天然雪100%極上パウダースノーとリゾートホテルが魅力の白馬コルチナスキー場

赤い屋根が目立つホテル「グリーンプラザ白馬」(2018/03/17)の画像01

赤い屋根が目立つホテル「グリーンプラザ白馬」(2018/03/17)

幅200mのメインゲレンデ「池の田ゲレンデ」(2018/03/18)の画像01

幅200mのメインゲレンデ「池の田ゲレンデ」(2018/03/18)

白馬コルチナスキー場は、長野県北安曇郡小谷村にあり白馬エリア最北端に位置する。豊富な積雪量、天然雪100%の極上パウダースノーと多彩なコースが楽しめ初級者から上級者までが楽しめるスキー場として人気がある。また、ゲレンデ入口にある赤い屋根の大きなお城のようなホテル「グリーンプラザ白馬」が白馬コルチナスキー場の象徴になっている。「白馬コルチナスキー場」と「グリーンプラザ白馬」は、切っても切れない関係にあり、白馬エリアの中で一番のリゾート色がありホテルライフとスキーの両方が楽しめる場所としてファミリー層に人気が高い。スキー場の頂上からは、北アルプス後立山連峰や妙高を含む北信五岳を望む絶景が見れる。白馬コルチナスキー場の特徴は、つぼ型になっていて、ほぼ全てのコースがホテル前で合流するようになっている。ホテルグリーンプラザ白馬を目印に滑走すれば、子どもや家族、仲間たちとの待ち合わせに都合の良い安心できるスキー場だ。 幅が200mもある初級者コースのメインゲレンデ「池の田ゲレンデ」をはじめ全16コースがある。キッズには、雪の遊び場「コルチナ・ワンダーヴィレッジキッズパーク」があり、スノーチュービング、ソリ、スノーモービルなどが楽しめる。 さらに、隣接する白馬乗鞍温泉スキー場と共通リフト券で両スキー場の往来ができる。 さらに、自己責任エリアとしてゲレンデ外を解放しツリーランも楽しめるようになっているので外国人観光客から注目を集め、著名なスキーヤー、スノーボーダーも撮影などに多く訪れる。白馬コルチナスキー場へのアクセスは、車の場合は、長野道「安曇野インターチェンジ」または上信越道「長野インターチェンジ」から約90分、電車の場合は、長野駅からは有料送迎バスを利用して約100分、南小谷駅からは無料送迎バスで約20分。白馬コルチナスキー場では、スキーやスノーボードの初心者が上達できるようスクールもある。また、白馬コルチナスキー場の公式サイトでは、リフト券をお得に利用できる割引クーポンが発行されているので、白馬の中では比較的安価なスキー場になっている。個人的には、白馬の中でファミリーに一番おすすめできるスキー場だ。

頂上の稗田山入山口の樹氷の画像03

頂上の稗田山入山口の樹氷

「池の田ゲレンデ」のナイトの画像04

「池の田ゲレンデ」のナイト

アイコン1の画像白馬コルチナスキー場ホームページ

白馬コルチナスキー場

白馬コルチナスキー場は、全16コースが用意されている。初級者向けが全体の約4割、中級者向けおよび上級者向けのコースがそれぞれ3割。また、稗田山林間コースから池の田ゲレンデまでの距離は、白馬コルチナスキー場の中でも最も距離が長く全長が約3.5kmもある。リフトは、ペアリフトが5基、クワッドが2基で、1時間あたりのリフト運送能力は約9,000人とのこと。本ホームページでは、「子どもと遊ぶ」がテーマなので、子どもと楽しくスキーができる初心者向けと中級者向けのコースを取り上げて紹介したい。今回取り上げるコースおよびゲレンデは、「池の田ゲレンデ」「池の田林間コース」「わらび平ゲレンデ」「一本松コース」「稗田山林間コース」「板平林間コース」「スネークコース」の7つのコースを取り上げる。

白馬コルチナスキー場 ゲレンデマップの画像05

白馬コルチナスキー場 ゲレンデマップ

①コルチナ第二クワッドリフト(1093m) ②コルチナ第4ペアリフト(698m) ③コルチナ第5ペアリフト(651m)
④コルチナ第3クワッドリフト(800m) ⑤コルチナ第1ペアリフト ⑥コルチナ第6ペアリフト(724m)

出展:白馬コルチナスキー場HPゲレンデマップから引用(2018/03/23)

池の田ゲレンデ・池の田林間コース

池の田ゲレンデは、ホテル正面に広がるメインゲレンデで幅が200mもあり、初級者でも安心できる。ナイターもこのコースになる。滑走距離1125m 、高低差213m、平均斜度10°のコース幅が広いバーンは、スキーやスノーボードの練習も安心してきる。ホテルを下に見てゲレンデ左側には、さらに斜度の緩い池の田林間コースがあり、子どもたちに人気がある。ただし、林間コースはコース幅が狭いので、初心者は、気を付けたい。

