三崎マリンセンター 無料BBQコーナーの表紙イメージ画像

遊び場 公園・施設(24):三崎マリンセンター 無料BBQコーナー

食材を買って、その場で無料で焼いて食べられるSEAMEN'sGRILL 施設

三崎マリンセンターの画像01

無料BBQコーナーでサザエとハマグリを焼く(2015/04/12:三崎マリンセンター)

三崎マリンセンター全景と三崎港の画像02

三崎マリンセンター全景と三崎港

三崎マリンセンターのBBQエリアの画像03

三崎マリンセンターのBBQエリア

崎マリンセンターは、マグロ漁港で有名な三浦半島三崎港内にある。三崎マリンセンターは、マグロをはじめとする旬の魚介類や野菜などを販売する産直センター「うらり」、多目的イベントスペースの「うみぎょうプレイス」、「研修・展示室」、「三浦市民ホール」があるエリアに併設されているBBQエリアとヨット・プレジャーボートのゲストバースを持ち備える施設。最近、新鮮な魚介類や肉類を買いその場で贅沢なバーベキューが手ぶらで楽しめる場所として人気が高まっている。三浦半島の自然豊かな観光をさらに楽しむために、ここでのBBQを組み込むことをおすすめしたい。この三崎マリンセンターでは、食材の販売はもとより併設する産直センター「うらり」で買った新鮮な魚介類や肉類のBBQを楽しむことができる。人は、買った瞬間にすぐに食べてみたくなるもの。この人間の本能を簡単に実現することできる場所が、三崎マリンセンターだ。海や夕日を眺めながらのBBQは、贅沢極まりない時間が過ごせると思う。有料のBBQコーナーが主要施設なのだが、今回はあえて無料のBBQコーナーをみなさんに紹介したいと思う。都心近くの観光地で、買ったものがすぐに無料で焼けて食べられる魅力的な場所が他にもあるのだろうか?こんな奇想天外のBBQエリアだからこそ、三崎港で有名なマグロBBQもやってみたくなる気分になるのではないだろうか?

アイコン1の画像「三崎マリンセンター」

三崎マリンセンターに併設するBBQ施設「SEAMEN'S GRILL」

SEAMEN'S GRILL


三崎マリンセンターのBBQ施設「SEAMEN'S GRILL」は、手ぶらでバーベキューができるBBQ施設。いくつかの有料BBQテーブルと無料で食材が焼ける立ち飲みコーナーがある。無料エリアは、食材を焼く無料の七輪が2式用意され立ちながら焼く。そしてスペースは狭いのだが、無料立ち飲みコーナーで焼いた食材を食べることができる。皿、割ばし、醤油などのBBQに必要なものは管理棟で販売されている。有料エリアでは、テーブル・グリル・炭のレンタルがあり(逆に、テーブル・グリル・炭は持ち込めない)、Tボーンステーキなどの肉類の食材も販売されている。「SEAMEN'S GRILL」は、新鮮な魚介類と肉の両方が楽しめるBBQエリアだ。食材の持ち込みができるので、自ら好きな食材を持ち込みBBQを楽しむことができる。

SEAMEN'S GRILLの画像04

「SEAMEN'S GRILL」の受付棟

SEAMEN'S GRILLの施設

産直センターで買ったハマグリとサザエの画像05

産直センターで買ったハマグリとサザエ

今回は、産直センター「うらり」で大きめのハマグリとサザエを購入。紙皿、割り箸、醤油は、「SEAMEN'S GRILL」受付で購入。
産直センター「うらり」の画像06

産直センター「うらり」

産直センター「うらり」は、三崎港にあるのだから当然「マグロ」が豊富。マグロを買ってBBQでマグロステーキを楽しもう!
BBQがしたくなる多くの魚介類の画像07

BBQがしたくなる多くの魚介類

産直センター「うらり」には、買ったらすぐにBBQで食べたくなる魚介類の食材が、多く販売されている。
無料の立ち飲みBBQコーナーの画像08

無料の立ち飲みBBQコーナー

受付前にある無料の立ち飲みBBQコーナーには、二つの七輪が置かれていて、だれでもが無料で食材を焼くことができる。
無料で使える二つの七輪の画像09

無料で使える二つの七輪

写真が、無料で使える二つの七輪。独占して利用することは難しいので混雑度を見極めながら利用したい
ハマグリとサザエを焼くの画像10

ハマグリとサザエを焼く

今回、6個の大きなハマグリと6個の大きめのサザエを2000円で購入。いつもより、バツグンにおいしいのはなぜだろう?
雰囲気で食べてしまうの画像11

雰囲気で食べてしまう

いつもは、あまり食べない大きめ貝を、なぜだかおいしく食べてしまう。自分で選んだ食材をすぐに焼いて食べるのことは、嫌いなものを好きになれるチャンスなのかも?
有料のBBQコーナーの画像12

有料のBBQコーナー

メインの有料のBBQコーナー。グリル、網、アルミプレート、炭がついてテーブルの大きさにより2000円~5000円で場所が利用できる。とても気持ちがいい場所だ。
マグロのカマの画像13

マグロのカマ

産直センター「うらり」の周辺には、多くの鮮魚屋さんが立ち並ぶ。三崎ならでは「マグロのカマ」をBBQするのも楽しいのでは?当然、有料BQQエリアならば、三崎の食を十分に満喫できる。
BBQ場の横にあるゲストバースの画像14

BBQエリアの横にあるゲストパース

これが、BBQエリアの横にある「ゲストバース」。「ゲストバース」は本来、ヨット・プレジャーボートなどのが「三崎港」に立ち寄るためのエリアなのだが、ここからの海の眺めもBBQのおかずになる。

このページの先頭へ