奥飛騨温泉郷オートキャンプ場(1)

※本文の音声ガイドは、バーをクリック。

奥飛騨温泉郷オートキャンプ場は、奥飛騨峡の入り口にある道の駅「奥飛騨温泉郷上宝(おくひだおんせんごうかみたから)」に隣接する高規格なオートキャンプ場です。キャンプ場は、標高750mにあり雄大な北アルプスの景観が楽しめ清流の高原川で川遊びもできる山と川に囲まれた環境にあります。奥飛騨温泉郷オートキャンプ場の最大の特徴は、なんと言っても男女別に大きなキャンパー専用の天然露天風呂があることです。キャンプ場利用者は、時間内ならば何度でもこの天然露天風呂に入れます。BE-PALでも「ほんとうに気持ちいいキャンプ場100(2014年3月)」に極上温泉があるキャンプ場として掲載されました。サイトは高原川の川原に175サイトがあり、内71サイトが電源付きサイトです。また、キャンプ用品、調理器具、マウンテンバイクなどのレンタル用品も豊富です。 設備も充実していて天然温泉露天風呂をはじめシャワー、コインランドリー、子供用水遊び場、お湯が出る炊事場、清潔なトイレ、釣りぼり、アスレチック遊具、花火の場所などがあります。また、各サイトにごみ箱が設置されていてキャンプ場の人が回収に来てくれるのも特徴の一つです。少し足を延ばせば、飛騨高山、上高地、乗鞍、白川郷などの観光拠点としても利用できるロケーションです。アクセスは、長野道松本ICより158号線と47号線を経由して、約1時間30分、中部縦貫道・高山ICより158号線と47号線を経由して栃尾方面へ約1時間20分です。 近くにコンビニはありませんが、車で5分程度の場所に、「Aコープ奥飛騨店」があり食材などが買えます。Aコープ奥飛騨店には、飛騨牛なども販売されています。ただ、全般的に品数は少な目の感じがします。地元の食材や安く飛騨牛などを購入したいのならば、高山市にある「スーパーマーケットバロー高山店」をおすすめします。車で1時間程度かかりますが、飛騨の特産品が安く購入でき品数も圧倒的に多く満足できるかと思います。ホームセンターは、車で30分程度で行ける神岡に「コメリ」がありました。サイト使用料は、サイト料+入場料(大人・小人:連泊時は1回のみ)+ゴミ回収協力金(日単位)の合算になります。奥飛騨温泉郷オートキャンプ場は、一度は行ってみたい日本のオートキャンプ場のひとつです。

奥飛騨温泉郷オートキャンプ場のオートキャンプサイトⅢ(2017/05/04)の画像01

奥飛騨温泉郷オートキャンプ場のオートキャンプサイトⅢ(2017/05/04)

奥飛騨温泉郷オートキャンプ場の夜の画像02

奥飛騨温泉郷オートキャンプ場の夜

私たちの夜のサイトの画像03

私たちの夜のサイト

キャンプ場概要

奥飛騨温泉郷オートキャンプ場

HP 奥飛騨温泉郷オートキャンプ場
個人評価 ★★★★★
環境 川岸
景観 ★★★
施設 ★★★★★
区画 ★★★★
サイト数

■サイト数:175サイト
・オートキャンプサイトⅠ(テントスパース:約8.5m×約5m) 71サイト
・オートキャンプサイトⅡ(テントスパース:約7m×約6.5m) 42サイト
・オートキャンプサイトⅢ(テントスパース:約7m×約6.5m) 62サイト
■サイト料
・オートキャンプサイトⅠ:5000円※2泊目以降4500円
・オートキャンプサイトⅡ:4000円
・オートキャンプサイトⅢ:3500円
・バイク利用:1000円
・オートキャンプサイトⅠのみ予約金要
■入場料 ※2泊目以降なし
・大人(中学生以上) :500円
・小人(3才~小学生):300円
■ゴミ回収協力金
・1泊2日:300円

営業時期 4月初旬~11月初旬
バンガロー なし
サイト床土
買出の店 車5分程度でスーパーあり。
風呂 あり(男女別 天然露天風呂:無料)
シャワー あり(200円/8分)
電源サイト あり
1泊目:700円
2泊目以降:300円
売店 有り
入退場時間 in13:00~16:30 out翌朝11:00
※連泊は2泊まで。
直火 不可
車の出入り 22:00~6:00 配慮
ゴミ 各サイトにゴミ箱設置
ペット 禁止

