雪が降らなくても雪遊びが楽しめる「富士山 雪まつり」

富士山 雪まつりの画像01

河口湖美術館芝生広場で開催される「富士山 雪まつり」(2015/02/01)

富士山 雪まつりは、富士山が最も美しく見える冬に河口湖畔の河口湖美術館芝生広場で開催されている。昨年より開催されていて、2015年度の開催時期は、2015年1月15日(木)から2月25日(水)の午前9時~午後4時半まで開催された。残念ながら2018年度は河口湖では開催しておらず、山中湖で開催されている。(2018年1月27日(土)から2月18日(日)の午前9時~午後4時)。会場には、雪と触れ合える広場や雪のすべり台、ソリ遊び場、かまくら、スノーラフティングなどがあり数体の雪のモニュメント像まである。本来は、外国人観光客をターゲットしたイベントなので物足りなさを感じるかもしれないが、小さな子どもがいるファミリーには子どもとの雪遊びにお手ごろなイベント。 富士山や河口湖などの観光のひとつに取り込めば子どもも喜ぶと思う。入場料は無料で、会場内への定員制になっている。ソリ遊び場やスノーラフティングは有料。昨年は、試験的な開催で会場面積が1000平方メートルしかなく狭かったとのことで、2015年度の今年は、8000平方メートルに拡大したとのこと。今後は、拡大していくとの観光協会の意見。会場内にある雪は、スノーマシンでの人工降雪や富士山の4合目付近から運んできた雪とのこと。会場には、B-1グランプリの富士宮やきそば、地元の吉田のうどんなどさまざまなお店が出店されていて休憩がとれるテントや暖房設備もあるので、食事をしながらもゆっくりと休憩することもできる。駐車場も無料なので、近くに行くときがあれば寄って欲しい。

多くの露天が出店の画像02

多くの露天が出店

無料の駐車場の画像03

無料の駐車場

富士山雪まつり会場での雪遊び

ソリ遊び

富士山雪まつり会場の一番の遊び場になるのは、ソリ滑りができるソリの遊び場だ。小さい子どもだけかと思ったが、大人までの大きな声を上げながら子どもと楽しんでいる風景がなんとも暖かい。

ソリすべり場の画像04

ソリ滑り場

ソリの遊びは、有料なのだがソリをレンタルすれば1時間300円、ソリを持参した人は、1時間100円でこのソリ滑りができる。他のスキー場などでのソリ遊び場と比較すればかなりお手ごろ価格。距離的には、そんなに長くないが監視印が常時管理しているので安全にソリ遊びができる点がうれしい。

おとうさんとソリ滑りの画像05

おとうさんとソリ滑り

監視員が見守り安全にの画像06

監視員が見守り安全に

1時間で何回滑れる?の画像07

1時間で何回滑れる?

かまくら・雪のすべり台

小さな子どもならば、広場にある雪のすべり台でソリもできるし満足するかも? また、かまくらは大人も子どもも一度は入ってみたくなる雪の建物だ!

かまくらの画像8

かまくら

会場には、いくつかのかまくらがある。このかまくらにらだれもが中に入れる。一見寒そうなかまくらはの中は、想像しているより暖かい。かまくらの前で写真を撮る人が多い。雪を見たことのない外国人から見るかまくらは、どのように写るのだろうか?

かまくらに入るの画像09

かまくらに入る

雪のすべり台の画像10

雪のすべり台

子どもたちも満足の画像11

子どもたちも満足

雪のモニュメント像

ソリ滑り場の横には、雪のモニュメント像が展示されている。河口観光協会チームの力作の国会議事堂をはじめ、雪だるま、トトロ風モニュメントやキティ風モニュメントの4つが作られていた。雪のモニュメント像がることにより、雪まつりの雰囲気をかもし出している。多くの人が、モニュメントの前え写真を撮っていた。

国会議事堂の画像12

国会議事堂

雪だるまの画像13

雪だるま

トトロ風モニュメントの画像14

トトロ風モニュメント

雪のモニュメント像の画像15

雪のモニュメント像

スノーラフティング・フリーエリア

会場には、スノーモービルが8人乗りのボートをけん引して400メートルのコースを3周走るスノーラフティングもある。(有料:500円/人・回)。また、会場には行きがあるフリースペースがあるので子どもたちとの雪遊びや河口湖を見ながらの散歩もできる。会場から富士山を見ることができないのが残念。

スノーラフティングの画像16

スノーラフティング

誰かが雪だるまをの画像17

誰かが雪だるまを

会場から見える河口湖の画像18

会場から見える河口湖

雪遊びができるフリースペースの画像19

雪遊びができるフリースペース

スポンサーリンク

ページの先頭へ