身近に紅葉のすばらしさを感じることができる人気の紅葉スポット、高尾山。

高尾山の紅葉 薬王院の天狗像(2017/11/24)の画像01

高尾山の紅葉 薬王院の天狗像(2017/11/24)

高尾山は、東京都八王子市にあり都心から電車で約1時間と好位置にあり紅葉でも観光でも人気のスポットになっている。標高は599mで、1967(昭和42)年に明治の森高尾国定公園に指定され約1200種の植物、約100種の野鳥、約5000種の昆虫が生息し2009年にミシュランに認定されてから人気が急上昇。落葉広葉樹が多く気楽に行ける高尾山は、紅葉の名所としても人気が高い。歩くのが苦手な方や子連れのファミリーでも、ケーブルカーやリフトを利用すれば気軽に山に登れ紅葉を楽しむことができる。登山道もよく整備されていて、徒歩でも約1時間~1時間40分ほどで山頂へ行くことができる。しかし反面、紅葉時は、登山客、観光客が多くなりかなり混雑することでも有名。混雑時の高尾山は、公共交通機関、駐車場、公衆トイレが非常に混み合い女性用トイレ50分待ちもでるとか?高尾山に行くには、余裕を持った計画と行動スケジュールを決めておくことが肝心。高尾山の人気の紅葉スポットは、山頂のもみじ台、中腹にある薬王院の境内ケーブルカー周辺の3ヶ所。例年11月上旬~12月上旬くらいまで約1ヶ月間にわたって多くの人の目を楽しませる。一番の見ごろは、例年11月中旬から下旬。登山ルートは1~6号路と稲荷山ルートの7コースがあり、その中でも一番の人気コースが、1号路の表参道コース。1号路は、全長3.8km、所要時間は100分程度でモミジの数が多く全て舗装されていて、山頂までにトイレ8ヶ所、茶屋3ヶ所と比較的登りやすいコースになっている。中腹までケーブルカーやリフトまで行きその後、1号路を利用する人が大半をしめる。山頂へは、ケーブルカーやリフトの駅からさらに40分から60分歩かなければならないが、是非山頂までは登りたい。天気がよければ、山頂からは富士山も見える。 また、例年11月の1ヶ月間、もみじまつりが開催されケーブルカーの清滝駅前で、車人形や太鼓、民踊おどりなど土日祝日を中心にいろいろな催し物が行われる。高尾山は気楽に行ける反面、混雑も覚悟しなければいけない紅葉スポットなのだが、一度行けばまた行きたくなる不思議な魅力がある山だと思う。

アイコン1の画像高尾山 紅葉情報(高尾登山電鉄)

アイコン1の画像高尾ビジターセンター

今回の高尾山紅葉見学ルート

今回は、誰もが気楽に利用できるコースを選択。行きは、リフトを利用しリフトから見る紅葉を堪能。中腹のリフト山上駅から1号路を利用し「高尾山薬王院」、そして山頂。帰りは、山頂から吊り橋と豊かな自然が感じれる4号路コースを通りケーブルカーを利用し下山した。4号路コースは、吊り橋と豊かな自然が魅力。コースのほとんどが高い木の林を抜けていくような登山道なのだが、下るルートとして利用すれば普通に歩けると思う。

リフト「山上駅~「霞台」~高尾山薬王院

個人的には意外とこの間が、高尾山の紅葉を一番感じれる部分なのではないかと思う。中腹にあるケーブルカー「高尾山駅」やリフトの「山上駅」から少し歩いたところに、展望がよい展望台がありここが「霞台(かすみ台)」。カフェになっている展望台と見晴らし台があり相模湾から遠く新宿までが見渡せる。昼間の景色も素晴らしいが、ここから見える夜景は、まさに「100万ドルの夜景」とも? 展望台の最上階にある「高尾山絶景カフェ」は、周りの絶景を見ながら休めるので最高の場所。夏には、ビアマウントの会場になる。見晴らし台側には、フード店、茶屋、おみやげ屋などがある。霞台(かすみ台)展望台から高尾山薬王院までの道のりは、広い登山道の両側に大木が立ち並び落葉樹の黄色を中心とした紅葉で山の紅葉を感じれる道のりだ。途中には、約70頭の猿がいる高尾山「さる園」があり併設されている「野草園」では約300種類の山野草を見ることができる。

