キャンプ場全体が白銀の世界に変わる積雪期

※本文の音声ガイドは、バーをクリック。

スノーピーク ヘッドクォーターズキャンプフィールドは、新潟県三条市にある高規格なキャンプ場です。名称の通りキャンプ用品メーカー「Snow Peak」の本社に併設された直営のキャンプ場です。小高い丘の上にあり約5万坪の広大な敷地を持ち、春から秋には緑が広がります。冬は、雪に覆われキャンプ場全体が白銀の世界に変わる抜群のロケーションを持ち初心者からベテランまで楽しめるキャンプ場になっています。もともとは、牧場用の草原ですが、起伏にとんだ地形をうまく生かしたサイト設計がされていて開放感があります。さらに、周りにさえぎるものが無く、星空観察にも最適な環境になっています。サイトは、A~Hまでの190区画のフリーサイト、10区画のAC電源オートサイト、モバイルハウスの「住箱」サイトがあります。スノーピーク ヘッドクォーターズキャンプフィールドは、通年営業され冬には一面に広がる銀世界でキャンプを楽しむことができるキャンプ場として有名です。今回は、雪中キャンプができる積雪期間中のキャンプ場を紹介します。積雪期間中は通年、12月中旬から3月中旬頃で、フリーサイトAのみが営業されています。一面が雪景色の中、雪中キャンプの素晴らしさを存分に体験できるキャンプ場です。オンシーズンは大人一人当たり1,500円の利用料ですが、オフシーズンは一人あたり1,000円です。但し積雪期は、一組あたり駐車場、サイト整備費用として514円かかります。また、日にちや参加組数が限定されますが、雪中キャンプ初心者にうれしい「雪中手ぶらキャンププラン」が用意されています。キャンプに必要な道具が全部用意されておりしかも、親切なスタッフがテントの張り方などを丁寧に教えてくれます。また、スノーピーク用品の直営店もあり、スノーピークファンにはうれしいキャンプ場です。レンタルも充実していて、スノーピークの全ての製品がレンタルできるのは、スノーピーク ヘッドクォーターズキャンプフィールドだけです。個人的には、雪中キャンプをはじめるには最適なキャンプ場だと思います。また、スノーピーク ヘッドクォーターズキャンプフィールドでの雪中キャンプののようすは、本ホームページのファミリーキャンプ(40):雪中キャンプの魅力とやり方(1)(道具編)ファミリーキャンプ(41):雪中キャンプの魅力とやり方(2)(設営編)で紹介しています。

積雪期のスノーピーク ヘッドクォーターズキャンプフィールド(2019/02/10)の画像01

積雪期のスノーピーク ヘッドクォーターズキャンプフィールド(2019/02/10)

雪原の中での雪中キャンプの画像02

雪原の中での雪中キャンプ

夜のキャンプ場の画像03

夜のキャンプ場

キャンプ場概要

スノーピーク ヘッドクォーターズキャンプフィールド(積雪期編)

HP スノーピーク ヘッドクォーターズキャンプフィールド
個人評価 ★★★★★
環境 丘陵
景観 ★★★★
施設 ★★★★★
区画 ★★★★★
サイト数

■サイト数:200サイト
■積雪期(フリ-サイトAのみ営業)
1サイト基本:6名様、車1台、テント1張、タープ(シェルター)1張
・積雪期の利用料金:大人1,000円(税込)、子ども300円(税込)(電源無)
・積雪期の駐車場、サイト整備費用:一組/514円(税込)
参考)
・レギュラーシーズン:大人1,500円(税込)、子ども500円(税込)
・オフシーズン:大人1,000円(税込)、子ども300円(税込)
・サイト料:0円(フリーサイト)、3000円(AC電源オート)

営業時期 通年(積雪期(フリ-サイトAのみ営業))
モバイルハウス住箱
(積雪期は営業無し)


住箱使用料 1~3名
10,000円(税込) / 4名 15,000円(税込) + ご利用料金(人数あたり)

