箱根宮ノ下「チェンバレンの散歩道」の表紙イメージ画像

遊び場 公園・施設(30):箱根宮ノ下「チェンバレンの散歩道」と紅葉

チェンバレンの散歩道の木賀温泉側と吊り橋の桜橋と遊ぶ施設

上から見たチェンバレンの散歩道の木賀温泉側と桜橋(吊り橋)の画像01

上から見た「チェンバレンの散歩道」の木賀温泉側と桜橋(吊り橋)(2015/11/19)

根の紅葉は、10月下旬頃からら芦ノ湖周辺の山々が色づき始め箱根全体に紅葉が広がっていく。11月は、大勢の人が鮮やかに色づく紅葉を見ようと箱根を訪れ、箱根が混雑する時期でもある。そんな中、ほとんど混雑せず人が少なく紅葉を楽しめる穴場があるとのことで、その穴場に足を運んでみた。その場所が、箱根の宮ノ下にある「チェンバレンの散歩道」。箱根には、小さな頃から何回も来ているがこの「チェンバレンの散歩道」は、今回初挑戦の場所。「チェンバレンの散歩道」は、木賀温泉から堂ヶ島温泉まで約1.5km続く渓流沿いの堂ヶ島遊歩道の愛称。チェンバレンは、イギリス人の日本研究家で、旅行記やガイドブックを作った人。チェンバレンは、富士屋ホテルを定宿にしたほか、箱根に書斎を設けて長期に滞在し、この堂ヶ島遊歩道を好んだ事から「チェンバレンの散歩道」との愛称が付けられたとのこと。今回私たちは、堂ヶ島温泉から木賀温泉に向かって、この「チェンバレンの散歩道」を、歩いてみた。11月19日と、紅葉には少し早かったのかもしれない。紅葉を多く見ることができなかったが、「チェンバレンの散歩道」の紅葉を感じることはできたので紹介してみたい。

アイコン1の画像箱根宮ノ下商店会 公式サイト

箱根宮ノ下「チェンバレンの散歩道」のマップ


チェンバレンの散歩道のマップ画像02

*本画像は、「箱根宮ノ下商店会 宮ノ下・小涌谷ノスタルジック散策路パンフレット」
 から引用。引用日:2015/11/23

チェンバレンの散歩道を歩く(堂ヶ島温泉から木賀温泉)

今回、私たちは堂ヶ島温泉から木賀温泉までの1.5kmを約1時間程度かけて歩いた。全体が紅葉で覆われていたという感じてはなかったが、ところどころに秋を感じる紅葉が見られた。途中、急な山道(坂)もありスニーカなどの歩きやすい靴が必要だ。また、散歩道自体は、わかりやすいのだが堂ヶ島温泉側、木賀温泉側もチェンバレンの散歩道に入る場所がわかりにくい。迷った人は、宮ノ下駐車場より1号線を少し箱根湯本側に歩くと「宮ノ下観光案内所」があるので、そこで情報を入手するとわかりやすい。

ポイント写真 概要
堂ヶ島温泉側の入り口の画像03

堂ヶ島温泉側の入り口

堂ヶ島温泉側「チェンバレンの散歩道」の入り口は、比較的わかりやすく宮ノ下駐車場の前にある。1号線沿いにある「あふるゝ温泉 堂ヶ島渓谷入口」と「堂ヶ島温泉行き自家用ロープウェー 夢のゴンドラ」の看板の間の道を入る。この道を入ると、早川の谷底に向かう下りの小道が続くのでその小道を降りていく。
早川の谷底に向かうの画像04

早川の谷底に向かう

1号線から下っていくとなんやらさみしい舗装された小さな小道が谷底に向かって続いている。一瞬、間違っているのではないかと思うほど、人影が少なく箱根らしくないさびしい道だ。
小道から見えた山の紅葉の画像05

小道から見えた山の紅葉

小道を下っていくと、右手の間から渓谷の紅葉がちらりちらりと見える。なんとなく箱根に居ることを忘れてしまうような光景だ。人とすれ違うことも少なく静まり返っている中で、早川の流れる音だけが小道を包む。自然の中を歩いている実感が高まる。このあたりの坂を「デジャヴ坂」というそうで、木の間から時折り早川が望める。
紅葉の間から渓谷を見るの画像06

紅葉の間から渓谷を見る

下っている途中、紅葉ごしに谷底にあるは早川を見ることができた。堂ヶ島温泉側から降りてきて、大きな木の紅葉を見たのはこの場所しかなかった。多くの紅葉がこの小道を彩っているかと思ったのだが、小道側での紅葉は少なかった。期待し過ぎている面もあると思うが、想像よりも紅葉が少ない感じがした。
夢窓橋の画像07

夢窓橋

小道を下りきると平坦な道にでる。今は、堂ヶ島温泉の二大旅館の対星館と大和屋ホテルが改築中なため工事塀の中をくぐって行く道になっている。この工事壁を通り過ぎると、チェンバレンの散歩道にある二つの橋のひとつ、トラス型の「夢窓橋」が見えてくる。
夢窓橋から見た紅葉の画像08

