道志エリアの中で、最も広く人気がある「道志の森キャンプ場」

人気が高い道志の森キャンプ場の川岸サイトの画像01

人気が高い道志の森キャンプ場の川岸サイト(2016/07/02)

※本文の音声ガイドは、バーをクリック。

道志の森キャンプ場は、道志川の支流の三ヶ頼川沿い約2kmに渡って広がり、道志エリアの中で最大の敷地面積を誇り、川岸・林間・山林間などの様々なサイトの確保ができ好みにあったキャンプ環境を選ぶことができるキャンプ場だ。また、予約不要で全サイトがフリースペース、しかも直火OKというワイルドなキャンプを楽しむことができるキャンプ場でもある。神奈川県から山梨県にかけて流れる道志川に沿って、50以上ものキャンプ場がひしめき合う日本有数のキャンプ場エリアの道志。道志の森キャンプ場は、道志エリアの中で一番人気と言われている。また、14棟の様々な種類のバンガローが用意されていて食事付きのプランも選ぶことができる。(バンガローは、4月1日~11月30日で予約が必要)。キャンプサイトは予約不要のため、夏休みなどの混雑期には目的のサイトを確保するのにひと苦労する。しかし、場所を選ばなければ、お盆時期でもサイトが見つかるとまで言われるほど広いキャンプ場だ。道志の森キャンプ場は、広大な敷地を持つためサイト料金の体系が面白い。先にサイトを見つけその後に管理棟に支払う料金と巡回時に支払う料金があり1名につき100円違う。サイト料も、一人当たりのサイト料金と駐車料金しかないので4名の家族で行けば3800円(大人・子ども4名700円×4+車1台駐車料1000円)と首都圏から近いキャンプ場としては安いのも魅力だ。道志の森キャンプ場は、最初にサイトを確保し、その後に管理棟で料金を支払うことをおすすめする。とにかく広いので事前に、キャンプサイトマップを「道志の森キャンプ場ホームページのサイトマップ」から出力しておくことが大事だ。広さのわりには、炊事場、水場やトイレが少ないのでこの事も念頭に入れてサイトを確保したい。特に水場は、水道の蛇口しかなくシンクがある炊事場は数か所とサイトの広さにしては少ない。混雑期は、水を事前に確保し食器洗いなどは帰宅してからするようなスタイルがおすすめだ。チェックインは、昼の12時なのだがゴールデンウィークや夏休みなどの繁忙期は朝の8時から受付可能となる。早め早めの行動が、好みのサイトを確保をできるコツだ。但し、チェックアウトが12時でしかも全サイトがフリースペースなので、早めに行っても好みのサイト確保は運に任せるしかない場合が多いのも事実。スチール缶・アルミ缶・ペットボトルを除くゴミは、持ち帰りになっている。携帯は、アンテナが設置されているドコモ、ソフトバンクが入りauは電波が弱い。また、繁忙期に管理棟付近でフリーwi-fiが使用できるのがすごい。また、薪が安い(一束:300円(杉):400円(雑木))。道志の森キャンプ場は、紅葉が奇麗なキャンプ場としても知られ、秋キャンプの場所としては人気がある。個人的には、混雑時を避けてキャンパーが少なめになる肌寒い紅葉シーズンが、道志の森キャンプ場の魅力を充分に感じられる時期かと思う。場所は、東京方面から来ると「道の駅どうし」の先にある。近郊にはラビットオートキャンプ場、水之元キャンプ場、オートキャンプせせらぎ、Rest Rivulet(レストリブレ)と言うキャンプ場がある。道志のキャンプ場密集度は、本当にすごいと思う。

キャンプ場概要

道志の森キャンプ場

HP 道志の森キャンプ場
個人評価 ★★★★
環境 川岸・林間
景観 ★★★★
施設 ★★★
区画 フリーサイト:★★★★★
サイト数 テント収容数:約400張程度(区画なくフリーサイト)
サイト料金
2017/03月現
区画料:
サイト料:1人1泊(3歳以上)
管理棟受付:700円
巡回受付:800円
駐車料金:
車(キャンピングカー含む) 1泊1,000円
バイク 1泊500円
自転車 1泊300円
営業期間 通年
バンガロー 14棟(様々なタイプあり。事前予約要)。
サイト床土 キャンプサイト:土と草
買出の店 周辺になし。
風呂・シャワー 風呂(1ヶ所)300円 (夏期) 18:00~21:00まで
温水シャワー(2ヶ所)4分間200円(延長2分間 100円))
電源サイト なし
売店 炭、薪、氷、ジュースなど
入退場時間 In12:00~17:00 Out12:00※延長可
※ゴールデンウィークや夏休み期間等の繁忙期は、朝8時頃から受付開始。
直火
車の出入り 午後10時~午前7時まで、車の出入りは原則禁止。
ゴミ 持ち帰り(スチール缶・アルミ缶・ペットボトルを除く)
ペット

