川岸キャンプを楽しめる約30万坪の広大なキャンプ場

※本文の音声ガイドは、バーをクリック。

ウェルキャンプ西丹沢は、神奈川県の丹沢湖の北側にある広大なキャンプ場です。敷地面積が約30万坪もあり、水が透き通っている中川の渓流沿いの山間部に、広大なキャンプフィールドが展開され川のせせらぎを聞きながら四季折々の自然環境の中でキャンプが楽しめます。バラエティに富んださまざまなタイプのオートサイト、コテージやキャビンをはじめ、露天風呂やドッグラン、釣り堀、天然プールなどの施設があります。初心者から本格派までさまざまなキャンパーのスタイルに合わせられるキャンプ場です。 サイトは、AゾーンからEゾーンに展開されゾーン別にさまざまな区画環境になっています。キャンプ場の端から端まで、車で10分程度はかかるのでキャン場全体を楽しむというよりはゾーン内を楽しむキャンプになります。露天風呂がある北端のAゾーンから南端にあるEゾーンまでは、歩いて20分以上はかかりますので車の利用が便利です。キャンプ場付近には、スーパーなどの買い出しができる店がありません。買い出しが必要な場合は、車で50分前後の大井松田IC近くのスーパーで買い込んでおくことをおすすめします。レンタル品や食材の一部、バーベキュー食材などは販売されています。季節により販売されていない時期があるかもしれませんので事前に確認が必要です。丹沢湖から中川温泉を過ぎキャンプ場に向かう途中の一部に、車のすれ違いができない区間がいくつかありますので注意が必要です。ウェルキャンプ西丹沢は、700サイト以上を確保できる大規模キャンプ場のため混雑期は、受付に長蛇の列ができ30分以上待たされたり、各施設が混んでいたりします。また、各ゾーンに、トイレ・炊事棟が一箇所しかありません。サイト場所によっては、トイレ・炊事棟が遠くなります。外灯もないので、手持ち電灯は必須になります。2014年に、川の中州でキャンプしていた家族が強い雨で急に増水した川を車で対岸に渡ろうとしたところ横転し父親以外の3人が亡くなった悲惨な事故がおきました。キャンプ場やキャンパー側の両方に原因があったとの事ですが、大事なことは、「キャンプは原則、キャンパーの自己責任部分がほとんどを占める」「川の増水など急な天候変化による環境変化は、キャンパーが自ら察知し対応しなければならない」ことを肝に銘じて楽しいキャンプをしてほしいと個人的には思います。ウェルキャンプ西丹沢は、都会からも近く身近に自然を楽しむことができるキャンプ場であることに変わりはありません。キャンパーのひとりひとりが、楽しいキャンプができるキャンプ場を大事にしていくと言うキャンパー自らの心がけに期待したいと思います。

今回利用したD2ゾーンの107&108番サイト(2018/10/13)の画像01

今回利用したD2ゾーンの107&108番サイト(2018/10/13)

人気があるBゾーンサイトの画像02

人気があるBゾーンサイト

外灯がなく夜はランタンの灯りのみの画像03

外灯がなく夜はランタンの灯りのみ

キャンプ場概要

ウェルキャンプ西丹沢

HP ウェルキャンプ西丹沢
個人評価 ★★★
環境 川岸
景観 ★★★★
施設 ★★★
区画 ★★★
サイト数

■サイト数:700サイト
■テントサイト料(3シーズンにより変動)車1台、1泊・4名以内
・ハイシーズン:7,880円(電源有)・6,8000円(電源無)
・オンシーズン:6,800円(電源有)・5,7000円(電源無)
・オフシーズン:5,320円(電源有)・4,320円(電源無)

営業時期 通年
コテージ・ログキャビン・ログハウス


価格は、3シーズンにより変動。
■5人用キャビン:12,000円(ハイ)9,200円(オン)7,300円(オフ)
■バンガロー付サイト:8,880円(ハイ)7,800円(オン)5,600円(オフ)
■コテージ:18,000円(ハイ)13,600円(オン)9,300円(オフ)
■ログハウス:48,000円(ハイ)35,000円(オン)25,000円(オフ)

サイト床土 芝生または土
買出の店 近隣なし
シャワー・お風呂 露天風呂あり。(大人540円・小人270円)
14:00~19:50 ※オフシーズン時間有
電源サイト 有り
売店 有り
入退場時間

■オートサイト:in11:00~17:00 out~11:00
■バンガロー付サイト:in11:00~17:00 out~11:00
■キャビン:in13:00~17:00 out~11:00
■コテージ:in13:00~17:00 out~11:00
■ログハウス:in13:00~17:00 out~11:00