サイト紹介

キャンプサイトは、大きく3つのエリアに分かれ全サイトに車の乗り入れができます。サイトは、土ですが途中から砂利になってるようでかたい地面になっています。スノーピークのソリッドステークが適しています。全サイト内で直火・花火・発電機が禁止されています。キャンプ場内は、低いところに照明が何箇所かありますが、満天の星が見えるように高いところに外灯はありません。歩道と車道は段差等があるので、夜間の移動には懐中電灯等が必要です。 サイトは、「オートキャンプサイトⅠ」「オートキャンプサイトⅡ」「オートキャンプサイトⅢ」があります。バイクは、専用サイトがなく全サイトの中の空きサイトを利用します。サイトの指定はできません。

奥飛騨温泉郷オートキャンプ場のサイトマップの画像04

奥飛騨温泉郷オートキャンプ場のサイトマップ

※本サイトマップは、奥飛騨温泉郷オートキャンプ場のホームページ「場内案内図」より引用させていただいています。サイト場所を説明しやすいように、Shizengate独自にエリア名称を記述しています。
また、図をクリックすると拡大されます。
:引用日:2017/05/11

オートキャンプサイトⅠ(西側区画)

「オートキャンプサイトⅠ」は、管理棟を中心に、西側(川に向って右)と東側(川に向かって左)に区画されていて71サイトがあり、すべての区画で電源が利用できます(電源料別途)。区画は、駐車場込みで平均9m×9m程度でテントスペースが約8.5m×約5mと表記されています。4サイトで1ブロックになっていて、垣根で区切られています。2サイト予約の場合は、向かい合わせが最適です。東側のサイトは、高い赤松の木がサイト内にあり日陰が確保できますが、サイトによってはテント設営に工夫が必要なサイトもあります。西側は、高い木がないので夏は日差しを遮るものがなくタープが必須です。景観は開けているので、開放感はあります。各サイトに、ゴミ箱が設定されています。「オートキャンプサイトⅠ」は、一番広いサイトですが、場所によっては少し狭いと感じるサイトもあります。西側(川に向かって右)が「A~Kブロック」、東側(川に向かって左)が「L~Sブロック」となっています。

オートキャンプサイトⅠ西側区画の広さ

「オートキャンプサイトⅠ」西側区画の平均的な広さは、駐車場込みで平均9m×9m程度。駐車場分を除くテントスペースは、約8.5m×約5mとなっています。標準サイズ(4人用)のドームテントとシェルターを縦に設置することができますが、最近の大き目のツードームテントや大き目のシェルターは、設置が難しい場合もあるので注意が必要です。焚き火をする場合は、焚き火場所の位置がサイト作りのポイントになります。垣根で区切られているのでプライベイト感はあると思います。

オートキャンプサイトⅠの区画の画像31

オートキャンプサイトⅠの西側区画

西側:Aブロック(No.1~4)の画像06

西側:Aブロック(No.1~4)

西側:Bブロック(No.1~4)の画像08

西側:Bブロック(No.1~4)

西側:Cブロック(No.1~4)の画像10

西側:Cブロック(No.1~4)

西側:Dブロック(No.1~4)の画像11

西側:Dブロック(No.1~4)

西側:Eブロック(No.1~4)の画像12

西側:Eブロック(No.1~4)

西側:Fブロック(No.1~4)の画像13

西側:Fブロック(No.1~4)

西側:Gブロック(No.1~4)の画像15

西側:Gブロック(No.1~4)

西側:Hブロック(No.3・No.4)の画像16

西側:Hブロック(No.3・No.4)

西側:Iブロック(No.1~4)の画像09

西側:Iブロック(No.1~4)

西側:Jブロック(No.1~4)の画像34

西側:Jブロック(No.1~4)

西側:Kブロック(No.1~4)の画像35

西側:Kブロック(No.1~4)

西側ブロック 中央の通路の画像36

西側ブロック 中央の通路

※サイト紹介は、次ページに続きます。次ページへは、本コンテンツの最後に次ページに行ける矢印があります。


スポンサーリンク

ページの先頭へ