居心地が良くゆっくりとできる隠れ屋的なキャンプ場

※本文の音声ガイドは、バーをクリック。

南伊豆高原オートキャンプ場 古里(ふるさと)は、南伊豆で2009年に開業され2区画のテントサイトと4区画のバンガローサイトからなる合計6サイトの小さなキャンプ場です。余り知られていないのですが、下田エリアや南伊豆エリアへの観光や釣り、海水浴、磯遊び、スノーケリングなどの海遊びの拠点として利用することができます。以前からは知ってはいたのですがなかなか機会がなく今回初めてコテージを利用させていただきました。はじめは期待していなかったのですが、想像以上に居心地がよくゆっくりとできるとてもよいキャンプ場です。6サイトしかないのですが、それが逆に落ち着いていてのんびりと過ごすことができるキャンプ場になっています。木々の間から海を望める区画も一部ありますが、キャンプ場から少し上がった高台からは伊豆の海が一望できます。キャンプ場の周りを木々が囲んでいますが、キャンプ場自体の空はさえぎる木々がないため、晴れていれば満点の星空を楽しむことができます。全区画とも水はけが良く、スペースを広く取っていて自由度が高い区画になっています。また、トイレ、炊事場やシャワーなどの施設がとてもきれいでよく清掃されています。特に、バンガローサイトの前のエリア(庭)なのですが、ツールームテントを張れる広さがありなんと9月1日~3月31日の期間ならば、バンガローサイトをテントサイトとして利用することができ料金が安くなるのも大きな魅力です。さらに、バンガローをはじめとした利用料金が伊豆半島の中では、比較的良心的な価格の設定になっています。グループキャンプは、4月1日~9月末日までと年末年始は、利用できないとのことです。とてもよいキャンプ場なのですが、場所がわかりずらいのが欠点です。マーガレットライン(136号線)から登るのですが、キャンプ場に行くまでに道がくねくねしていて途中から道も狭いので、事前に場所はしっかり調べて行くことをおすすめします。南伊豆高原オートキャンプ場 古里は、サイト面積を可能な限り広くとりプライベート空間を大切にしながら自然を活かしたキャンプ場になっています。個人的には、おすすめのキャンプ場です。

南伊豆高原オートキャンプ場 古里の中央部(2018/09/22)の画像01

南伊豆高原オートキャンプ場 古里の中央部(2018/09/22)

キャンプ場の高台から見える海の画像02

キャンプ場の高台から見える海

キャンプ場に外灯がないので星空がきれいの画像03

キャンプ場に外灯がないので星空がきれい

キャンプ場概要

南伊豆高原オートキャンプ場 古里

HP 南伊豆高原オートキャンプ場 古里
個人評価 ★★★★★
環境 林間
景観 ★★
施設 ★★★★★
区画 ★★★★★
サイト数

■サイト数:6サイト(テント:2サイト ログハウス:4サイト)
■テントサイト:2区画(さくら・しいの木)
■コテージサイト:4区画(あしたば・あろえ・たんぽぽ・つつじ)
■サイト料
・施設利用料:大人:1,000円 小人(3歳~小学生):500円
・テントサイト:1区画5名まで:3,500円(オフシーズン 7/1~8/31以外)
・テントサイト:1区画5名まで:4,000円(ハイシーズン 7/1~8/31)

ログハウスサイト

■施設利用料:大人:1,000円 小人(3歳~小学生):500円 ■ログハウス:最大5名まで:5,000円(オフシーズン平日 7/1~8/31以外)
■ログハウス:最大5名まで:10,000円(ハイシーズン 7/1~8/31)
■ログハウス:最大5名まで:8,000円(7/1~8/31以外)
・土日、祝祭日
・年末年始(12月29日~翌年1月3日)
・ゴールデンウイーク(4月29日~5月6日)
・シルバーウイーク(9月19日~9月22日)
■ログハウスサイトをテントサイト利用にした場合
(1区画5名まで:3,000円)

営業時期 通年
サイト床土 芝生または土
買出の店 車30分~40分:スーパー
シャワー 温水シャワーあり(無料)
電源サイト しいの木・さくら:有り(1000円/日)
売店 有り
(ソフトクリーム、飲み物、氷 炭、着火材等)
入退場時間

