投げ釣りの画像56

ヒスイ海岸での投げ釣り

ヒスイ海岸で海に向かって投げ釣りを楽しむのいい。正直なかなか釣れないが?ヒスイ海岸では、投げ釣りではシロギス、カレイがターゲットらしい。いずれも遠投が有利なので本格的な投げ竿を用意する方よいとのこと。海岸からリール竿を使って仕掛けを遠くへ投げるだけで、気持ちがいいものだ。

防波堤釣り

宮崎漁港での防波堤釣りの画像57

宮崎漁港での防波堤釣り

キャンプ場から車で数分のところに「宮崎漁港」がある。宮崎漁港は、朝日町にある漁港で富山の漁港の中では一番東に位置する。ここでは、夏はサビキ釣りでアジ、堤防外側のテトラ帯はアオリイカ、メバルなどが釣れる。とにかく釣り竿を垂らせば、子どもでもベラなどの小さな子魚が釣れるので楽しい。

タラ汁

栄食堂のタラ汁の画像57

栄食堂のタラ汁

富山県の朝日町と言えば「タラ汁」だ。朝日ヒスイ海岸オートキャンプ場は、タラ汁の店が多数並ぶ国道8号沿いの「たら汁街道」のど真中。キャンプ中のどこかでこのタラ汁を食べてほしい。新鮮なスケトウダラを、頭から一匹丸ごとぶつ切りにして入れ味噌のコクのある味つけがされたタラ汁は格別。写真は、年季の入った鍋で出てくる栄食堂のタラ汁。キャンプ場近郊のタラ汁が食べれる店は、境自治振興会のたら汁街道で紹介されている。

日帰温泉

さざ波温泉 みずしま の画像59

さざ波温泉 みずしま

キャンプ場から車で5分程度、徒歩約10分~15分程度のところに日帰温泉の「さざ波温泉 みずしま 」がある。天然温泉の露天風呂とヒスイ風呂がある。 小さい露天風呂なのだが日本海が一望でき気持ちいい。キャンプ場の管理棟で、割引券を購入することができる。ここは宿泊もできるのでキャンプ後の宿泊にも使える。 さざなみ温泉 みずしま(旧:朝日さざ波温泉 地中海) icon

日帰温泉

、露天風呂「蓮華の湯」(ホテルおがわ)の画像60

露天風呂「蓮華の湯」(ホテルおがわ)

キャンプ場から車で約30分のところに、黒部川支流が流れるひなびた雰囲気の秘湯の温泉宿「小川温泉元湯 ホテルおがわ」がある。ここの温泉もまた日帰入浴ができる。ここの野趣あふれる多彩な露天風呂は、秘湯が好きな人の間では人気がある。特に、露天風呂「蓮華の湯」(冬季閉鎖)は、野趣あふれる天然記念物の「洞窟風呂」なのだ。ここの日帰り入浴は、9:00~14:30なので気をつけて欲しい。キャンプ場の管理棟に、入浴料金が半額になる券が置いてあるので必ず持って行ってほしい。小川温泉元湯 ホテルおがわ icon

STARBUCKS COFFE 富山環水公園店

さざ波温泉 みずしま の画像59

STARBUCKS COFFE 富山環水公園店

キャンプ場から車で1時間かかる所に、スターバックスコーヒー富山環水公園店がある。番外的な紹介なのだが、この富山環水公園店は、世界中のスターバックスの店舗の美しさを競うストアデザインコンテストで2008年に最優秀賞を獲得した。世界に約2万店舗もあるスターバックスの中で最も美しいという店舗と評価を受けた店だ。「世界一美しいスタバ」を一度見てみたく行ってしまった。大混雑していて人気があり、確かに富山環水公園の景観が見えてすばらしいのだが、個人的には諏訪湖SA(上り)の方が良い景観のような?


スポンサーリンク

ページの先頭へ