霞台 見晴らし台からみた景観①の画像10

霞台 見晴らし台からみた景観①

霞台 見晴らし台からみた景観②の画像11

霞台 見晴らし台からみた景観②

霞台の紅葉の画像12

霞台の紅葉

霞台 展望台からの景色①の画像13

霞台 展望台からの景色①

高尾山絶景カフェの画像14

高尾山絶景カフェ

霞台 展望台からの景色②の画像15

霞台 展望台からの景色②

霞台の茶屋とおみやげ屋の画像16

霞台の茶屋とおみやげ屋

登山道上の紅葉の画像17

登山道上の紅葉

高尾山さる園・野草園の画像18

高尾山さる園・野草園

登山道の紅葉の画像19

登山道の紅葉

高尾山薬王院

高尾山薬王院は、高尾山を代表する人気観光スポット。飯縄権現堂、四天王門と境内の至るところにモミジが植えられ、紅葉時は深紅に染め上げられ人気の紅葉スポットになっている。朱塗りの「仁王門」なども人気の紅葉スポットになっている。高尾山薬王院での紅葉の見頃は、例年11月20日前後。紅葉だけではなく、お守りやお土産、大本堂や飯縄権現堂にある彫刻などを見て回り高尾山の歴史を感じれる場所でもある。また、高尾山薬王院では、高尾山ならではの天狗と紅葉が一緒に写真が撮れるフォトスポットとしても人気がある。また、四天王門の前にはおみやげ屋さんが立ち並び、参道の賑わいを見せている。

紅葉の四天王門(してんのうもん)の画像20

紅葉の四天王門(してんのうもん)

飯縄大権現(いづなだいごんげん)の画像21

飯縄大権現(いづなだいごんげん)

右が大天狗、左が小天狗像の画像22

右が大天狗、左が小天狗像

飯縄権現堂前の山伏姿の天狗像の画像23

飯縄権現堂前の山伏姿の天狗像

ご本堂へ続く階段の紅葉の画像25

ご本堂へ続く階段の紅葉

高尾山薬王院のご本堂の画像24

高尾山薬王院のご本堂

高尾山頂

高尾山頂は、ケーブルカー駅「高尾山駅」から徒歩で40分程度、リフト駅からは徒歩で50分から60分程度で行ける。山頂には、展望台があり晴れていれば富士山や丹沢、奥多摩の山々、新宿副都心の高層ビル群などを望むことができる。イロハモミジやカジカエデが山頂周辺の斜面を彩る景色が絶景。周辺の山々も紅葉でキャンパスを描いている。また、山頂は「関東の富士見100景」に選ばれている。 さらに、山頂にはいくつかの食事どころがあり休憩ができる。特に城山茶屋のなめこ汁は、高尾山名物と言っても過言ではないほどの人気ぶり。

山の紅葉の画像26

山の紅葉

山頂に向かう登山道の画像27

山頂に向かう登山道

山頂からの景観の画像28

山頂からの景観

山頂のカエデの画像29

山頂のカエデ

山頂からの景観の画像32

山頂からの景観

山頂からの景観の画像33

山頂からの景観

山頂ひろばのようすの画像30

山頂ひろばのようす

富士山が少しだけ見えたの画像31

富士山が少しだけ見えた

山頂のお店の画像34

山頂のお店

山頂の紅葉の画像35

山頂の紅葉

4号路コース(吊り橋コース)

高尾山頂からの帰路は、ケーブルカー駅まで「4号路コース」を歩いて下った。「4号路コース」は、撮影での人気スポット 吊り橋「みやま橋」があり、多くの木々が生い茂り森の自然を肌で感じながら歩くことができるコース。約1.5kmのコースで下りなら40分程度。「4号路コース」入口には「滑りやすい山道」と書いてあるがスニーカー等でも下ることができると思う。木が多いコースなので、紅葉と森林浴の両方が楽しめる。行きと帰りのコースを自由に変えられるのも高尾山の魅力なのかもしれない。

4号路コースの山頂側下り口の画像36

4号路コースの山頂側下り口

4号路コースの山頂側下り道の画像37

4号路コースの山頂側下り道

平坦な部分もある4号路の画像38

平坦な部分もある4号路

木々の隙間から見る斜面の紅葉の画像39

木々の隙間から見る斜面の紅葉

ブナの黄色も格別の画像40

ブナの黄色も格別

途中の休憩エリアの画像41

途中の休憩エリア

傾斜がある登山道のようすの画像42

傾斜がある登山道のようす

吊り橋「みやま橋」(ボケ写真だ!)の画像43

吊り橋「みやま橋」(ボケ写真だ!)

吊り橋の揺れに負けたボケ写真の画像44

吊り橋の揺れに負けたボケ写真

4号路らしい紅葉の景観の画像45

4号路らしい紅葉の景観

下り終点薬王院「浄心門」が見えたの画像46

下り終点薬王院「浄心門」が見えた

4号路の中腹側起点の画像47

4号路の中腹側起点

スポンサーリンク

ページの先頭へ