幻想的な樹氷の景色が見れる「西湖 樹氷まつり」のライトアップ

富士山とライトアップされた樹氷の画像18

富士山とライトアップされた樹氷

ライトアップされた会場の画像17

ライトアップされた会場

月明かりの中の「西湖 樹氷まつり」の画像03

月明かりの中の「西湖 樹氷まつり」

アイコン1の画像富士河口湖 総合観光情報サイト

「西湖 樹氷まつり」の樹氷(2)

昼の樹氷とライトアップ時の樹氷(2)

富岡製糸場

この命名の意味もよくわからない?おそらく富士山の世界遺産登録と富岡製糸場の世界遺産登録をかけているのだろう?樹氷と言うよりも氷柱の集合体で「氷のカーテン」作品の中に木があるような形。夜のライトアップも、単純に単色のライトアップのみだった。もう少し凝ったライトアップあがれば作品が生きると思うのだが?

昼の富岡製糸場の画像09

昼の富岡製糸場

夜の富岡製糸場の画像15

夜の富岡製糸場

はやぶさ

少しイメージが違うと思うのだが、小惑星探査機「はやぶさ」をイメージしているのだろう。樹氷が細く上に向かって盛り上がっているのでロケット=宇宙b=はやぶさになったのか?形的には天然の樹氷に近い。垂れ下がる氷柱が見事。夜のライトアップは、単色のライトアップのみだったのだが、なんとなく迫力が感じられた。

昼のはたぶさの画像19

昼のはやぶさ

夜のはたぶさの画像20

夜のはやぶさ

赤富士

この赤富士がある意味「西湖 樹氷まつり」のメインオブジェと言ってもいいのかもしれない。会場の中では一番高いオブシェで命名の通り富士山を表現している。この作品を少し離れた所から撮影すると、背景に本物の富士山が背景となるので人気のオブジェなのだろう。夜のライトアップも、命名通り赤いライトが赤富士を浮き出しているような景観を作り出している

昼の赤富士の画像21

昼の赤富士

夜の赤富士の画像22

夜の赤富士

竜宮城

この樹氷が竜宮城にみえるかどうかは、人によるのかもしればい。見ようと思えば竜宮城に見える。大きな氷のかなたまりのようなオブジェだ。夜のライトアップは、単色のみでのライトアップとなり氷の塊から放される不思議な力を感じるような作品だ。

昼の竜宮城の画像23

昼の竜宮城

夜の竜宮城の画像24

夜の竜宮城

樹氷郡

昼間にこのオブジェを見ても丸い背の低い樹氷が数個あるだけしか感じないと思う。このオブジェは、夜のライトアップ時に見れば、このオブジェのすごさときれいさがわかる。ひとつひとつの丸い樹氷の中からさまざまなな色の光に変化し、まるでイルミネーションランプのよう。この樹氷郡は、夜のライトアップを見てはじめてその価値がわかる作品になっている。

昼の樹氷郡の画像25

昼の樹氷郡

夜の樹氷郡の画像26

夜の樹氷郡

八ヶ岳

この八ヶ岳は、会場の奥にあるので見落としてしまいそうだが、展示されているオブジェの中では横幅が一番あり大きな作品だ。この命名は、バックの林が白樺なので八ヶ岳なのであろうか?横に長い樹氷で八ヶ岳の山々を表現しているのかもしれない。夜のライトアップは、緑がかった単色のライトでオブジェを照らし出しひとつの景色を表現しているのではないかと思う。見ごたえのある作品だ。

昼の八ヶ岳の画像27

昼の八ヶ岳

夜の八ヶ岳の画像28

夜の八ヶ岳

前の頁にも、さまざまな樹氷の作品を紹介しているよ~~

「前頁に戻る」のバナー

スポンサーリンク

ページの先頭へ