大きな渓谷の岩にできあがった魚飛渓の天然すべり台

川遊び(5):魚飛渓の天然すべり台を滑るの画像01

魚飛渓の天然すべり台を滑る

三重県紀北町にある孫太郎オートキャンプ場でキャンプをした際に、近隣にある「道の駅 紀伊長島マンボウ」に行った。この「道の駅 紀伊長島マンボウ」の横に「紀北町観光協会」がありふと受付で「銚子川で遊ぼう」と言うパンフレットを見かけた。そのパンフレットに写っている川の透明度がすばらしく、さらに渓谷の岩の間にできた「天然のすべり台」があるとのことですぐに行きたくなった。孫太郎オートキャンプ場からは30分もかからない場所とのことでさっそく銚子川へ・・・。実は「天然のすべり台」がある場所は、紀勢自動車道の海山インターから15分程度の紀北町を流れる銚子川の支流・又口(またぐち)川にある魚飛渓(うおとびけい)にある。魚飛渓は、巨岩・奇岩と水と緑が織り成す渓谷で抜群の透明度を誇る水が美しい景勝地でもある。本流の「銚子川」は、全域が透明度の高い川で生き物が豊富なことから「奇跡の川」とも言われる。魚飛渓の「天然のすべり台」も、川に対する子どもの遊びごころを充分に発揮させてあげられる場所だ。私たちはヘルメットをわすれてしまい危ない思いをした。魚飛渓の「天然のすべり台」で遊ぶならばヘルメットとライフジャケットは必須だ。魚飛渓の「天然のすべり台」に行く前に必ず下でリンクしている「銚子川魅力発見マップ(紀北町役場ホームページ)」のカタログを見て安全に子どもと川で遊ぼう!

アイコン1の画像銚子川魅力発見マップ(紀北町役場ホームページ)

魚飛渓のサルマ渕での川遊び

天然のすべり台がある「サルマ渕」の画像02

天然のすべり台がある「サルマ渕」

銚子川や支流の又口川は、子どもをはじめ大人も夢中になれる川遊びスポットが多く点在する。夏には、川への飛び込み、ターザンロープや川泳ぎなど多くの川遊びができ多くの子どもたちでにぎわう。その中でも1番人気はやはり「天然のすべり台」だ。清流に削られた滑らかな岩は、まるでスライダーのよう。岩の表面を流れる冷たい水とともに、約3メートルの落差を滑り落ち、子どもたちにとっては度胸試しの遊び場になっている。自然体験ツアーなどでも使われている。自然体験ツアーを開催する「きほくふるさと体験塾」の問い合わせは(0597・46・3555)へ。

魚飛渓に着いたとたん・・・ビックリ・・・川底に泳ぐ多くの魚が川面からまる見え。半端ない透き通った川は確かに「奇跡の川」だ。川底に泳ぐ魚をここまで見たのははじめて・・感激!!魚飛渓がる支流の又口川も含め銚子川の色は「銚子川ブルー」とも言われる深い場所の色はすばらしい透き通ったエメラルドグリーン。魚飛渓(うおとびけい)と言う名も、川にアユやアマゴが跳びはねていたことからこの名が付いたと言われる。 大台ケ原を源に熊野灘に注ぐ銚子川は、全長約17キロで、川遊びのできる場所は下流の便ノ山橋から上流の支流の又口川の魚飛渓までの約5キロの区間に点在するとのこと。 魚飛渓の大きな石は上流から流れてきたものではなく、岩の割れ目にそって水が流れ浸食風化されてできたと言われている。本来は、「種まき権兵衛の里」や「キャンプinn海山」で日本有数の透明度を誇る三重県紀北町海山地区に流れる「銚子川」での川遊びを体験した後に、上流の魚飛渓「天然のすべり台」を目指すの人が多い。今回は時間がなく天然のすべり台がある「サルマ渕」のみでの川遊びになってしまったが、次回は、又口川の川遊びポイント「千畳敷」「砂碁」「にんがら渕」や銚子川の川遊びポイント「三つ石」「神取」「湯口」での川遊びを楽しみたい。

魚飛渓の天然のすべり台

サルマ渕には、天然のすべり台が3つある。一番人気の落差3mの天然すべり台には、2ヶ所の滑り口がある。もう一つ奥側に、平らな岩盤の落差が少し低い天然のすべり台がある。こちらも人気があるようだ。どれもはじめは怖い?再び言いますが、私たちはヘルメットをわすれてしまい危ない思いをしましたが、「天然のすべり台」で遊ぶならばヘルメットとライフジャケットをお忘れなく。

慣れてくると岩から3m下の川飛びもの画像06

慣れてくると岩から3m下の川飛びも

3m落差の天然滑り台は二つあるの画像03

3m落差の天然滑り台は二つある

奥側にある少し低い天然すべり台の画像05

奥側にある少し低い天然すべり台

プールにあるスライダーのようの画像04

プールにあるスライダーのよう

「サルマ渕」の川中もすごい!

川中には、アユとカワムツが目の前を泳ぎまくり!

サルマ渕の川中をシュノーケリングでのぞいてみた。のぞいた瞬間、あふれんばかりのアユやカワムツが川の中を泳いでいた。川の中で泳ぐアユを見たのは初めて。これ・・感動もの・・・。川の中の雰囲気を感じ取ってもらうためにYouTubuに上げたので見てください。アユ、カワムツ以外には、アユカケ、ルリヨシノボリ、アマゴ、ヒラテテナガエビ、ゴクラクハゼ、ボウズハゼ、カマツカ、チチブ、ヌマチチブ、オイカワ、ウグイ、シマヨシノボリなどが見れるとのこと。

「サルマ渕」の川中の画像07

「サルマ渕」の川中

アユの画像08

アユ

カワムツの画像09

カワムツ

ボウズハゼかなぁ?の画像10

ボウズハゼかなぁ?

「サルマ渕」の川中を覗いてみよう!

スポンサーリンク

ページの先頭へ