川遊びは、自然を満喫するアクティビティだ!!

川遊びの画像01

川遊びは、遊べる川が近くにある子ども達にとっては、夏の自然遊びの代表格だろう。逆に、遊べる川が身近にない子ども達にとっては、海水浴よりもあまり身近に感じない夏の遊びなのではないだろうか?「川遊び」は、住んでいる場所や環境によって身近であったりなかったりする自然の遊びだと思う。海水浴場は、海の家が臨時的に設けられ監視員も常駐し、海で安全に遊べるように夏の海岸を変えていく。しかし、川の遊び場は、海水浴のように川の家が設けられたり、川遊びをするために川が整備されることは少ない。このことが「川遊び」を海水浴よりも身近に感じない遊びにしてしまっているのかもしれない。

「川遊び」は、海と比較すれば水が冷たく流れがあり、遊ぶ場所を選ばなければいけないが、安全な場所で遊べば、川と言う自然をより感じることができる楽しいアクティビティになる。私の家は、幸いにして車で30分~1時間程度の範囲に川遊びができる場所が多くある。夏前になると必ず数回は川遊びに行き、海とは違った水遊びを楽しんでいる。特に、バーベキューを楽しみながらの川遊びは、夏ならではの遊びだと思う。川にも、魚をはじめとした多くの生き物がいる。これらの生き物を採取するのも、川遊びの楽しみだ。また、川下りのような遊びや大きな岩からの飛び込み遊びは、川遊びの魅力を高めてくれる。今の子ども達は、貴重な自然体験をできる川から遠ざけられてしまっているのかもしれない。身近に子どもが自由に遊べるきれいな川が多く復活し、多くの子ども達が川に帰ってきて欲しい。海にも負けない川の遊びを、一度は子どもに体験させてあげたいと思う。

川での遊び方

川遊び(1)の画像2

神奈川県愛川町にある田代運動公園前の中津川河川敷

子どもにとって川は、おもしろい遊び場になるに違いない。ひとたび足を川につければ、そこから川遊びの第一歩がはじまる。最近では、「川の滝のぼり」「沢のぼり」などの「キャニオニング」、大きなゴムボートに6人前後で乗り込み、力を合わせて川を下る「ラフティング」、川を自由に散歩するかのように漕いで行く「カヤック」などさまざまなな川のアクティビティが開催されている。これらのアクティビティは、右で紹介しているので参考として欲しい。本ページでは、子どもと気楽に楽しめる簡単な遊びを「川遊び」として位置づけ紹介していきたい。ここで紹介する「川遊び」は、子どもとの遊び方を中心に川とのふれあいの原点である川の中に入り、川と戯れる遊びや川の生き物とのふれあいを紹介する。

川で泳ぐ

川遊びの原点は、やはり「泳ぐ」こと。はじめは川の冷たさを感じるだろうが、しだいに慣れてきて川で泳ぐことの楽しみがわかるはずだ。川はプールと違い、流れの速い場所やゆるやかな場所があることがわかるはず。これこそ、川が自然そのものであることだとわかる。

川遊びの画像3

川で泳ぐ風景

川遊びの画像4

流れがあるのが川の特徴

川の流れが、浮き輪遊びを楽しくさせる原動力。

川遊びの画像5

浸かるだけでも楽しい

浅い川の中に入るだけでも、十分に楽しい。

川遊びの画像6

岩からの飛び込み

岩からの飛び込みは、子ども達の度胸試し!

川での生き物採集

川の中をのぞけば、川の生きものたちの姿を見ることができる。生きものを捕まえて遊ぶことも川遊びのひとつだ。渓流でのサワガニ取りや水生の昆虫さがし、中流の岸辺や小川では、網を使ってみると多くの生きものを採取することができるだろう。

川での生き物採集の画像7

川での生き物採集

川での生き物採集の画像8

川の中をのぞく

川の中をのぞけば、泳いでいる魚が見えることができる。

川での生き物採集の画像9

カワムツとドジョウ

川で普通に見られる「カワムツ」と「シマドジョウ」。

川での生き物採集の画像10

サワガニ

川岸での草もとにサワガニがいた。川にも、カニはいる。

川遊びでの、注意事項

川遊びの画像11

川遊びにも、ある程度のルールがある。川は、海水浴と違い監視員がいることが少なく、自然そのものの反面、自分自身がしっかりと川の危険を頭に入れておくことが肝心。ここでは、川という自然の魅力を楽しむために必要な基本的な注意点を紹介したい。川遊びをするときには、以下のことを必ず頭に入れて子どもと安全に川で遊ぼう。事故にあってしまえば、川そのものが子どもにとっても親にとっても二度と見たくない自然の一つになってしまう。そうならないように以下の注意点を必ず頭に入れて遊んで欲しい。

川遊びの諸注意

キャンプの虫対策の画像02

【天気と川遊びの場所選び】
*前日までに、上流の地域に雨が降ったか、その雨量はどのくらいかを調べる。
*川遊びの日に雨が降るかどうかを調べる
*見通しの良い場所を選ぶ。
*休憩場所が確保できる場所で、可能ならば、日陰が欲しい。
*可能な限り、トイレが近くにある場所を選ぶ。
*下流(100~200m先)に、滝などの危険箇所がないこと。
*上流にダムなどの放流施設があれば、放水時間を把握する。
*放流情報案内板があれば、ベスト。
*人工的につくられた一段程度高い階段状の堰堤などの障害物がある場所は避ける。

【服装】
*水を多く吸収しない化学繊維の服や水着を着用
*遊び方にもよるのだが、ライフジャケットを着用しよう。
(逆に、浮力が危険なこともあるので着用は、遊び方、状況しだいで判断して欲しい。)

*ヒモのないシューズorウォ-タシューズを履く。ビーチサンダルは厳禁。

【川の水位、流れに気を配る】
*水位の変動に注意する。川遊び開始時の水位をしっかり覚えておく。
*上流域で雷雨が起きたら鉄砲水の可能性を思う。
*上流からに急にごった水が流れてきたときは、鉄砲水の前触れが高い。
*川の流れは複雑。おだやかに見えても流速が大きく、足をとられるので川の流れを読む。
*淵は、流れが緩やかでも急に深くなっているので気をつける。
*自然に手を加えたら、必ず元に戻す。

【健康】
*熱中症に気をつける。
*くちびるなどが紫色になったら、低体温症の可能性があるので、体を温める。
*当然だが、寝不足や体調不良の場合は、川に入らない。

スポンサーリンク

ページの先頭へ