直火 不可
車の出入り 21:00~車の入退場不可
ゴミ 分別し指定ゴミ箱へ
ペット 不可

サイト紹介

ウェルキャンプ西丹沢は、とても広くサイトもゾーンによってそれぞれが違います。ほとんどのゾーンにトイレ・炊事棟が1箇所ずつありますが、サイトの広さのわりには少なく感じます。サイト位置を選ぶ時に、景観ばかりに気を取られてしまうとトイレ・炊事棟が遠くなってしまうことがあるので注意が必要です。ゾーンは、北側から「インディアンゾーン」、「Aゾーン」、「Bゾーン」、「Cゾーン」、「D2ゾーン」、「Dゾーン」、「Eゾーン」の7つのゾーンに分かれています。

ウェルキャンプ西丹沢のサイトマップの画像

ウェルキャンプ西丹沢のサイトマップ

※本サイトマップは、ウェルキャンプ西丹沢のホームページ「施設案内マップ」より引用させていただいています。引用日:2018/11/04

Aゾーン

Aゾーンは、キャンプ場の北側にあるゾーンで、18サイトの電源付きオートサイトと4つのキャビン、二つのコテージからなります。川岸の高台にあり川を見下ろすことはできませんが、露天風呂や売店、トイレ、水場が近くにあり電源を利用したいオートキャンパーに人気があります。Aゾーンには、BBQ広場、ドッグランや貸切霧家族風呂がある「センターハウス」や卓球スペースがある「かもしかホール」があります。

アイコン1の画像Aゾーンマップ(ウェルキャンプ西丹沢受付にて配布されているマップ図:2018/11/04)

Aゾーンの電源付きオートサイトの全景の画像05

Aゾーンの電源付きオートサイトの全景

電源付きオートサイトからの景観の画像07

電源付きオートサイトからの景観

Aゾーンの5人用キャビンの画像08

Aゾーンの5人用キャビン

BBQ広場の画像09

BBQ広場

Aゾーンから川へ降りる階段の画像10

Aゾーンから川へ降りる階段

Aゾーンにあるドッグランの画像11

Aゾーンにあるドッグラン

貸切家族風呂があるセンターハウスの画像12

貸切家族風呂があるセンターハウス

卓球スペースがある「かもしかホール」の画像13

卓球スペースがある「かもしかホール」

Bゾーン

Bゾーンの川沿いは、一番人気のエリアです。個人的には川沿いサイトは、Dゾーンの方が良いと思うのですが、露天風呂や売店などの施設に近く川遊びができる天然プールなどがあるためDゾーンやEゾーンよりも人気があるのかもしれません。電源サイトも15サイト程あります。全体的には森林サイトなので、夏は日陰でき過ごしやすいエリアになります。川沿いサイトは川側に木の垣根があり、川がくっきり見えるサイトは少ないです。川がくっきり見えるサイトは、1,2,27,28,30ぐらいです。中には、ハンモックに適したハンモックサイトもあります。ひとつひとつのサイトが少し狭いので、混雑時は隣とのプライベイト感が低いかもしれません。キャンプ場を見下ろす高台のサイトもあります。また、トイレと水場がゾーンの中に二つしかないので場所選びは慎重に。

アイコン1の画像Bゾーンマップ(ウェルキャンプ西丹沢受付にて配布されているマップ図:2018/11/04)

Bゾーンに向かう橋の画像15

Bゾーンに向かう橋

川遊びができる天然プールの画像16

川遊びができる天然プール

Bゾーン右側エリアの全景の画像17

Bゾーン右側エリアの全景

Bゾーン右側の川沿いは、川が見えないの画像18

Bゾーン右側の川沿いは、川が見えない

Aゾーンから見たBゾーンの右側全景の画像19

Aゾーンから見たBゾーンの右側全景

Bゾーンの左側川沿いサイトの画像20

Bゾーンの左側川沿いサイト

Bゾーン奥の川沿いサイトの画像21

Bゾーン奥の川沿いサイト

Bゾーン奥の川が見えるサイト(26~28)の画像22

Bゾーン奥の川が見えるサイト(26~28)

Bゾーン奥側の森林サイトの画像23

Bゾーン奥側の森林サイト

Bゾーン中央の森林サイトの画像24

Bゾーン中央の森林サイト

Bゾーン右側の森林サイトの画像25

Bゾーン右側の森林サイト

Bゾーン右側の森林サイトの画像26

Bゾーン右側の森林サイト

Cゾーン

ウェルキャンプ西丹沢は、南北に広いキャンプ場だがの中央部に他のキャンプ場「バウアーハウスジャパン」があります。Cゾーンは、この「バウアーハウスジャパン」の南側と隣接するのがCゾーンです。川を見下ろせる川沿いサイトと内陸にある内側サイトからなります。林間ではないので開放的なサイトです。ただし、サイト間の仕切りはないので混雑時には、窮屈さを感じることもあるかと思います。ニジマスを釣ることができる釣り堀があります。また「ホタルの里」があり、6月中旬~7月初旬頃にはホタルを見ることができます。電源サイトは、内側にある道路側の下に6サイト程あります。