幅200mの池の田ゲレンデの画像06

幅200mの池の田ゲレンデ

コルチナ第二クワッドリフト(1093m)の画像07

コルチナ第二クワッドリフト(1093m)

幅が狭い池の田林間コースの画像08

幅が狭い池の田林間コース

池の田林間コースの終わり地点の画像09

池の田林間コースの終わり地点

稗田山林間コース

稗田山林間コースは、コルチナ第4ペアリフト(698m) の乗り山頂から降りてくるコースで、美しい景色や林間コースでの樹氷を見ることができる幻想的なコース。超上級者のツリーエリアも山頂から降りれる。稗田山林間コースも初心者コースなのだが、少し幅が狭い場所や何ヶ所かタイトなカーブもあるので注意して滑りたい。このコースを滑って池の田ゲレンデまで降りるとスキー場の最長滑走距離3,500mを滑ることができる。稗田山林間コースの終点から池の田ゲレンデ始点の少しの間が傾斜がきついコースになるのでご注意を。

樹氷を見ながら登れるコルチナ第4ペアリフトの画像10

樹氷を見ながら登れるコルチナ第4ペアリフト

山頂からの景色の画像11

山頂からの景色

稗田山林間コースの画像12

稗田山林間コース

稗田山林間コースの中間付近の画像13

稗田山林間コースの中間付近

わらび平ゲレンデ・一本松コース

わらび平ゲレンデは、スキーやボードの練習に適し、さらにキッカーやボックスなどが楽しめるビギナーパークがあり幅広い楽しみ方ができるゲレンデ。コルチナ第1ペアリフトに乗って、左手に位置するのがわらび平ゲレンデ。わらび平ゲレンデは、隣接する白馬乗鞍スキー場とつながっていて、池の田ゲレンデよりも落ち着いた雰囲気で滑れる。わらび平ゲレンデからホテル側へ戻るのが一本松コースだが、このコース、短めなのだが傾斜がある中級コースなので初心者にきついかも?ホテルに向かって滑り降りる景色は、コルチナスキー場を紹介する写真にも使われていて白馬コルチナの景色を象徴する場所とも言える。

コルチナ第1ペアリフトの画像14

コルチナ第1ペアリフト

わらび平ゲレンデ頂上からの景色の画像15

わらび平ゲレンデ頂上からの景色

わらび平ゲレンデ頂上から右手の初心者コースの画像16

わらび平ゲレンデ頂上から右手の初心者コース

空いているわらび平ゲレンデの画像17

空いているわらび平ゲレンデ

コルチナの景色の象徴、一本松コースの画像18

コルチナ景色の象徴、一本松コース

傾斜がある中級コースの一本松コースの画像19

傾斜がある中級コースの一本松コース

板平林間コース

池の田ゲレンデの途中にあるコルチナ第5ペアリフトを利用し降りて右側は、板平山頂より、ほぼ一定斜度の中・上級者コース「板平コース」になっているが、降りて左側は平坦な初心者用のコース「板平林間コース」になっている。幅は狭いが傾斜がゆるく初心者でも景色を見ながらゆっくりと滑れる短い林間コース。「板平林間コース」の終端は「稗田山林間コース」につながっているので長く林間コースを楽しむことができる。途中が、ほぼ平坦になってしまうので中、上級者には面白くないコースかもしれない。

板平林間コースの画像20

板平林間コース

途中は、ほぼ平坦になるの画像21

途中は、ほぼ平坦になる

スネークコース

「スネークコース」は、スキー場に向かって右端にある初心者用のコース。ゲレンデマップでも見落としてしまいそうなコースだ。平均斜度8度で初心者向きのコースで距離は1650mある。コルチナ第3クワッドリフトに乗り降りてから右手に曲がるとスネークコースに入ることができる。しかし、リフトを降りてからの場所からスネークコースに入るまでのほんの少しの間が中級者向けコース。幅が狭く崖に落ちてしまいそうな感じになりさらに傾斜もきつい。100mもない傾斜のコースなのだが、ここを乗りきらないと初心者用のスネークコースに行けないのが恐ろしい。コースに出てしまえば傾斜も緩く林間コースのようにゆっくり滑れる。後半になると幅が狭い林道コースのようなコースになり右左に蛇行する。

頂上からの眺めはGood!の画像22

頂上からの眺めはGood!

リフト降り場からスネークコースに入る急斜面の中級者コースの画像21

頂上からコースに入る急斜面の中級者コース

スネークコースの前半の画像24

スネークコースの前半

中間点、カモシカコース始点付近の画像25

中間点、カモシカコース始点付近

スポンサーリンク

ページの先頭へ