サイト床土 芝生、草
買出の店 近隣あり
シャワー・お風呂 温水シャワーあり。(24時間無料)
電源サイト 有り(積雪期はなし)
売店 有り
入退場時間

■フリーサイト:in9:00~19:00 out~12:00
■オートサイト(積雪期はなし):in11:00~19:00 out~10:00
■モバイルハウス住箱(積雪期はなし):in12:00~17:00 out~10:00

直火 不可
車の出入り 21:00~07:00車の入退場不可
ゴミ 分別し指定ゴミ箱へ
ペット

サイト紹介

スノーピーク ヘッドクォーターズキャンプフィールドの積雪期間中は、フリーサイトAのみが営業されています。炊事場とトイレも受付棟の横にある場所のみの開放となります

スノーピーク ヘッドクォーターズキャンプフィールドのサイトマップの画像

スノーピーク ヘッドクォーターズキャンプフィールドのサイトマップ

※本サイトマップは、スノーピーク ヘッドクォーターズキャンプフィールドのホームページ(News)より引用させていただいています。ポイントは、写真の説明用にShizengate独自にナンバリングしています。引用日:2019/3/23

積雪期間のフリーサイトA

フリーサイトAは、キャンプ場の駐車場の奥に広がる比較的平らなフローサイトエリアです。雪中キャンプができるエリアは、フリーサイトAなのです車両の乗り入れができないため、車道からほぼ荷物が運べるエリア内となります。内側に行くと荷物の運搬がきびしくかつ斜面になっていますのでほぼ車道から50m程度内のエリアで雪中キャンプを楽しんでいる人が多いです。

脇道に車を停め荷物運搬への画像05

脇道に車を停め荷物運搬へ

車から荷物を運ぶ脇道の画像06

車から荷物を運ぶ脇道

フリーサイトAの①ポイントの画像07

フリーサイトAの①ポイント

フリーサイトAの②ポイントの画像08

フリーサイトAの②ポイント

フリーサイトAの③ポイントの画像09

フリーサイトAの③ポイント

フリーサイトAの④ポイントの画像10

フリーサイトAの④ポイント

フリーサイトAの⑤ポイントの画像11

フリーサイトAの⑤ポイント

フリーサイトAの⑥ポイントの画像12

フリーサイトAの⑥ポイント

フリーサイトAの⑦ポイントの画像13

フリーサイトAの⑦ポイント

フリーサイトAの⑧ポイントの画像14

フリーサイトAの⑧ポイント

本社側受付棟の前エリア

本社側受付棟の前にも雪中キャンプができる場所があります。管理棟の灯りがあるのですが、炊事場、トイレに近く安心して雪中キャンプができるエリアなので人気があります。

>本社側受付棟の前エリアの⑨ポイントの画像15

本社側受付棟の前エリアの⑨ポイント

本社側受付棟の前エリアの⑩ポイントの画像16

本社側受付棟の前エリアの⑩ポイント

キャンプ場でのアクティビティ

キャンプ場には、子どもがソリで遊べるように「ソリ遊び場」が設けられています。また、キャンプ場の受付には、ソリ、スノーシューが置いてありだれもが2時間無料で借りれます。不定期なのですが、キャンプ場の雪面を利用しスノーモービルでゴムボードを引っ張る「スノーラフティング」が開催されることもあります。スノーピーク ヘッドクォーターズキャンプフィールドでの「スノーラフティング」のようすは、本ホームページの雪あそび(14):スノーラフティングを楽しむで紹介しています。

「ソリ遊び場」で遊ぶ子どもたちの画像35

「ソリ遊び場」で遊ぶ子どもたち

スノーシューで遊ぶ子どもたちの画像36

スノーシューで遊ぶ子どもたち

スノーラフティングの画像37

スノーラフティング

ソリは、どこでもできるの画像38

ソリは、どこでもできる


スポンサーリンク

ページの先頭へ