アイコン1の画像Cゾーンマップ(ウェルキャンプ西丹沢受付にて配布されているマップ図:2018/11/04)

Cゾーンの一番北側のサイト面の画像28

Cゾーンの一番北側のサイト面(251~252)

Cゾーンの川沿いサイトの画像29

Cゾーンの川沿いサイト(245~243)

Cゾーンの川沿いサイトの画像30

Cゾーンの川沿いサイト(212~214)の画像

Cゾーンの南側全景の画像31

Cゾーンの南側全景

D2ゾーン

D2ゾーンは、総合受付から川側に降りた川沿いからCゾーンの南側までの河川敷に広がるエリアです。川沿いのサイトからは川を見下ろしながらの川岸キャンプが楽しめます。空を覆うものがなく晴天時には星がきれいに見えるサイトです。電源サイトはないのです、キャンプ場自慢のエリアでウェルキャンプ西丹沢らしいエリアです。個人的には、ウェルキャンプ西丹沢では一番のおすすめゾーンです。但し、炊事場、トイレが一箇所しかなく不便さを感じるかもしれません。露天風呂や売店も遠く施設から隔離されたような場所です。川の流れは速く川遊びには適していませんが、川を見下ろしながらのキャンプは格別です。景観は良いのですが不便さがA,Bゾーンよりも人気がない原因のようです。また、木が少ないので風の影響をまともに受けます。天候の変化などには、十分気をつけて欲しい場所です。

アイコン1の画像D2ゾーンマップ(ウェルキャンプ西丹沢受付にて配布されているマップ図:2018/11/04)

Cゾーン寄りのD2川沿いエリア(122~126)の画像33

Cゾーン寄りのD2川沿いエリア(122~126)

D2中央の川沿いエリア(112~116)の画像34

D2中央の川沿いエリア(112~116)

D2ゾーンの全景の画像35

D2ゾーンの全景

D2ゾーンの内側サイトの画像36

D2ゾーンの内側サイト

Dゾーン

Dゾーンは、総合受付から川側に降りた河川敷に広がるエリアです。川沿いのサイトからは川を見下ろしながらの川岸キャンプが楽しめます。D2ゾーンと違う部分は、電源サイトが内側にあることです。ほぼD2ゾーンと同じ環境です。総合受つにある売店、トイレ、炊事場が近いのがD2ゾーンとは違います。空を覆うものがなく晴天時には星がきれいに見えるサイトです。Dゾーンも川の流れが速く川遊びには適していません。

アイコン1の画像Dゾーンマップ(ウェルキャンプ西丹沢受付にて配布されているマップ図:2018/11/04)

Dゾーンの川沿いサイト(36~52)の画像37

Dゾーンの川沿いサイト(36~52)

Dゾーンの中央内側サイトの画像38

Dゾーンの中央内側サイト

Dゾーン南側の全景の画像40

Dゾーン南側の全景

Dゾーン内側の電源サイトの画像38

Dゾーン内側の電源サイト

Eゾーン・インデイアンゾーン

Eゾーンは、総合受付横の河川敷でデイキャンプ専用サイトと総合受付裏手にある5つのコテージがあります。 インディアンゾーンの写真を撮るのを忘れてしまいました。インデイアンゾーンは、冬にはソリ遊びとなります。混雑時にも空いていることが多くあまり人気がないゾーンです。インディアンゾーンは、山を切り開いて作ったようなエリアで、むきだしの山の斜面や高い木々に囲まれています。谷の奥側は、少し開けた平地になっているとのことです。サイトの横には小さな川が流れています。ワイルドな雰囲気なのですが、雨続きのような悪天候では様々な不安が頭をよぎり個人的にはおすすめしないサイトです。

アイコン1の画像Eゾーン(ウェルキャンプ西丹沢受付にて配布されているマップ図:2018/11/04)

アイコン1の画像インデイアンゾーン(ウェルキャンプ西丹沢受付にて配布されているマップ図:2018/11/04)

Eゾーンの画像44

Eゾーン

谷側のインディアンゾーンの入口の画像43

谷側のインディアンゾーンの入口


スポンサーリンク

ページの先頭へ