子どもとの海外旅行プラン作り(1)の表紙イメージ画像

「子どもとの海外旅行プラン作り」サイトについて

ShizenGgateの旅プランって何?・・・・このコンテンツは、皆さんが子連れ海外旅行計画をする際に何かお役に立てることはないかと考えて立ち上げてみました。私の二人の子どもが幼児(2歳~6歳)のときに、海外旅行に行った時の苦労を中心にご紹介したいと思います。
「子どもとの海外旅行プラン作り」は、「子ども連れでレンタカーまたはキャンピングカー移動」を大前提にしています。言いかえれば、車で自由に移動できるプランを自ら考えて自ら実行する人向けの海外旅行プラン作りです。 ところどころに、「ここまでやるの?」と思う部分があるかと思いますが、そこは皆さんが判断して自分なりのプランを立てていただければ幸いです。また、私が書いていることがすべて正しいとは限らないので皆さんなりのプラン作りを進めてください。このコンテンツの内容は、あくまでご参考に・

海外旅行プランポリシー

海外旅行プラン11の画像

最初に皆さんにお伝えするのは、私の海外旅行プランポリシーです。私の海外旅行プランポリシーは、「家に安全に帰ってくること。」「日本人は、海外では外国人。」のたった2つです。私が約7年間、海外駐在した経験からこのポリシーが生まれました。
一つ目の「家に安全に帰ってくること。」は当然ですが、プラン作りにこのポリシーがあるのとないのでは全然違う。本Shizengateの海外旅行プランは、安全と余裕を考えた子ども連れ向のプラン作りを紹介します。また、プランの終了は、日本に着いた空港ではなく「家」に着いた時であることも大事な考えです。
二つ目の「日本人は、海外では外国人。」も、当たり前だろうと言われるポリシーと思いますが、ほとんどの旅行者はこの意味を理解しているのでしょうか?多くの海外旅行ガイドブックが発行され、膨大な情報を得られる時代ですが、生活経験は身につきません。海外旅行者は、外人旅行者であることを自覚することからはじまると思います。

【海外旅行プランポリシー】

  • 家に安全に帰ってくること。
  • 日本人は、海外では外国人。

どこに、いつ行くの?(行き先、仮日程の決定)

あまりにも当たり前のことだが、日程が決まらないで計画する人はこの世にいない。航空券や宿泊のからみもあるのでまずは、可能な仮の日程期間を決めることから、プラン作りは始まります。日程を決めるときに、まず頭に浮かぶのは?

  • いつ休めるのか? いつ行けるのか?
  • どれくらいの期間休めるのか?

行き先(目的先)が先か、日程が先かは人によって違うと思いますが、どちらもはじめに決める第一ステップです。 数時間で行けてしまう海外旅行は違うかもしれませんが、子ども連れの海外旅行は、7日間以上は最低確保したい・・・(言い過ぎか?)確かに「会社に勤めているので、こんなに長く休めるはずがないだろう!と怒る人もいるかと思いますが、環境、文化が違う海外で小さな子どもと過ごすことを考えると少し余裕を持ちたい。 これら2点を、頭に浮かべながら次のことを考える。

  • 目的先の国の祝祭日はいつ?
  • 目的先の国の街のお店の営業時間や生活時間帯は?
  • 目的先の国の交通機関は、どのような運用(運行)になっているのか?
  • 到着後の宿泊先、移動手段は確保できるか?
  • 目的国の治安状況は?
  • 目的地の渡航情報、危険情報は確認した?
  • レンタカーを借りる場合は、何日目から大幅な値引きがあるのか?
  • 他、大きな催し等が影響して通常とは違う生活サイクルになっていないか?

と日程を決めるのにも、さまざまな情報を事前に得る必要があると思う。 これらの情報は、目的地に関するいくつかのWeb閲覧で調べてられる。
まぁ、考えずに「ここしかないので、日程は決まり。」も当然ひとつの方法だけど!  私の友達に、「目的地に着いたら、お店が全部閉店していた。」と言うかわいそうな人もいた。
また、旅行のコストや航空運賃を下げたい人は、出国や帰国を休祭日からはずしたり、航空券代が安い日を、出国や帰国にするのも手だね・・・・・・
w私は、航空券が安く手に入る時期をファーストプライオリティにいつもする。また、高いホテル等に泊まりたい時は、そのホテルの宿泊を平日やキャンペーン期間に持ってくる。これらを検討してから、会社に休暇届を出すやり方をしている。私のプランニング平均期間は、6ヶ月以上なので仕事の調整も結構できる。いろいろ書いたけど、これらを考えて日程を決めたい。

海外旅行プラン11の画像
  • ポイントの画像
  • ①目的先国の生活情報を調べる。
  • ②渡航情報を必ず確認する。
  • ③多くの余裕を持つ。
  • ④旅行予算を考える。

このページの先頭へ