子どもとスキー場

雪遊びの画像21

舞子スノーリゾート

冬の子どの遊びは?との問いに対し「スキー場で遊ぶ」と応える人が多いのではないかと思う。「スキー場」は、最も身近な雪遊びの場所なのだ。「スキー場」は、スキーが遊びの中心だが、スキー以外にも多くの雪遊びをすることができる。ここでは、「スキー場」での子どもとの遊び方を考えてみたい。まず最初に浮かぶのが、当然ながらスキー、それからソリ、それから・・・・???と次がなかなかでてこない。「スキー場」でも、雪だるま作り、雪像づくり、雪合戦、雪との戯れなどスキー以外の多くの雪遊びができる。これからを、一つ一つ紹介してみたい。「スキー場」は、一時期のブームが去り、数十年前と比較すれば空いている傾向にある。お金がかかってしまうことも事実なのだが、子どもと「スキー場」に行って「雪」というすばらしい自然と遊んで見たらどうだろうか?

スキー場での雪遊び

スキー

「スキー場」での遊びといえばやはりスキーが最初に上げられる。私は、スキーが余り得意ではないのだが、子どもはスキーが大好きなようである。「親がスキー好きな子は、子もスキー好き。親がスキー嫌いだと子もスキー嫌いになる。」と聞いたことがあるが、あまりあてはまらないのではと思う。ほとんどの子どもは最初、スキーに興味がある子が多いとのこと。要は、親が子どもをスキー場に連れて行くかどうかなのだとか?スキー嫌いにさせないためにも、はじめて子どもを連れて行くスキー場は、子どもが楽しめるスキー場を選ぶべきだ。また、服装なども注意してあげるべきだと思う。寒かったり、手がかじかんで動かなくなるなど、スキーの印象を悪くさせることを極力さけることが肝心。スキーの魅力を教えてあげるまたは感じさせてあげることが大事だ。「スキー場」で無理やりスキーをやらせる必要もなく、冬の自然や雪の楽しみを子ども感じてくれる場所と思えば「スキー場」の見方も変わってくるのでは思う。私は、子どもが小さい時、ソリ遊びだけのために、何回も「スキー場」に足を運んだ。小学校入学と同時に、子どもも単なるソリ遊びに飽きてスキーをやってみたいという気持ちが沸いて来たみたいだ。スキー熟練者からは、おかしなやり方と批判される部分もあるかと思いますが、そこはご勘弁を!!スキーの本格的な上達は別としてこのホームページでは、遊びのひとつとしてのスキーを捕らえて紹介してみたい。

雪遊びの画像23

キッズ向スキースクールの風景

親がスキーに対して熟練しているのならば問題ないが、私みたいに親自身がスキーを知らない場合、スキーをはじめる子に対してはキッズ向のスキースクールに1日でも入れた方が上達が早いし基本がわかる。子どもは、すぐに体で覚えてしまう。うまいへたは除いて子どもは、1日スクールの後でリフトに乗って初級コースを危なげにすぐに滑れるようになる。ゲレンデで1日も滑れば、形は悪いがなんとなく滑れるようになってしまう。子どもの恐ろしいパワーだ!!

雪遊びの画像22

子どもはすぐに滑れるようになる

1日もすれば、子どもはすぐに滑れるようになる。

雪遊びの画像24

親子でスキー

親は、高校生から、長男は小学校3年から、次男は、小学校1年からスキーに挑戦。下になればなるほど体験するのが早くなる。

雪遊びの画像25

リフト

リフトもすぐに乗れるようになる。リフトは、子どもにとって楽しい乗り物だ!

キッズパーク

ファミリー向けのスキー場には、たいてい子どもが安全に快適にスキーやソリ、雪遊びなどができるようゲレンデとの間に網などで囲まれたキッズパークがある。キッズパークで遊べば、幼児や小さな子どもが安心して遊べ、スキーヤーやスノーボーダーとの接触の危険を防ぐことができる。ほとんどのキッズパークには、リフトトに乗れない子どもにも便利なムービングベルト(動く歩道、スノーエスカレーター)がある。緩斜面でスキーの練習をしたり、ソリやチュービングを楽しんだり、小さな子供も雪遊びができるなどキッズパークの多様化が今後どんどん進んでいくと思う。小さな子に、雪遊びを体験させるにはもってこいの場所だ。

雪遊びの画像26

キッズパークの風景

キッズパークでの遊びは、やはり「ソリ」が中心になる。最近では、いろいろなタイプのソリがレンタルで用意されている。キッズパークは、入場料が必要な所もあれば、無料の所もある。規模が大きく、遊具が豊富な所は、だいだい有料だ。ソリも無料レンタルもあれば数百円でレンタルされている場合もある。子どもと遊ぶソリは、1000円前後なので購入してしまうのも手かもしれない。

このソリが最も一般的なソリ。軽くて丈夫、使いやすい子供タイプで、どこのキッズパークにもある。1000円前後で販売されていて、身近な店でも販売されているので購入もしやすい。

左で紹介したソリの二人乗り版。大人と子どもの二人乗りが余裕でできる特大サイズ。あまりレンタルされていないあたらしいタイプなので購入がいい。2000円前後で販売されている。

最近良く見かけるスカイボード。 ヒップソリとも言われていることもある。お尻にひいて雪上を滑る一番簡単な雪遊びグッズ。小さ久軽いので荷物にならない。また、500円以下と安価。

これも時折スキー場でもかけるグッズ。昨シーズンからアメリカやカナダで大人気らしい。固定されたハンドルと体重移動で自由にカーブすることができる。

上で紹介したソリより手を添える部分が着いていたり、座りやすい形状で大きめ目のサイズのソリ。子供と安全に遊べる工夫がされている。

本ホームページでも紹介しているスノーレーサーのSTIGA社のベイビー用ソリ。日本ではシーズンが始まるやいなやすぐに完売。バケットシート形状に安全ベルト付きで手綱を引っ張って歩くことができる。

スポンサーリンク

ページの先頭へ