一度は体験してみたい氷上ワカサギ釣り:群馬県 赤城大沼

群馬県 赤城大沼での氷上でのワカサギ穴釣り。(2016/02/07)の画像01

群馬県 赤城大沼での氷上でのワカサギ穴釣り。(2016/02/07)

真冬の凍った湖の上に小さな穴を開けて、釣り糸を垂れる氷上ワカサギ釣りだれもが一度は体験したい冬のアクティビティだ。今回、群馬県の赤城大沼で我が家も待望の氷上ワカサギ釣りに挑戦。ワカサギ釣りは、凍った湖の上での氷上釣りを想像する人が多いと思うが、実際にはボート釣りやドーム船に乗って釣る方が多い。子どもとワカサギ釣りを楽しむには氷上ではなくこちらのボートやドーム船で体験した方が楽であることには違いないのだが、人間の性なのか?冬の風物詩とも言える氷上ワカサギ釣りを体験したい・・・。関東では、氷上ワカサギ釣りがあまりできないと思われている人も多いと思うが、実は何カ所かで氷上ワカサギ釣りができる。暖冬の年には、氷上ワカサギ釣りの解禁が遅くなる場合もあるが、今回は首都圏から比較的アクセスがいい群馬県の赤城大沼での氷上ワカサギ釣りに挑戦。赤城大沼でのワカサギ釣りは、9月から11月までがボート釣り(舟釣り)で、その後寒気が訪れ、湖が凍る1月ごろあたりから氷上ワカサギ釣りが解禁となる。2018年は、昨年とぽぼ同日に氷上ワカサギ釣りが解禁され1月9日午前午前6時半に解禁された。3月下旬まで楽しめる見通しとのこと。2018年2月3日(土)には赤城大沼周辺で「赤城山雪まつり」が開催された。

氷上ワカサギ釣りの防寒対策

氷上ワカサギ釣りは、防寒対策こそが釣果への第一歩。凍った湖面での釣りは、その寒さが尋常ではなくテントや徹底した防寒対策が必須。手袋をしないで立っているとすぐに手が動かなくなるほどの寒さを感じる極寒状態だ。釣りざおやテントなどは、レンタルされていて困らないと思うが、防寒対策は事前に自分でしっかりとしておきたい。赤城大沼のこの時期は、マイナス15度~20度位まで冷え込むこともあり、「赤城おろし」と呼ぶ風も吹きその寒さは群馬県内のワカサギ釣場でも1、2の寒さ。わが家族は、ホッカイロにスキーウエア、スキーグローブ、スノーブーツ、帽子、ネックマフラーと完全防寒。(本来は、グローブは、餌づけなどもあるので指先に穴があいているグローブが推奨とのこと。)とにかくスキー場の寒さではなく、オーバーに言って南極のような寒さだ。これは、体験するとわかるとかと思う。風が吹いてきた時は、それはすごい!! また、ワカサギ釣りも夜明けがベストタイム。バンバン釣るには、それなりの経験と準備が必要であることを今回身をもって体験した。私たちは、午前10:00から14:00の4時間挑戦したが釣果は、たったの1匹。初心者はこんなものかと?

なかなか釣れないワカサギの画像02

なかなか釣れないワカサギ

テントの中でワカサギ釣りを楽しむの画像03

テントの中でワカサギ釣りを楽しむ

※本地図は、Googlemap共有マップから引用。引用日:2016/02/11

赤城大沼の氷上ワカサギ釣りのようす

私たちが行った2016年2月7日時の赤城大沼の氷上ワカサギ釣り解禁エリアは、湖の中央から西側全体の沼尻地区と東側よりの北側の一部大洞エリアが解禁場所だった。沼尻地区の方が広いのだが、グリーン荘を利用したので近くの大洞エリアで氷上ワカサギ釣りを体験。入漁券は、大人が1日券で700円、2016年から中学生も無料になったとのことで中・小学生以下は無料となる。

今回お世話になったグリーン荘の画像04

今回お世話になったグリーン荘

遊漁証取扱所はいくつもあるのだが今回は、入漁券、テント、釣竿、仕掛け、エサをグリーン荘さんでレンタルした。HPに10%の割引があったので安くレンタルできた。(2017年度も実施中)

赤城大沼では有名な青木別館の画像05

赤城大沼では有名な青木別館

赤城大沼湖畔での宿泊、お食事、貸ボート、ワカサギ釣り道具レンタルなどで有名。青木旅館・青木別館は、インターネットで適時、ワカサギ釣りの情報を発信している。

湖の道路も凍っている!の画像06

湖の道路も凍っている!

