三浦半島 剱崎

※本文の音声ガイドは、バーをクリック。

自然の造形美あふれる剱崎(2017/07/23)大潮 曇りの画像01

自然の造形美あふれる剱崎(2017/07/23)大潮 曇り

ロケーションガイドの第二十二弾は、剱崎(つるぎざき)です。剱崎は、神奈川県三浦市南下浦町にある三浦半島の東南端に位置する岬で、かながわの景勝50選に指定されています。地元の人たちの中には、「けんざき」とも呼ばれています。 剱崎は、県道215号線から脇道に入りすれ違いができない狭さの農道を突き進みます。アクセスがあまり良くないので訪れる人は多くはないようですが、三浦岩礁のみち(三浦半島の南岸を約11km)の起点でもあり、日本で3番目にできた剱崎灯台があり三浦半島の景勝地になっています。明治4年に建てられた剱崎灯台は、東京湾に入ると一番最初に見える灯台で有名なのですが、こじんまりした灯台で、観光地らしい施設もなくひっそりと建っています。 この剱崎灯台の下が、白の凝灰質泥岩と黒の火山砕屑岩が互いに層をなす縞模様の海岸になっていて、自然の造形美あふれる剱崎の海岸です。剱崎は、切り立った断崖が続くリアス式海岸で磯釣りのメッカにもなっています。 剱崎は、潮が引くとタイドプール(潮だまり)が多く出来上がり、カニなどの磯の生き物を多く見ることができます。磯遊びには、おもしろい場所だと思います。しかし、磯の岩場の起伏が激しい場所もあり転ばないように注意する必要があります。また、切り立った断崖が続くので崖崩れなどにも注意したい場所です。正直、波が高い外海と面しているのでシュノーケリングにはおすすめしないのですが、一部わずかにシュノーケリングが楽しめる30メートル四方の内湾ポイントがあります。ここ以外は、外海に流されやすいので危険かと思います。駐車場は、剱崎、剱崎灯台に行く手前あたりに駐車場があります。私営なのかもしれませんがゴミが多く置かれている怪しげな駐車場なのですが、駐車場自体は土で広々していて1日700円でした。細い狭い道を磯の方に進めば、数台の車が止められる場所があると聞きましたが、道が細くて狭く荒れている道なので、車の人はこの私営の駐車場がいいと思います。不便なところなのですが、自然が作り出す奇岩を見ながら磯遊びができる場所として、おもしろい場所だと思います。

剣碕の磯から見る剣碕灯台の画像02

剱崎の磯から見る剱崎灯台

磯遊びがおもしろい磯の画像03

磯遊びがおもしろい磯

ロケーション説明

ポイント名:三浦半島 剱崎

タイプ とがった岩礁に広がる磯
磯遊び
シュノーケル ×
混雑度 少な目
子ども
幼児 ×
施設 なし
生き物 普通
海の透明度
タイドプール 中・小
外海 東京湾
駐車場 私営駐車場が、徒歩15分程度にあり
トイレ・シャワー トイレが徒歩5分程度のところにあり。シャワーなし。

ポイント紹介

剱崎の磯遊びポイントの画像04

剱崎の磯遊びポイント

剱崎は、景観を楽しむ場所。シュノーケリングや海水浴が楽しめる場所ではありません。。しかし、干潮時間帯には、面白い磯が現れ磯遊びは楽しめます。先にも記述しまたが、安心してシュノーケリングが楽しめる場所は、干潮時の一部、30メートル四方の内湾ポイントのみです。

剱崎の磯

剱崎に降りた地点の磯の画像05

剱崎に降りた地点の磯

駐車場があり小道から山肌を降りて最初に着く剱崎の磯。特有の岩が広がり、干潮時には海が引き、磯遊び場になる

剱崎灯台の下の磯の画像06

剱崎灯台の下の磯

剱崎灯台の下の磯も比較的平坦な磯が続く。小さなタイドプールもあるので磯遊び場になる

海側に近い磯の画像07

海側に近い磯

海側に近い磯は、切り立った岩があり注意が必要だが、干潮時は、おもしろい磯遊び場になる

海側の磯の画像08

海側の磯

南寄りの海側の磯は、磯遊び場になる。しかし、外海からの波が高い時は近寄らない方が安全だ。

剱崎の岬手前の磯の画像09

剱崎の岬手前の磯

剱崎の岬は、少し高台になっている。この岬手前の磯は、切りだった高い岩が多いが中規模のタイドプールがあり絶好の磯遊び場になる

海側は意外に深いの画像10

海側は意外に深い

海側に岩で遮られたタイドプール的な内湾が干潮時にできるが、深さが1m以上になり意外と深いので気を付けたい。

高い岩の底に多くの生き物がの画像11

高い岩の底に多くの生き物が

剱崎の岬の手前の磯には、浅いタイドプールがあちらこちらにできあがる。磯の生き物は、岩の下に寄り添いながらいることが多い。

タイドプールの画像12

タイドプール

このようなタイドプールが干潮時にはあちらこちらにできる。海藻とカニ、ヤドカリなどが多く生息している。ハゼやイソエビなどが多くいて網ですぐにすくえる。

見るからにおもしろい磯遊び場の画像13

見るからにおもしろい磯遊び場

剱崎の地層が丸見えの岩と海のコラボーレーション。いかにも磯の生き物がたくさん潜んでいるようなおもしろい岩場だ。

網を入れるとさまざまな生き物が入るの画像14

網を入れるとさまざまな生き物が入る

タイドプールに網を入れると様々な生き物が入る。基本は、ハゼやアナハゼ、カニなどが中心。危険な「ハオコゼ」も入ってしまうので注意。

剱崎の岬に向かう途中の岩の画像15

剱崎の岬に向かう途中の岩

大きな岩盤の上にも、タイドプールがあった。干潮時間以外は、ここに海や波がかぶったりするのだろう。

洞窟の前で磯遊びの画像16

洞窟の前で磯遊び

洞窟の前に広がる磯で、磯遊びができる。自然が創り出した芸術ともいえる岸壁がすごい。

剱崎の岬

剱崎の岬の画像17

剱崎の岬

剱崎の岬は、写真のように白の凝灰質泥岩と黒の火山砕屑岩が互いに層をなす縞模様の海岸になってる。海より一段高い場所なので釣り人たちが多くいる。

流れるような岩の自然美の画像18

流れるような岩の自然美

長年、波と風によって今のような岩盤模様ができたのだろうか?色、質が違う岩の互層でできプレートの衝突で堆積した地層らしい。

岬の南側の画像19

岬の南側

岬の中央の画像20

岬の中央

シュノーケリングができた場所

シュノーケリングができた場所の画像21

シュノーケリングができた場所

干潮時、剱崎の磯の一部に、波の影響がない小さな内湾ができていた。唯一シュノーケリングができた場所。

波がなく泳ぎやすい場所の画像22

波がなく泳ぎやすい場所

この場所は、波がなく泳ぎやすい。他のエリアは、波や沖側に流されるリーフカレントがありシュノーケリングはおすすめできない

チャガラの群れの画像23

チャガラの群

今回は、スズキ目ハゼ科の「チャガラ」の群れが目を引いた。赤く光るので海中ではとてもきれいに見える。

水中を彩るアカヒトデの画像24

水中を彩るアカヒトデ

今回は、水中に多くのアカヒトデがあちらこちらにいた。海藻の中で、ひときわ色鮮やかに目立っていた。

スポンサーリンク

ページの先頭へ