夢窓橋から見た紅葉

本来はこからは、旅館の対星館の建物が見えるのだが今は壊されていて写真のような光景。今回の「チェンバレンの散歩道」を歩いていて唯一、渓谷と紅葉の景観がきれいだと思った場所だ。早川は、源流の芦ノ湖から、箱根七湯を縫うように流れている。本来は、もう少し紅葉がきれいになるとのこと。
対星館の跡地の画像09

対星館の跡地

箱根七湯の1つである堂ヶ島温泉は、温泉の湯元が崖の下の川。以前は、対星館と大和屋ホテルがあり実にすばらしい秘境らしい良い旅館だった。対星館は、320mのミニケーブルカー、大和屋ホテルはロープウェイと、旅館と1号線を結ぶこれらの乗り物にも人気があった。今は、リュニーアル中なのだがなんだか???開館を期待したい。
>少し険しいコースの画像10

少し険しいコース

夢窓橋を渡って左に曲がるといよいよ少し険しい堂ヶ島渓谷のトレッキングコースが始まる。ここからは、土の道で細い山道が続きアップダウンがきつい道になる。チェンバレンの散歩道では、ある意味ここから10分強が難所。
夢窓国師の山居跡の画像11

夢窓国師の山居跡

夢窓橋を渡って右手に堂ヶ島温泉を開湯したとされる「夢窓国師の山居跡」があり、小さな薬師堂から当時の名残を感じることができる。夢窓国師は、禅僧で鎌倉を去ったあとここに庵を結び1年間閑居したとのこと。ただの洞穴に見えてしまったが、ここで寝泊りしたとは?
細い山道の画像12

細い山道

この周辺は、写真のように細い山道を登ったり下ったりする。登山をする気で靴を選んだ方がいいかも。急斜面なので、個人個人に合わせたペースで歩くのがベター。落石などもあるので、注意してほしい。この道は、もみじ狩りと言うよりは、ほぼ登山感覚。
山道から時おり見える紅葉の画像13

山道から時おり見える紅葉

山道を歩いていると時おり赤いカエデなどの紅葉を見ることができる。「チェンバレンの散歩道」は、紅葉だらけの遊歩道と言うよりは紅葉しない緑の樹木の中に時おり赤色や黄色に紅葉している樹木を見る散歩道だと思う。十和田湖の奥入瀬渓谷のような鮮やかな紅葉渓谷ではなく、緑と紅葉の調和を楽しむ遊歩道なのだろう。
山道から見る渓谷側の紅葉の画像14

山道から見る渓谷側の紅葉

山道から渓谷側の山肌が見え、いくつかの紅葉した木が見える。中には、紅葉していない木が多くあったので、完全な紅葉の時期はまだなのかもしれない。
周りが開け平坦な道になってきたの画像15

周りが開け平坦な道になってきた

細い山道を歩いていくと、周りが開け平坦な道になってくる。少し進めば、東京電力の早川発電所周辺だ。「チェンバレンの散歩道」を、半分以上は歩いた。、
早川に降りてみるの画像16

早川に降りてみる

堂ヶ島側から「チェンバレンの散歩道」を歩くとなかなか早川に降りれる場所がない。道が平坦になりはじめた場所から早川を横手に見ることができ川岸に降りれる場所がある。たしかにこの景観は、箱根であることを忘れてしまう。紅葉の最盛時期は、川からの天然イオンを浴びながらすばらしい景観を目の前にすることができると思う。
吊り橋の桜橋が見えてくるの画像17

吊り橋の桜橋が見えてくる

「チェンバレンの散歩道」もいよいよ終盤。チェンバレンの散歩道にある二つある橋の一つ桜橋がみえてきた。この桜橋を中心とした景観の写真が、「チェンバレンの散歩道」紹介の記事によく利用されるポイントだ。ここまで来れば後は、1号線まで登れば終点だ!
吊り橋の桜橋の画像18

吊り橋の桜橋

この桜橋は、吊り橋で早川にある東京電力が整備している。大人3人(180kg)までの重量規制があり、結構ドキドキもの。早川の滝を横手に見ながら渡る。確かに、このポイントは、「チェンバレンの散歩道」のメインポイントなのかもしれない。
最後の登り道の画像19

最後の登り道橋

桜橋を渡り今度は、1号線に向かって山道を登っていく。この山道が階段になっていて歩きやすいが、結構斜面が急だ。
最後の人登り、1号線の木賀温泉への画像20

最後の人登り、1号線の木賀温泉

右手に、古い家屋(廃屋)が見えて来る。その上が今回の「チェンバレンの散歩道」の終点。1号線に出た部分の写真を撮り忘れただが、非常に小さな隙間道でわかりづらい。堂ヶ島遊歩道の看板があるのだが、「木賀温泉入り口」というバス停の前。まさに、「チェンバレンの散歩道」は、箱根の隠れ観光ポイントなのかもしれない。

このページの先頭へ