■テントサイト
in 14:00 out 11:00
■ログハウス
in 14:00 out 10:00

直火 不可
車の出入り 21:00~翌朝8時00分まで静寂
ゴミ 分別し指定ゴミ箱へ
ペット 不可

サイト紹介

南伊豆高原オートキャンプ場 古里のサイトは、どのサイトも100㎡以上の広さがありプライベートが確保されている。垣根もありサイトの割り振りも明確になっています。テントサイトは、「しいの木」「さくら」の2サイトがあります。ログハウスサイトは、「あろえ」「つつじ」「あひたば」「たんぽぽ」の4サイトがあります。ログハウスサイトは、セミダブルサイズの二段ベット(幅120㎝。マットレス付き)で、エアコン、ACコンセント(5Aまで)、テーブル、靴箱、照明があり広さは約6畳程度です。どのログハウスも網戸付きの窓が2カ所あり風通しがいいです。寝具類等はないので持参するかレンタルすることになります。どのログハウスも、新しくきれいなログハウスになっています。

南伊豆高原オートキャンプ場 古里のサイトマップの画像

南伊豆高原オートキャンプ場 古里のサイトマップ

※本サイトマップは、2018年9月21日時の状況を描いています。

テントサイト

テントサイトの「しいの木」は、サイトスペースが120㎡と広く木々の間から山が見え独立したようなサイトになっています。サイトには青砂利が引かれ夏は日陰になり涼しいサイトです。AC電源も利用することができます。キャンプ場の奥の一段下がった場所に独立したようなテントサイト「さくら」があります。サイトスペースは100㎡あり周りが気にならないサイトになっています。大抵の車は問題ないのですが、サイトに降りる道(幅2.7m距離12m)が緩い傾斜になっているため、車高が低い車などはサイトに入れない可能性もあるので事前にキャンプ場に確認してください。AC電源も利用することができます。

テントサイトの「しいの木」の画像04

テントサイトの「しいの木」

「しいの木」の木々間からの景観の画像05

「しいの木」の木々間からの景観

テントサイトの「さくら」の画像06

テントサイトの「さくら」

「さくら」に降りる道の画像07

「さくら」に降りる道

ログハウスサイト

ログハウスサイトは、キャンプ場の両サイドにそれぞれ2サイトずつあります。受付を後ろにして右側が海側になり左側が山側になります。右側は海側ですが高台になっており海はみえません。左側の山側は木々の間から山が見えます。受付を後ろにして左側の手前が「あしたば」です。あしたばは、120㎡あり青砂利が引かれ山を望むことができます。炊事場とシャワー室が隣にあり便利です。左側の奥が、「たんぽぽ」です。たんぽぽも、広さが120㎡あり芝地で山を望むことができます。受付を後ろにして右側の手前が「あろえ」です。あろえは、100㎡で青砂利が引かれています。サイト横の崖を上がると海を望むことができます。受付を後ろにして右側の奥が「つつじ」です。つつじは、120㎡で青砂利が引かれています。サイト横の崖を上がると海を望むことができます。すべてのログハウスは、9月1日から3月31日まではテントサイトとしてもご利用可能です。この場合は、サイトスペースがテントサイトよりもやや狭くなります。

ログハウスサイトの「あしたば」の画像08

ログハウスサイトの「あしたば」

テント利用のログハウスサイト「たんぽぽ」の画像09

テント利用のログハウスサイト「たんぽぽ」

>利用したログハウスサイトの「あろえ」の画像10

利用したログハウスサイトの「あろえ」

ログハウスサイトの「つつじ」の画像10

ログハウスサイトの「つつじ」

海を望む高台

>キャンプ場から高台に上る道の画像12

キャンプ場から高台に上る道

海を望む高台の画像15

海を望む高台

>キャンプ場の高台から望む海①の画像12

キャンプ場の高台から望む海①

キャンプ場の高台から望む海②の画像13

キャンプ場の高台から望む海②


スポンサーリンク

ページの先頭へ