湖が凍っているので当然なのだが、湖に行くまでの道も凍結。スベル、スベル。風が吹くとその寒さは想像を越える寒さ。冷蔵庫の中にいるようだ。

テントを引っ張りいざ出陣の画像07

テントを引っ張りいざ出陣

レンタルしたテントやアイス・ドリルを引っ張って釣り場に凍った湖面の上を歩く。南極に来たような錯覚に陥る。テントには、ソリの板がついているので運びやすい。

アイス・ドリルの使い方を教わるの画像08

アイス・ドリルの使い方を教わる

グリーン荘の方に、アイス・ドリルの使い方を教わる。ポイントは、ドリルを支える上の手と下の手の両方の手を動かしドリルを回すこと。最初は大抵、上の手が止まる。

穴が空いたら網で氷をすくうの画像09

穴が空いたら網で氷をすくう

穴が開いたら穴よりも少し小さい網で穴に浮いた氷を取り出す。釣りをしていてる間も、氷が出てきてくるのでこの網で取り除く。

テントを開き中に入るの画像10

テントを開き中に入る

今回は、イスもついているファミリー用テント(4名)をレンタル。(4000円/日)。若干の狭さはあるが風がさえぎられ温かい。テントなしでは居られない。

穴も3つ空け、ワカサギ釣り開始の画像11

穴も3つ空け、ワカサギ釣り開始

テントの中で、3つ空けた穴からいよいよワカサギ釣りを開始。はじめは期待がふくらみ糸をたらすのだが・・・・果たして釣果は?

1時間たっても釣れず・・お疲れモードの画像10

1時間たっても釣れず・・お疲れモード

釣り開始から1時間たったが、まったく釣れず。そろそろお疲れモードがテントの中に充満する。

釣れなくてもガンバル弟の画像13

釣れなくてもガンバル弟

1時間半たっても1匹も釣れず。しかしながら、下の弟は相変わらず釣り糸をたらしてがんばっている。性格がでる?

ついにワカサギ君登場の画像14

ついにワカサギ君登場

15cm程度のりっぱなワカサギだ!の画像15

15cm程度のりっぱなワカサギだ!

待望のワカサギが釣れる

釣り開始から2時間、待望のワカサギが釣れた。いままでびくともしなかった竿が下に向かってゆがんだ。ゆっくりと糸を引き上げると待望のワカサギ君が1匹釣れた。これでボウズはなくなった。釣れた瞬間は一瞬、全員が寒さを忘れる感動。・・・・がしかしその後2時間程度挑戦したが後にも先にもこの1匹だけだった。
ワカサギ釣りが初めての人は、なかなか思うように釣れないのも氷上の釣りでは、めずらしくない。まずは、最初の1匹を釣るのを目標としあきずに丹念に誘いを繰り返しアタリを習得しよう。今回は、昼時ということであまり釣れない時間帯。釣れる場所も重要で、どんなに腕のいい釣り人でもまずは今日の釣れる場所を探すのが最初にやることとのこと。釣れる時間帯もほぼきっていて朝と夕方。朝なら5時、6時と言ったところ。夕方なら4時ぐらい。今回は、はじめてなのと子どもへの朝晩の冷え込みが気になり釣れない時間帯をわざわざ選んだのだが、次回は釣れる時間帯に来ようと思う。当たり前なのだが、子どもは釣れた方が楽しい。

釣れなくてもこの光景は一度は体験したいの画像16

釣れなくてもこの光景は一度は体験したい

大洞エリアの南側の画像17

大洞エリアの南側

赤城大沼へ行く場合の注意

赤城大沼は、首都圏からも比較的アクセスがよく日帰りもできる場所なのだが、ひとつ注意して欲しいことがある。赤城山は、降水量は少ないが1月、2月には月間平均気温が0度を下回る。結果的に赤城大沼へ車で行く場合の途中の道は、積雪と言うより、凍結しているカ所が多い。赤城大沼の標高は約1300m前後で、県道4号線のみが通行できる。標高1,000メートルから積雪や凍結がありスタッドレスタイヤ、チェーンなどの装備は必須。カーブの多い圧雪、凍結の山道を慎重に運転することになる。以前は有料道路で除雪、凍結防止の処置がされていたようだが、今は無料になり放置状態。4WD車ではない車や雪道になれていない人にとっては、厳しい道だ。相当神経を使って運転しなければならない。 雪道の運転に自信がない人や車の装備に自信がない人は、 「富士見温泉駐車場」から赤城山直通バス(11月1日~3月末 土日祝日※有料)が運行している。このバスを利用するのも手だ。帰りも、温泉でリフレッシュできる。バス停は赤城山大洞で、富士見温泉~赤城山大洞は、通常運賃で往復2,400円。ただし、朝早く到着するバスがない。

アイコン1の画像関越交通 赤城山直通バス運行情報

アイコン1の画像富士見温泉 見晴らしの湯ふれあい館

スポンサーリンク

ページの先頭へ