勝浦の海を楽しむ拠点になるキャンプ場

※本文の音声ガイドは、バーをクリック。

オートキャンプin勝浦まんぼうは、千葉県勝浦市にあり海まで歩いて行け、海水浴・磯遊び・海水浴・海釣り・シーカヤックなど海のアクティビティを満喫できるキャンプ場です。海水浴場までなら、徒歩約5分~10分、海釣りのできる堤防までなら徒歩約5分程度です。キャンプ場は、海まですぐの立地ながら原生林に囲まれた静かな環境の中にあり、風の影響が少なく夜空にはきれいな星が広がります。「オートキャンプin勝浦まんぼう」は、約1,000坪の敷地にオートキャンプサイトが29区画と10棟のバンガローがあります。サイトは、若干狭さを感じるかもしれませんが、車とツールームテントを何とか配置できる広さになっています。設備も整っていてウォッシュレットがあるトイレ、炊事場、家族風呂、温水シャワーなどがあります。キャンプ場では、シーカヤックの初心者向けスクールや勝浦湾での漁船クルージングなど様々なアクティビティも用意されています。「オートキャンプin勝浦まんぼう」には、キャンプ場内を車で移動するときには、先導者が車の前で歩いて誘導する等のキャンプ場特有のルールがあり、口コミで悪評を受けたりすることもあります。個人的には、この誘導ルールも安全を考えれば適切であり、他のルールもキャンパーとしては適切なルールかと思います。逆に、夜遅くまで騒がしくするキャンパーや理不尽なキャンパーが居ないので、ファミリーキャンパーには、小さい子どもと安心してキャンプを楽しめる環境となっています。また、キャンプ場に行くには、海沿いの道から住宅の間のかなり細い路地を通らなければならないので気を付けて運転してください。「オートキャンプin勝浦まんぼう」は、勝浦の海を楽しむ拠点になりうるキャンプ場だと思います。

原生林に囲まれているオートキャンプin勝浦まんぼう(2019/08/12)の画像01

原生林に囲まれているオートキャンプin勝浦まんぼう(2019/08/12)

入口側から見たキャンプ場の画像02

入口側から見たキャンプ場

私たちのA4サイトの画像03

私たちのA4サイト

徒歩10分程度行ける尾名浦の画像04

徒歩10分程度行ける尾名浦

徒歩5分程度行ける松部港の堤防の画像05

徒歩5分程度行ける松部港の堤防

キャンプ場概要

オートキャンプin勝浦まんぼう

HP オートキャンプin勝浦まんぼう
個人評価 ★★★
環境 海に近い森林間
景観 ★★★
施設 ★★★
区画 ★★
サイト数

■オートキャンプサイト数:29区画
■オートキャンプ利用料【1区画・車1台・4名まで】
レギュラーシーズン:5,400円
ハイシーズン(GW・夏休み・秋の連休):6,480円

営業時期 通年営業。(オフシーズンは不定休。)
コテージ・ログキャビン バンガロー(10棟)
Aタイプ:10,800円
Bタイプ:11,800円
Cタイプ:12,960円
Dタイプ:10,800円
Eタイプ:16,200円
サイト床土 砂利混じりの土
買出の店 車で30分程度(スーパー、etc)
シャワー・お風呂 家族風呂(2)1家族1時間1,000円、
温水シャワー(2)200円 4分毎、水シャワー(2)
電源サイト 有り(AC電源利用(電話予約時申込) 1,080円/日
売店 あり。(レンタルやBBQ食材予約もあり)
レンタル品 なし
入退場時間 In:13:00から16:00の間に入場(遅れは、事前連絡必須) Out:7:00から11:00までに撤収
直火 不可
車の出入り 21:00~7:00間は、エンジンの始動、車の移動も不可。
ゴミ ゴミ捨て場あり(時間指定)
ペット

サイト紹介

オートキャンプin勝浦まんぼうのサイトは、大きく入り口の周りにある「バンガローエリア」、受付先に広がるオートキャンプサイトの「Aサイト」「Bサイト」からなる。区画は、全部で30区画以上に区切られていたが29区画と公表されているので、車の大きさや人数などで区画を調整していると思う。サイトは、すべてキャンプ場から指定される。電源は、事前にリクエストしておくと電源ケーブルにて用意されている。どのサイトもツールームテントが立てられ1台の車が駐車できる程度の広さを確保することができるが、どのサイトも車の駐車位置でテントの配置が決まる。混雑時には、狭さを感じるかもしれない。原生林に囲まれているので、日陰ができる場所もある。与えられた区画の形を考えながら工夫しテントなどの配置を考えたい。

オートキャンプin勝浦まんぼう 場内レイアウトの画像

オートキャンプin勝浦まんぼう 場内レイアウト

※本場内レイアウトは、2019年8月12日に現地にて渡された場内図の写真を引用させていただいています。
引用日:2019/08/24

オートキャンプ Aサイト

オートキャンプ Aサイトは、キャンプ場の入口側から中央までに広がるエリア。Aエリアは、入口から中央に向かい左側にある入り江的なエリアと中央にある平坦なエリアがある。入り江的なエリアの方が、原生林の日陰ができやすく、横型に配置できるような区画だ。中央側のエリアは、場内舗道を中心に左右にサイトが並ぶ。中央のエリアの方が車が出しやすいかと思う。炊事場、トイレなどの施設にはAエリアの方が近くて便利だ。

左の入り江的なAサイトエリア①の画像07

左の入り江的なAサイトエリア①

左の入り江的なAサイトエリア②の画像08

左の入り江的なAサイトエリア②

Aサイトの中央エリア③の画像09

Aサイトの中央エリア③

Aサイトの中央エリア④の画像10

Aサイトの中央エリア④

私たちのA4サイト(1)の画像11

私たちのA4サイト(1)

私たちのA4サイト(2)の画像12

私たちのA4サイト(2)

オートキャンプ Bサイト

オートキャンプ Bサイトは、キャンプ場中央より少し高台にある奥側のサイト。場内舗道を囲むようにエリアがある。Bエリアは、Aサイトよりも少しサイト間が狭いが落ち着けるエリアになっている。奥側あるので炊事場、トイレなどの施設には少し遠い。

Bサイトの全景⑤の画像13

Bサイトの全景⑤

Bサイト⑥の画像14

Bサイト⑥

Bサイトの全景⑦の画像15

Bサイトの全景⑦

Bサイトの奥側⑧の画像16

Bサイトの奥側⑧

バンガローエリア

バンガローエリアは、入口の周辺にある。A、B,C,D,Eタイプがあるのだが、どのコテージ写真がどのタイプに当たるかは判断がつかなかった。すべてのバンガローに、テラス、テーブル、イスがある。扇風機なのか、クーラーなのかは事前に確認が必要。バンガローエリアは、炊事場、トイレなどの施設に近くて便利。車も比較的駐車しやすい。

バンガロー⑨の画像17

バンガロー⑨

バンガロー⑩の画像18

バンガロー⑩

バンガロー⑪の画像19

バンガロー⑪

バンガロー⑫の画像20

バンガロー⑫


スポンサーリンク

ページの先頭へ