*Shizengateホームページでの「スノーレーサー」表記は、すべてSTIGA社のスノーレーサーです。

多様なゲレンデコースをスノーレーサーで楽しめる爺ガ岳スキー場

林間コースをスノーレーサーで滑れる爺ガ岳スキー場の画像701

林間コースをスノーレーサーで滑れる爺ガ岳スキー場(2015/01/15)

爺ガ岳(ジイガタケ)スキー場は、中央道の安曇野ICから車で45分というアクセスが良いスキー場。白馬エリアの最南端にあり、ほぼ全コースが初心者から中級者向けで、混雑がなく初心者や小さな子どもがいるファミリーにはとてもうれしいスキー場だ。この爺ガ岳スキー場は、もう一つ大きな特徴がある。リフトは4つあるのだが、一番上の第3リフトを除く第1、第2、第4リフトはスノーレーサー持込みOKで、スノーレーサーでゲレンデコースが滑れる「スノーレーサー天国」のスキー場なのだ。広くて見通しの良い緩斜面や林間コースでのスノーレーサー滑りは、とても印象に残るソリ遊びになる。関東圏から近いエリアでスノーレーサーで「ゲレンデを滑れる」「リフト乗車が可能」「スノーレーサーがレンタルできる」の3本立ては、「栂池高原スキー場」「舞子高原スキー場」「北志賀高井富士スキー場」そしてこの「爺ガ岳スキー場」の4つのみだ。豊富なコースそして人ごみが少なく安全にスノーレーサーを楽しめるもっともおすすめなスキー場がこの「爺ガ岳スキー場」だ!!スノーレーサーを楽しみたい人は、一度は行きたくなるスキー場だ。今回もスノーレーサーをレンタル(2時間:1000円)し、白銀の世界をスノーレーサーで楽しんできた。個人的な感想なのだが、数年前よりもスノーレーサーをゲンレンデで見る数が少なくなってきたように感じる。スノーレーサー熱が下がってきたのか?スノースクーターなどが世の中に登場してきているのが影響しているのか?スノーレーサーのレンタルを開始するスキー場は増加しているのだが、そのほとんどがソリ専用ゲレンデのみであることも少なからず影響していると思う。接触事故なども発生しているのも事実なのだが、ゲレンデのように自由にスノーレーサーで滑れるスキー場が増えていくことを期待したい

爺ガ岳スキー場のスノーレーサー

スノーレーサーの画像702

STIGA:アルティメットプロ

サイズ:全長120cm/全幅50cm/全高35cm
重量: 6.8kg
重量制限: 搭乗者総重量制限80kg
仕様:フットブレーキ、ストッパー、自動巻上げ式引き綱

爺ガ岳スキー場でレンタルされていたものは、スノーレーサーの「アルティメットプロ」。2012年に発売されたのだが、新世代のスノーレーサーとして4年ぶりのニューモデルとして登場したモデル。ツインチップ構造でバック走行も可能。フロントボードが従来のスノーレーサーから改良されていてよりコントロール性が向上した。色は、レッド、ブルー、ホワイトがあり今回はブルーを借りた。日本では現在、このモデルが主流らしい。

フロントボードの改良

アルティメットプロは、フロントボードの先端が太くなり、センターにかけアールが描がかれた形に改良されカービングスキーと同じような形状になり、コントロール性がアップした。

改良前のフロントボードの画像703

改良前のフロントボード

改良したフロントボードの画像704

改良したフロントボード

リアボードの改良

アルティメットプロは、ツインチップ構造になりボードが雪に刺さったりしないような形状に変更された。このことによりバック走行も可能となった。

改良前のリアボードの画像705

改良前のリアボード

ツインチップ構造リアボードの画像706

ツインチップ構造リアボード

ハンドルの改良

アルティメットプロのイスとハンドルの形状もアールが描かれたデザインに改良。ハンドルは、手を握る部分がグローブを付けた時でも滑らないような素材を採用している。

改良前のハンドルの画像707

改良前のハンドル

改良後のハンドルの画像708

改良後のハンドル

爺ガ岳スキー場でのスノーレーサーが滑れるコース

爺ガ岳スキー場には、4つのリフトがある。第1リフト(541m)がスキー場の中央にあるリフト、第2リフト(851m)は、斜面左側にあり中腹より少し上まで登る。第3リフト669mは、第1リフト終点から頂上までいくリフト。第4リフト(544m)は、第1リフトの右側にある。スノーレーサーが持ち込み可能なのは第3リフト以外すべてだ。3月からの春スキーシーズンは、第4リフトは動いていない。スノーレーサーで滑れるコースは、第1リフトと第4リフトの終点からゲレンデ最下部までの「エコーゲレンデ」「かもしかコース」の中間から最下部と第2リフト終点から少し滑った下にある「林間コース」と滑れる範囲が広く距離も600m以上はある。平均斜度が13度あるのでスキーヤーにとっては初・中級クラスノコースなのだが、スノーレーサーにしてみればかなりスピードが出るコースだ。接触事故やスピードの出しすぎなどの細心の注意がそれなりに必要だ。もちろん、小さな子どもは、広い「ちびっこゲレンデ」でスノーレーサーが楽しめる

エコーゲレンデの画像709

エコーゲレンデ

エコーゲレンデは、スキー場のメインゲレンデ。広い緩斜面で見通しも良くスノーレーサーでの滑りも大いに楽しむことができる。600m程度の長い距離を滑ることができる。

林間コースの画像710

林間コース

林間コースは、第2リフトの終点から少し急なゲレンデを滑り「エコーゲレンデ」に行かず右側の林の中に入って行くコース。この林間コースは、スノーレーサーでのいち押し。

かもしかコースの画像711

かもしかコース

かもしかコースは、第3リフトの終点(頂上)から続くコースで全長1500m。スノーレーサーで滑れるエリアは、第1リフト終点もしくは第2リフト終点からのから最下部までの部分で600m程度はある。

ちびっこゲレンデの画像712

ちびっこゲレンデ

爺ガ岳の「ちびっこゲレンデ」は、とにかく広い。柵がなくてもゆったり安心してソリ遊びができるエリア。スノーレーサーの乗り始めに練習する場所として最適。「ちびっこトロイカ」と言う乗り物で上部まで登れる。

スノーレーサーが小さく見えるゲンレンデ滑走の画像713

スノーレーサーが小さく見えるゲンレンデ滑走

ゲレンデ滑走に向かいスタート準備の画像714

ゲレンデ滑走に向かいスタート準備

スキーヤーと混じってリフト待ちの画像715

スキーヤーと混じってリフト待ち

単独でリフトに乗せられるスノーレーサーの画像716

単独でリフトに乗せられるスノーレーサー

スポンサーリンク

ページの先頭へ