雲見オートキャンプ場

※本文の音声ガイドは、バーをクリック。

雲見オートキャンプ場は、西伊豆の松崎町雲見の高台にあるオートキャンプ場。キャンプサイトからは、駿河湾の青い海を望むことができるすばらしい景観を持つオートキャンプ場だ!!管理が行き届いており充実した施設と展望露天風呂があり、キャンプを満喫することができる。天気の良い日は、露天風呂から富士山を望むことができる。伊豆半島のキャンプ場で、海が見えてしかも露天風呂があるキャンプ場は、私が知る限りここしかない。近くに、本ホームページでも紹介している「雲見夕陽と潮騒の岬オートキャンプ場」がある。この二つのキャンプ場は、ともに景観が良く、お風呂があるので人気のキャンプ場だ。海が望める景観を第一に考えるのなら、「雲見夕陽と潮騒の岬オートキャンプ場」の方がおすすめだと思うが、景観がいい分、海からの風をまともに受けるサイトが多く強風の対策は必須。「雲見オートキャンプ場」は、「雲見夕陽と潮騒の岬オートキャンプ場」よりさらに上の高い場所にある。サイトが山の中腹に広がっており、海が少し遠い場所に見える。目の前に海が展開する場所は、一部のサイトのみだが、海からの強風の影響が少ないようにサイトが展開されていて、悪天候時の海の風を受けにくくしている。キャンプ場の管理もしっかりされていて、施設面では、雲見オートキャンプ場の方が便利かと思う。 雲見オートキャンプ場は、土肥から駿河湾に沿って西伊豆町・堂ヶ島、松崎町・雲見へ来るパターンと下田から来るパターンがあるが、いづれも首都圏からは遠いが、時間をかけて来るだけの価値はあると思う。雲見オートキャンプ場は、海側の山の中腹にあり、利用する日の天気予報を事前に調べることは必須。特に風の強さがポイントになる。悪天候時の海からの風は、かなり強い。自分の技量を把握し悪天候時はキャンセルする勇気も必要だと思う。

雲見オートキャンプ場の画像01

雲見オートキャンプ場

キャンプ場概要

雲見オートキャンプ場

HP 雲見オートキャンプ場
個人評価 ★★★★★
環境 臨海の山腹
景観 ★★★★
施設 ★★★★★
区画 ★★★★(8m×8m)
サイト数 22区画
ログハウス 有(13棟)
サイト床土 スコーリア(火山礫)
買出の店 車で20分程度。
風呂 ★★★★★(有:無料)
電源サイト なし
売店
入退場時間 サイト:in13:00 out11:00
ロッジ:in13:00 out10:00
直火 不可
車の出入り 21:30~6:00禁止
ゴミ 現地で分別収集
ペット 同伴可能

雲見オートキャンプ場のサイトエリアは、Aサイト、Bサイト、Cサイト、Dサイトの4エリアに分かれている。Aサイトは、キャンプ場の中心サイトで、テントサイトとログキャビンサイトに分かれている。Aサイトからは、木の間から海を望め、海からの風を少し緩めるようなサイトだ。Bサイトは、ログキャビンのサイトで、海を望めるがキャビンサイト側の草木で海が見える部分が限られるが、これも風対策なのだろう。Cサイトは、キャンプ場の奥にあり、サイト自体は非常にしっかりしている。しかし、他のサイトと比較したら海が遠くに見るエリアで区画の場所によっては海の景観が期待できないサイト。Dサイトは、露天風呂が横ににありこのキャンプ場の中で一番景観が良く、おすすめの区画。逆にDサイトは、4サイトしかなく他のサイトと比較するとスペースが狭く、キャンプ場の出入り口および露天風呂の横で、人通りが多く落ち着かない人もいるかもしれない。雲見オートキャンプ場は、景観と海からの風が密接にからむ。景観が良い区画は、海からの強風に気を使わなければならなし、景観があまり良くない場所は、風を防ぐことができる。 。管理の面では、トイレ、炊事場などの手入れがきちんとされている。ゴミネットが各炊事に備えられていて生ゴミの流れ防止に気配りしていることは感動した。コインランドリー、シャワーもあり施設は充分なほど整っている。サイトの各所にも花や草木が植えられていて好感が持てる。露天風呂は、温泉ではないが晴れているときには、富士山を見ながらの入浴が可能で、個人的には、伊豆半島でのキャンプ場露天風呂トップとしたい。 ここのログハウスもおすすめで、夏場の暑い時期にはかなりの人気でなかなか予約が取れない。 ヒリゾ浜へは、車で40分程度なのでヒリゾ浜へ行く場合の、宿泊先として使える。


より大きな地図で 雲見オートキャンプ場 を表示

サイト紹介

Aサイト

Aサイトは、11のテントダイトと10キャビンサイトがある。海の景観が良いテントサイトは、A1~A5でA7は、個人用なのか小さいサイトになっている。キャビンは、A8~A13が良い。炊事場は、サイト中心に一箇所。トイレは、管理棟、A10以降のキャビンサイトは、上のBサイトのトイレが便利がいいかもしれない。

雲見オートキャンプ場Aサイトからの海全景の画像02

Aサイトからの海全景

雲見オートキャンプ場Aサイトのキャビン&テントの画像03

Aサイトのキャビン&テントサイト

雲見オートキャンプ場Aサイトの炊事場の画像04

Aサイトの炊事場

雲見オートキャンプ場Aサイトのキャビンサイトの画像05

Aサイトのキャビンサイト

Bサイト

雲見オートキャンプ場のキャビンは、「5人用のログケビン」と「6人用のログハウス」の2種類画ある。どちらも同料金で、冷暖房、冷蔵庫、二段ベッドorロフトが完備されていてので夏場の暑い時期には人気が集中する。Bサイトは、「5人用のログケビン」のサト。雲見オートキャンプ場は、管理棟とこのBサイトとCサイトの間にある2箇所にある炊事場とトイレのどちらかを利用することとなる。Bサイトは、しいて言えばB1キャビンが一番景観がいい。他の棟は、垣根の草木の間からしか海が見ない。逆に、この垣根が風対策と日よけになっているのだが?

Bサイトの全景の画像06

Bサイトの全景

Bサイトのログハウスの画像07

Bサイトのログハウス

Bサイトの炊事場の画像09

Bサイトの炊事場

Bサイトのトイレの画像10

Bサイトのトイレ(とてもきれい)

Cサイト

Cサイトは、キャンプ場の奥にあり混雑時に利用されることのではと思う。サイトは、しっかり区画されていて床土は、スコーリア(火山礫)で水はけが良く、良いサイトと思う。しかし、海が余り見えないサイトなので、このキャンプ場に来る人には人気がないサイトのようである。

Cサイトの全景の画像11

Cサイトの全景

Cサイトの景観の画像12

Cサイトの景観

Dサイト

Dサイトは、先にも紹介したが露天風呂が横ににありこのキャンプ場の中で一番景観がいい。Dサイトは、4サイトしかなく他のサイトと比較するとスペースが狭く、キャンプ場の出入り口にあり露天風呂も横で、人通りが多くい。しかしながr、海の景観がすばらしく雲見オートキャンプ場の最人気サイト。風対策をお忘れなく。

Dサイトの全景の画像13

Dサイトの全景

Dサイトから見える景観の画像14

Dサイトから見える景観

Dサイトの画像17

Dサイト

Dサイトは少し狭いの画像18

Dサイトは少し狭い

Dサイト横の露天風呂の画像15

Dサイト横の露天風呂

露天風呂から見える景観の画像16

露天風呂から見える景観

スポンサーリンク

ページの先頭へ