サイト紹介(1):Aエリア,Bエリア,Cエリア,Dエリア

道志の森キャンプ場は、400サイト以上が確保できる程とにかく広い。全サイトを紹介したいのだがほぼ無理。ここでは、道志の森キャンプ場のサイトを独断と偏見で本ホームページ用AエリアからLエリアまで12エリアに分けサイトの雰囲気を紹介していく。複数の水道の蛇口があり洗い物ができるシンクがある炊事場は、サイトマップにあるピンク色○の4ヶ所しか見ることができなかった。トイレの場所、水場などの場所を考慮しサイトを選びたい。

サイトマップ

オートキャンプサイトのサイトマップの画像04

サイトマップ

※本サイトマップは、道志の森キャンプ場ホームページのサイトマップ頁から引用し、サイト場所を本ホームページ用に独自追記しています。引用日:2016/07/09

Aエリア:川岸と林間の両サイトがある人気エリア

Aエリアは、真中に通路が通り川岸サイトと林間サイトを確保することができる。川岸側のサイトは人気が高く混雑時は、確保が難しい。川岸サイトには、木などがありプライベートを保てる場所が多い。Aエリアは、広い林間サイトもあり自由に広いサイトを確保することができる。また、Aエリアの特徴はエリアの中央にきれいなトイレ棟と大きな炊事場があり通常のキャンプ場と変わらない設備があるのが利点だ。

Aエリアの川岸サイトの画像05

Aエリアの川岸サイト

Aエリア下側の川岸サイトの画像06

Aエリア下側の川岸サイト

Aエリアの林間サイトの画像07

Aエリアの林間サイト

Aエリアの林間サイトは広い場所も確保できるの画像08

Aエリア林間サイトは広い場所も確保できる

Bエリア:川岸と林間の両サイトがある

Bサイトも、Aサイトと同様に川岸と林間にサイトがある。但し、炊事場が近くになくAサイトよりも人気は低いのだが、キャンプ場に向かう林道からキャンプ場に入る最初の出入口に近く位置的に便利。Bエリアの川岸サイトと林間サイトは、木がうまい具合に配置されていてプライベートを保てるサイトを作りやすい場所だ。このBサイトから入り、サイトを探しはじめる人が多い。

Bエリアの川岸サイトの画像09

Bエリアの川岸サイト

Bエリアの林間サイトの画像10

Bエリアの林間サイト

Cエリア:川岸と林間の両サイトがあり、ベストポジション的な川岸サイトが大人気

Cサイトの川岸エリアは、数は少ないが一段低く川に近い場所のサイトがありベストポジション的な川岸サイトを選ぶことができる。川に降りれる川岸サイトがあり川遊びには適しているエリアだ。林間サイトは、中央に通路がありサイトの区画が比較的わかりやすく高い木の下にテントが張れるので開放感がある林間サイトを確保できる。特にCエリア中央から林道にでる場所には、きれいなトイレ、炊事場、シャワー、自動販売機があり便利。

Cエリアの川岸サイトの画像11

Cエリアの川岸サイト

Cサイトの川岸エリアは、川に近いところが一段低い場所がありベストポジション的な川岸を選ぶことができる。

Cエリアの川岸サイトの画像12

Cエリアの川岸サイト

Cエリアの川岸サイトは、木を隔てて下に川が流れているサイトを確保できる。木陰もできる川岸サイトもあり川遊びに適している。

Cエリアの川岸サイトの画像13

Cエリアの林間サイト

Cエリアの林間サイトは、高い木の下にテントが張れるサイト。中央に通路がありサイトの区分が比較的楽に判断できる。

Cエリアの川岸サイトの画像14

Cエリアの林間サイト

Cエリアの林間サイトの下側(北側)は、トイレと炊事場に近くて便利。サイト区分もわかりやすく広く取れる。

Dエリア:川岸サイト

Dエリアは、管理棟近くのコテージの奥にあるエリアで通路と川岸の間にテントが立てられるサイト。川岸サイトは、川を見下ろすようなサイトで、木で川の景観が遮られる場所もある。Dエリアは、サイト確保数が少なく通路に面しているのでプライベート感は下がるが、川のせせらぎを聞きながらのサイトが確保できる。

Dエリアの川岸サイトの画像15

Dエリアの川岸サイト

Dエリアの川岸サイトの画像16

Dエリアの川岸サイト


スポンサーリンク

ページの先頭へ